ASPとは?仕組みや初心者が登録すべきおすすめのASP


ASPとは?仕組みや流れ-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

アフィリエイトで稼ぐうえで、必ず欠かすことのできないものが「ASP」です。

ASPは私たちアフィリエイターと企業をつないでくれる橋渡しを行ってくれています。

ASPについてしっかりと理解しておくことは、アフィリエイト全体の理解にもつながりますので、しっかりと覚えておきましょう。

この記事で伝えたいこと
  • ASPは私たちと企業の架け橋をしている大切な存在
  • ASPがないと詐欺商材を販売するなど、知らず知らずのうちに犯罪に手を染める可能性もある

ASPとは?

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

ASPとはAffiliate-Service-Provider(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の頭文字をとって、ASPと表現されます。

プロバイダとは、直訳すると「供給者」や「調達者」という意味です。

日本で「プロバイダ」と聞くと、インターネットへの接続サービスを提供してくれる事業者のことをまとめて「プロバイダ」と呼んでいるので、ここでは勘違いしないようにしてください。

つまり、アフィリエイト・サービスを提供するものを「ASP」と呼んでいます。

ASPは何をしているのかというと

握手|アフィリエイトの水先案内

  • 自社の商品を売るために、広告を出したい企業
  • 自分のサイトで広告を宣伝したいアフィリエイター

の両者をつなげる役割を果たしています。

インターネット上にある、広告代理店というとわかりやすいかもしれません。

アフィリエイターはASPに登録することで、自社の商品を売るために広告を出したい企業の商品をリストのように、一度にたくさん見ることが可能です。

check!実は、ASPという言葉を検索すると、アプリケーション・サービス・プロバイダーという意味も検索結果に表示されます。

アフィリエイトと何ら関係のあるものではありませんので、混乱しないようにしてください。

また「ASP アフィリエイト」と検索しないとアフィリエイトに関するASPはなかなか表示されません。

ASPの仕組みと流れ

ここでは実際にASPと企業、アフィリエイターの間でどのようなやり取りが行われているのかを確認していきます。

普段はあまり気にすることのない部分も含まれておりますので、さらっと見るだけでもいいと思います。

1.広告主である企業がASPに対して商品のリンクやバナーを出稿

まずは、自社の商品やサービスを販売したい、と考えている企業がASPに対して「当社の広告を掲載してくれませんか?」とお願いします。

私たちアフィリエイターにとってこの部分はあまり関係のない部分でもあります。

2.ASPに登録しているアフィリエイターが、広告主の企業に対して提携申請

ここから、私たちアフィリエイターが登場します。

自分のサイトで掲載したい広告が見つかった場合、企業に対して「私のサイトで御社の広告を載せたいのですが、いいですか」と問い合わせます。

実際には「提携申請をする」というボタンをクリックすることで、企業に対して問い合わせることができます。

1クリックで済みますので簡単です。

「提携申請」と仰々しく書いていますが、1クリックで完了です。

3.広告主である企業が申請を許可(これでアフィリエイターは自分のサイトで広告の掲載が可能となる)

広告主である企業は、このような問い合わせに対し、認証するのか拒否するかを選択します。

広告の中には、即時提携といって、提携申請をすればすぐに認証してもらえるものもあります。

4.アフィリエイターが自分のサイトで広告を掲載する

広告主から広告掲載の認証をもらえれば、晴れて自分のサイトで広告を掲載することが可能となります。

広告を掲載することができれば、ようやくアフィリエイターとしての第一歩を踏み出すことができた、といえるでしょう。

広告を掲載しないことには報酬を得ることはできません。

5.サイトを閲覧に来た人が広告をクリックし、実際に購入する

あなたのサイトを通じて商品が購入された場合、ASPは商品を購入してくれたお客さんがどこのサイトを通じて、商品を購入してくれたのか、ということを調べます。

ASPはインターネットの技術である「cookie(クッキー)」という技術を活用してどのサイトを通じて商品が購入されたのかということを調べています。

6.広告主がASPに対して広告料を支払い

商品が購入された場合、広告主はASPに対して広告料を支払います。

しかし、残念ながら商品が返品となった場合やキャンセルとなった場合は広告料を支払われません。

7.ASPからアフィリエイターに対して成果報酬を支払い

広告主から広告料の支払いがあれば、実際に商品を宣伝したアフィリエイターに対してASPから成果報酬として報酬が支払われます。

もしASPがなかったら?

ここで、広告主である企業と私たちアフィリエイターの橋渡しをしてくれている「ASP」がもしもなかった場合について考えてみたいと思います。

例をあげてみると?

もしもASPがなかった場合、広告主である企業は自分のサイトで「自社の商品やサービスを宣伝してくれる人」を探していかなければなりません。

もちろん、私たちアフィリエイターもASPがないので、アフィリエイターを募集している企業のホームページを1つ1つ見ていかなければなりません。

さらに言えば、自社で販売している詐欺まがいの商品やサービスを販売するために、アフィリエイターを探す企業もあるかもしれません。

でも、詐欺まがいの商品やサービスなのかどうかって私たちでは判断できませんよね?

実際にアフィリエイターが商品やサービスを注文したとしても、「この人は宣伝してくれる可能性があるからしっかりした商品やサービスを行っておこう」と企業側が判断したら、もう見抜くことは不可能です。

ASPは利便性の点からも、私たちアフィリエイターが安全にアフィリエイトを行うために保護してくれている、という点からも重要な役割を担っているのです。

登録しておくべきASP5選

私が普段から利用しているASPを紹介していきます。

1.A8.net

アフィリエイターであれば必ず登録しておいて損がない、と言われているのが「A8.net」で、A8.netはアフィリエイトを始める中で一番初めに登録すべきASPといっても過言ではありません。

A8.netはサイトを持っていなくてもアカウントを作成することができるため、初心者アフィリエイターに人気のASPとなっています。

やはり、サイトをまだ持っていないアフィリエイターにとって、サイトの審査がないASPというのはそれだけで登録しやすくなります。

アフィリエイターさんによっては「A8だけで十分」と言うほど掲載されている案件も多いです。

「セルフバック(自己アフィリエイト)」ページや「プログラム選びのヒント」などアフィリエイトを行う上でもとても勉強になるページもたくさんありますので、必ず登録するようにしましょう。

ASPに登録さえすればいくらでも広告掲載の情報を見ることが可能になるため、アフィリエイターとしての第1歩として「まずはASPに登録する」という行動から起こすとよいでしょう。

A8.netの特徴

A8.netは株式会社ファンコミュニケーションズが運営するASPで、設立は1999年です。

とにかく掲載されている広告数が多いので、自分が紹介したい商品やサービスが、まず見つかるかと思います。

「アフィリエイトを行うにはまずA8から」といわれるほどなので、必ず登録するようにしましょう。
(A8.netのことを省略してA8と呼びます)

ランクアップ制度で報酬の利率が変わる

A8.netはランクアップ制度を導入しており、チャレンジに始まりレッドベリルというランクまで12のランクがあり、上のランクに行けば行くほど報酬が高くなります。

ランクは3か月の報酬の合計金額で判断されます。

ランクが上がると様々な特典や専属の担当、特別なアフィリエイトプログラムも紹介してもらえるようになりますので、上位のランクを目指していきましょう。

初心者にやさしい

A8.netではA8が開催する無料のセミナーが開かれています。

その他にも「プログラム選びのヒント」などアフィリエイトを行う時にヒントとなるサービスが充実しております。

振込手数料が高い

アフィリエイターからの絶対の信頼を得ているA8.netですが、振込手数料が高いというマイナス面もあります。

振込口座をゆうちょ銀行にすることで、手数料を抑えることも可能です。

一方で代表的なネットバンクである「楽天銀行」や「ジャパンネット銀行」が使いにくいというのがA8.netの特徴ともいえるでしょう。

A8.netの登録方法

1.A8.netのサイトにアクセスしましょう

それでは実際にA8.netに登録していきましょう。 → A8.netはコチラ

リンクをクリックすると下のようなページが表示されますので、赤枠の部分「無料登録でアフィリエイトを始める!」をクリックしてください。

2.仮登録を行いましょう

まずは仮登録を行います。青枠の部分にメールアドレスを記入し、赤枠部分をチェックしてください。

さらに利用規約にチェックし、②赤枠部分「仮登録メールを送信する」をクリックしましょう。

下図のような画面が表示されれば仮登録は完了となります。

3.メールを確認しましょう

仮登録が完了したら、メールが届いているかを確認しましょう。

メールはすぐに届きますので、もし届かない場合はメールアドレスが間違っていないか、しっかりと確認をしましょう。

赤枠部分「URL」をクリックすることで、本登録を行う画面へと遷移します。

4.本登録を行いましょう

実際に本登録を行っていきます。

本登録の際に必要となるのが

  • ログインID
  • パスワード
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 性別
  • webサイト(ホームページ)
  • 口座情報

について必要です。

ただし、webサイトに関しては持っていない場合でも登録することは可能ですので安心してください。

ログインIDやパスワードはご自身の忘れにくいものにするとよいでしょう。

全て記入し終えたら、赤枠部分の「サイトをお持ちでない方」をクリックします。

5.ファンブログの登録を行いましょう

続いて「ファンブログ」の登録を行います。

ブログを決定する際に必要となるのは

  • ニックネーム
  • ブログURL
  • ブログタイトル
  • ブログカテゴリ
  • ブログ紹介文
  • A8サイト登録カテゴリ

が必要です。

この中で重要なのが「ブログURL」で、「ブログタイトル」や「ブログカテゴリ」などは後からでも変更できますが「ブログURL」のみ後から編集ができません。

A8が提供するサービスのファンブログでのアフィリエイトを考えている場合、しっかりと決める必要があります。

全て入力ができましたら、赤枠部分「口座情報を登録する」をクリックしましょう。

6.口座情報を登録しましょう

口座情報を登録していきます。

前述のとおり、「ゆうちょ銀行」以外の口座では振込手数料が高いため、実質「ゆうちょ銀行一択」となるでしょう。

全ての記入が終わりましたら、赤枠部分「確認画面へ」をクリックします。

7.登録内容を確認しましょう

全ての入力が完了すると確認画面が表示されます。

入力した内容に間違いがなければ、赤枠部分「上記の内容で登録する」をクリックします。

登録が完了すると、下図のように「入会ありがとうございます!」という画面が表示されますので、表示されましたらA8.netの登録は完了です。

お疲れさまでした。

以上でA8.netへの登録が完了です。

2.もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイトは株式会社もしもが運営するアフィリエイトサービスです。

ほかのASPと比べても、圧倒的にアフィリエイターに優しいサービスが提供されておりますので、これからアフィリエイトを始める方は必ず登録しておきたいASPの1つです。

また、もしもアフィリエイトでは楽天やAmazonの商品を仲介するサービスも提供されており、アフィリエイト初心者が押さえておきたいAmazonと楽天の商品を早くから紹介できるという点が大きいです。

特にAmazonアソシエイトは審査が通りにくいことで有名ですが、もしもアフィリエイトを介すると審査が通りやすいということもあるので楽天やAmazonの商品を紹介したい方は、絶対に登録しておきましょう。

もしもアフィリエイトの魅力

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

W報酬制度

W報酬制度|アフィリエイトの水先案内

もしもアフィリエイト最大のともいわれているのが「W報酬制度」です。

W報酬制度とは、アフィリエイトで得た報酬に対してさらに12%もしもアフィリエイトが上乗せして支払ってくれるサービスです。

例をあげてみると?

あなたは今月アフィリエイトで100万円をうりあげたとします。その場合、もしもアフィリエイトから100万円の12%にあたる12万円が上乗せされて支払われますので、あなたは合計で112万円を手にできます。

おそらくこれだけのサービスを展開しているのは、もしもアフィリエイトだけなのではないでしょうか。

point!

ただし、Amazonや楽天で販売されている商品をアフィリエイトした場合、W報酬制度はありません。

プレミアム報酬がある

プレミアム報酬とは、1プロモーションごとに設定された金額以上の成果を初めて達成した場合に、通常の報酬とは別にもらえる報酬です。

もらえる報酬はランクごとに違いがあり、一般ランクだと5,000円ですが、最上位ランクのスーパークリスタルランクだと20,000円もらえます。

この制度の素晴らしいところは、アフィリエイト初心者が販売する目標を明確に設定できる点です。

アフィリエイト初心者はもしもアフィリエイトのプレミアム報酬を得ることができるラインを目指してサイトを作成するとよいでしょう。

サイトに合った広告を提案する

もしもアフィリエイトでは、サイトに合った広告を提案してくれます。

自分が作成した記事がどのような広告を表示させると成約しやすいのか、ということを自動的にマッチングしてくれるサービスがもしもアフィリエイトでは提供されています。

サイトを作成し始めた初心者のうちは、自分の書いた記事にどのような人が興味を持ちやすいのか、を計る指標になりますので積極的に活用しましょう。

楽天やAmazonの商品を紹介できる

もしもアフィリエイトを活用する人の多くが楽天やAmazonの商品を紹介する事を目的にもしもアフィリエイトに登録するのではないでしょうか。

楽天やAmazonでは個別にアフィリエイトプログラムも用意されています。

しかし、Amazonは審査がなかなか通りにくいこと、楽天はある程度まではポイントでしか支払われないことを考えると、初めのうちはもしもアフィリエイトを活用したほうがよいでしょう。

Amazonや楽天ともしもアフィリエイトの比較に関しましては、別ページにて紹介しておりますので、ご確認ください。

Amazonアソシエイトともしもアフィリエイトの比較

Amazonでアフィリエイトを行う【もしもとアソシエイトを比較】

特単の条件が公開されている

特単とは特別単価の略称のことで、アフィリエイトで一定量商品を紹介すると、特別単価として通常よりも高い報酬が設定されることがあります。

例をあげてみると?

1商品紹介すると1,000円の報酬が得られる商品があったとして、あなたのサイトを通じて100回購入されました。

この時特別単価が設定され、本来1回紹介すると1,000円だった報酬が1,500円に引き上げられたとします。報酬が特別単価に引き上げられたことになります。

ほかのASPではありえないのですが、この「特別単価」になるまでどの程度商品を紹介すればよいのかの目安が公開されています。

そのため、特別単価を目指すまでのモチベーションにつながります

手数料無料で1円から報酬が支払われる

もしもアフィリエイトのほかのASPにないサービスとして、手数料が無料というのも見過ごすことができないサービスの1つです。

また、1円から対応してくれることや、取引先の銀行に縛りがないことなども魅力です。

金融機関に縛りがない、というのは結構重要でわざわざ新たに口座開設を行う必要がありませんので、アフィリエイターに優しいASPです。

アフィリエイト初心者にやさしい

以上の特徴だけを考えてみても十分アフィリエイターに優しいASPであることは間違いありません。

もしもアフィリエイトはアフィリエイターに優しいだけでなく、アフィリエイト初心者にもやさしい理由がいくつかありますので紹介します。

どこでもリンクがある

どこでもリンクとは、提携したサイトであればどのページをリンク先に指定してもよい、という機能です。

例をあげてみると?

商品を紹介するページを作成した場合、リンクをクリックしてもらったら提携先のトップページではなく商品ページが表示されてほしいですよね?

商品ページをそのまま表示できますので、ユーザーが紹介された商品を探す手間が省けます。

アオイノからの一言

極端なことを言えば、提携先のプライバシーポリシーページなどもリンクすることができちゃいます。

かんたんリンクがある

ユーザーによっては商品を楽天で買いたい人もいればAmazonで買いたい人もいます。

かんたんリンクを利用することでAmazonと楽天の双方で紹介するリンクを作成できますので、ユーザーの好みに応じて商品を購入してもらえます。

これは「カエレバ」や「ヨメレバ」などの機能と同じような機能です。

サイトやブログがなくても登録可能

もしもアフィリエイトではサイトを作成するサービスが提供されていますので、ブログやサイトを持っていなくてもアフィリエイト登録をすることが可能です。

アフィリエイト初心者にとってブログやサイトを持っていなくても登録できるASPはあまりありませんので、初めに登録しておきたいASPと呼べるでしょう。

マニュアルが充実している

もしもアフィリエイトでは、ほかのASPとは比べ物にならないほどマニュアルが充実しております。

サイトを作成してからアフィリエイトリンクを掲載し、実際にサイトを運用する部分までマニュアルとして紹介してくれています。

アオイノからの一言

私も初めてアフィリエイトに挫折した後、もしもアフィリエイトのマニュアルを印刷して勉強したものです。

担当がつきやすい

もしもアフィリエイトは、非常に担当がつきやすいASPと言われています。

担当がつくことでアフィリエイトについての相談ができますので、さらに収益を上げることにつながりやすいです。

もしもアフィリエイトの難点

デメリットについて|アフィリエイトの水先案内

もしもアフィリエイトはアフィリエイターに非常に優しいASPとして、ほかのASPサービスと比べても頭1つ抜けていると感じられるサービスです。

しかし、メリットばかりではちょっと信用性に欠けますので、デメリットについても紹介しておきます。

広告数が少ない

もしもアフィリエイトでは、ほかのASPと比べるとどうしても案件の数が少ないです。

楽天やAmazonの商品を紹介できるだけでも十分利用する価値のあるサービスであることは間違いありませんが、どうしても企業が紹介する商品などの案件は少なくなっています。

ただし、もしもアフィリエイトでしか扱っていない限定案件もありますので、確認してみましょう。

弱いジャンルがある

もしもアフィリエイトには明確に販売力が強いジャンルと弱いジャンルがあるようです。

下記に挙げるジャンルでアフィリエイトを行う方は、ほかのASPサービスを確認してみてもよいでしょう。

  • 人材ジャンル
  • 恋愛ジャンル
  • 金融ジャンル
  • 美容ジャンル
  • 脱毛ジャンル

ある程度稼げたら直リンクのほうがよい(楽天のみ)

もしもアフィリエイトでは、楽天とAmazonの双方の商品を紹介できます。

Amazonの商品を紹介する場合は基本もしもアフィリエイトを経由したほうがメリットが大きいです。

しかし、楽天のアフィリエイトのシステムはなかなか複雑なため、楽天でそこまで稼いでいないうちはもしもアフィリエイトを経由しても十分な報酬を得られます。

しかし、一定の報酬額を超えると楽天は直リンクのほうが報酬が得られるようになるラインが明確にあります。

そのため、本格的に楽天で稼ぐとなった場合は直リンクを行いましょう。

楽天アフィリエイトは2019年4月に大幅なプログラムの改変がありました。

その結果、楽天でアフィリエイトを行う場合に直でリンクを行うメリットが薄れてしまったので、現在は楽天でアフィリエイトを行う場合ももしもアフィリエイトで行うほうがおすすめです。

もしもアフィリエイトに登録する

もしもアフィリエイトに登録するには、もしもアフィリエイトのサイトから登録が可能です。

3.afb(アフィb)

afbは株式会社フォーイットが運営するASPで、アフィリエイターに非常に優しいASPとして人気の「afb」。

設立は2008年と比較的遅い方なのですが、案件数も多くおすすめできるASPの1つです。

サイトの審査もありますが、そこまで厳しいものではないので、アフィリエイトの初心者でも比較的簡単に登録できると思います。

afb(アフィリエイトビー)は、数あるASPの中でもっとも顧客満足度が高く、かなりアフィリエイターに優しいサービスがそろっており、afbは非常に担当者が付きやすいASPとしても有名です。

登録しておいて損はありませんので、まだ登録していない方は必ずこの機会に登録しておきましょう。

報酬に消費税分をプラスして振り込んでくれる!?

afbはアフィリエイトで得た報酬にさらに消費税分を上乗せして支払いを行ってくれます。

例をあげてみると?

50,000円アフィリエイトで報酬を得たとしましょう。本来であれば当然報酬は50,000円なのですが、afbで得たアフィリエイト報酬の場合、afbが50,000円の消費税分、つまり5,000円を上乗せして支払ってもらえます。

これはアフィリエイターにとってとても大きいです。

金額が少ないうちはあまり実感できませんが、月に100万円稼いだとしたら、10万円上乗せして支払ってもらえることになります。

[char no="15" char="テラス"]個人でアフィリエイトを行っている人にとって、税金分はとても大きいです![/char]

担当者がつきやすい

afbは他のASPと比べて担当者がつきやすい、といわれています。

それだけアフィリエイターを大切にしているということですね。

アフィリエイトはどうしても一人で行うことが多いため、相談できる人がいると全然変わりますよね。

成果報酬の振り込み手数料がタダ!

実は、この振り込み手数料がタダというのはとても珍しいです。

通常はアフィリエイターに負担してもらう場合がほとんどなのですが、afbではタダとなります。

また成果報酬が振り込まれるのもとても速いため、afbを利用していると本当にアフィリエイターを大切にしているASPである、ということが実感できると思います。

afbの登録方法

1.afbのサイトにアクセスしましょう

まずはafbにアクセスしましょう。 → afbはコチラ

リンクをクリックすると下のようなページが表示されますので、赤枠の部分「パートナー登録(無料)はこちら」をクリックしてください。

 2.利用規約に同意しよう

先ほどのページの赤枠部分をクリックしていただきますと、利用規約に関するページが開きます。

そしてページの下の方へ行くと利用規約に同意するかどうかを問われますので、①利用規約を確認後、②赤枠内の「各利用規約に同意して会員登録」をクリックしてください。

3.仮登録を行います

①青枠部分にメールアドレスを記入し、②赤枠部分「仮登録する」をクリックしてください。

4.本登録を行います

下図のようなメールが送られてまいりますので、赤枠の「リンク部分」をクリックしてください。

5.必要事項を記入しよう

それでは、実際に本登録を行いましょう。

本登録の際に必要となるのが

  • ログインID
  • パスワード
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • webサイト(ホームページ)
  • 口座情報

について必要です。ログインIDやパスワードはご自身の忘れにくいものにするとよいでしょう。

全て記入し終えたら、赤枠部分の「確認する」をクリックしましょう。

6.記入した内容が間違っていないか確認しよう

記入した内容が間違っていないか確認しましょう。

間違っていなければ、赤枠部分の「送信する」をクリックします。

以上でafbの登録は完了となります。お疲れさまでした。

後日、afbからサイトの審査に関して、メールにて連絡がありますのでそれまで待ちましょう。

4.インフォトップ

インフォトップは情報商材アフィリエイトを行う場合に必ず登録しておきたいASPです。

販売されている情報商材はどれもインフォトップの厳しい審査を通過したものばかりです。 インフォトップの登録方法は下記のリンクからどうぞ。

インフォトップの特徴と登録方法

5.インフォカート

インフォカートでは、分割での支払いを認めるなどの購入するユーザーにも優しいサービスを展開しております。

また、ほかのASPではあまり販売されていない「セミナー」や「有料メルマガ」の紹介も行っております。

インフォカートの登録方法は下記のリンクからどうぞ。

インフォカートの特徴と登録方法

インフォトップとインフォカートの比較した内容をまとめておきました。 インフォトップとインフォカートの比較に関しましては下記のリンクをご覧ください。

インフォトップとインフォカートの比較

まとめ

ASPは企業とアフィリエイターの橋渡し役としてなくてはならない存在となっています。

私たちアフィリエイターはASPとは切っても切れない関係になりますので、末永く付き合っていきたいですね。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • ASPとはアフィリエイターと広告主の企業の仲介をしている
  • ASPはアフィリエイターを保護する、という観点からも大切な役割を担っている
  • ASPに登録することで、多くの企業の案件を見ることが可能になる


関連記事

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング参加中
プロフィール:テラス

ウカブの先輩で幼馴染のアフィリエイター。アフィリエイトについて非常によく勉強しており、稼ぐための知識は万全。

アフィリエイトの経験もたくさんしているものの、まだ生活できるだけ稼いでいないのは内緒。

プロフィール:ウカブ

テラスの後輩で幼馴染の新米アフィリエイター。基本的にネガティブで、まずは考えてから行動に移す慎重派。

これからアフィリエイトの世界で稼いでいくために、テラスから様々な指導を受けている。

お問い合わせ

ページの先頭へ