WordPressで作るサイトアフィリエイトの始め方|アフィリエイトの水先案内

今回はサイトアフィリエイトの始め方と手順について紹介しております。

サイトアフィリエイトを行う場合、WordPressかSIRIUSのどちらかで作成することになると思いますが、WordPressのほうがサイトを育てやすいのである程度大きな規模のサイトを作成する場合はWordPressを選んでいます。

アフィリエイト初心者がサイトアフィリエイトを始める方法について紹介しておりますので、これからアフィリエイトに参入する方は参考にしていただければ幸いです。

この記事で伝えたいこと
  • サイトアフィリエイトとはある1つのジャンルや特定の商品などのテーマに絞って行うアフィリエイト
  • サイトアフィリエイトで大切なことは、しっかりとしたサイトの設計図が描けるかどうか
  • サイトアフィリエイトではサイトを量産する姿勢が大切

サイトアフィリエイトとは?

疑問|アフィリエイトの水先案内

サイトアフィリエイトとは、ある1つのジャンルや特定の商品などのテーマに絞ってアフィリエイトを行うやり方です。

サイトアフィリエイト最大の特徴ともいわれているのが、サイトが完成したら更新する必要がない、という点にあるでしょう。

サイトアフィリエイトでは、小規模のサイトを何個も作成して収益化を図るやり方ですので、1つのサイトをじっくりと育てるブログアフィリエイトよりも収益化がしやすく、手間もかからないといわれています。

サイトアフィリエイトの種類

サイトアフィエイトには「ペラサイト」や「特化型サイト」、「ジャンルサイト」などのさまざまな種類がありますので、サイトによって作り方が変わります。

ペラサイトとは

ペラサイトとは1ページだけで完結するアフィリエイトサイトです。

1ページだけでサイトが完成しますので、非常に早くサイトが完成します。

しかし、1ページだけで集客から成約までを完結しなければならないため、集客のテクニックからセールスライティングまでを学ぶことができます。

今現在、ペラサイトを量産する方法で稼げるか稼げないかは別として、非常にアフィリエイトを学ぶ上で効果的な方法かもしれません。

特化型サイト

特化型サイトとはある商品やサービスについての紹介に特化したアフィリエイトサイトです。

1つの商品やサービスに特化しますので、テーマもぶれにくく書く内容も明確です。

特化型サイトはサイトに専門性を求めるGoogleのアルゴリズムと相性が良く、キーワードやコンテンツ次第ではあまり更新しなくても上位表示を目指せます。

ペラサイトも1ページの専門性の高いページを作成しますが、特化型サイトではさらにさまざまな角度から商品やサービスについて切り込んでいくため、アクセスも集まりやすくドメインパワーも高まる、といいことが多いです。

デメリットとしてはペラサイトほど簡単にサイトを完成させることができないことや、作成したサイト内に別の商品やサービスが紹介できないなどのデメリットもあります。

ジャンルサイト

ジャンルサイトは特定のジャンルに絞って商品やサービスなどを紹介するアフィリエイトサイトです。

特化型サイトの場合は基本的に1サイトで1商品を紹介していきますが、ジャンルサイトの場合は似たようなジャンルの商品であれば取り扱うことが可能です。

また、ジャンルサイトの場合は商品だけでなく、そのジャンルに関係のある情報なども発信することで、さらにサイトの専門性を高めることにつながります。

ただ、ジャンルサイトの場合、サイトの規模が非常に大きくなりますので、作成に時間がかかることやテーマがずれてくることもあります。

ジャンルサイトを作成する場合はサイトを作る前の段階からしっかりとサイトの設計図を描く必要があります。

収益方法

収益方法|アフィリエイトの水先案内

サイトアフィリエイトの収益方法はASP広告一択です。

サイトアフィリエイトは特定の商品やサービスを販売することに特化したアフィリエイトの手法ですので、集客を第一に考えるGoogleアドセンスなどとは相性が良くありません。

もちろん、サイトアフィリエイトでGoogleアドセンスなどを掲載することは可能ですが、ユーザーがせっかくサイトに訪れてくれたのにGoogleアドセンスの広告をクリックしてページを離脱した場合はASP広告の報酬が得られません。

GoogleアドセンスよりもASP広告からの収益のほうが間違いなく大きいですので、サイトアフィリエイトのようなASP広告からの収入を目指す場合はGoogleアドセンスと相性が悪い、ということになります。

サイトをWordPressで作るメリット

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

サイトアフィリエイトを行う場合、SIRIUSで作成するかWordPressで作成するかのどちらかを選択することになります。

SIRIUSというのはサイトを簡単に作成できるツールで、株式会社ACES WEBから発売されています。

次世代型サイト作成システム「SIRIUS」はこちら

WordPressはブラウザ上で完結できる、ブログを簡単に作成できるツールです。

ブログ作成ツールであるものの、ページの作成方法に「投稿」と「固定ページ」があるので更新頻度の低いアフィリエイトサイトなども制作できます。

WordPressで作るメリットは「テーマ」というデザインのテンプレートがあるため、プロが作ったデザインを簡単に自分のサイトに反映することができることでしょう。

テーマには無料のモノから有料のものまでさまざまなテーマがありますが、アフィリエイトに触れたことのない初心者こそ手間のかからない「有料テーマ」を選択するべきです。

有料テーマは「簡単に」「素早く」「美しい」デザインのサイトを作成できるため、非常におすすめです。

また、WordPressには拡張機能というサイトをさらに使いやすくするための機能を付加させることが可能です。

サイト作りの基本は、サイトに訪れてくれたユーザーが「使いやすい」と感じてもらえることですので、WordPressを使用することは非常に強力なツールになるでしょう。

アオイノからの一言

私の場合、ジャンルサイトはWordPressで作成し、特化型サイトをSIRIUSで作成しています。

無料ブログで作成するのがNGの理由

多くのサイトでアフィリエイトを行う場合、「無料ブログでアフィリエイトを初めてはいけません」と書かれています。

無料ブログは無料で始めることができ、かつページの更新も簡単にできるプラットフォームが提供されていることから、アフィリエイト初心者の間で人気のサービスです。

しかし、無料ブログでアフィリエイトを始めてしまうと収入は得られるかもしれませんが、サイトを削除されるリスクドメインは借り物のため自分のサイトには何のプラスにもなりません

無料ブログでも「有料プラン」がありますので広告を削除することはできますが、無料ブログの有料プランに登録するのであれば自分でサーバーを契約して独自ドメインを取得したほうがよいでしょう。

サイトを作るために必要なモノ

この3つを揃えることで、だれでも自分だけのサイトを作成できます。

ただし、アフィリエイトを「お試しする」という意味で無料ブログを使用するのはアリだと私は考えています。

実際に無料ブログを使ってアフィリエイトサイトを作成することで、キーワードの選定方法や記事の作り方など、やってみて初めて分かることも多いため非常におすすめです。

まずは「アフィリエイトがどんなものなのか体験する」ために無料ブログを使ってアフィリエイトサイトを作成することは、非常に良い経験になるでしょう。

サイトアフィリエイトを始めよう!

それでは実際にサイトアフィリエイトを始めるための作り方を紹介いたします。

参入するジャンルを決定する

探す|アフィリエイトの水先案内

サイトアフィリエイトを始めるにあたって、まず初めに行うことは「参入ジャンルの決定」です。

アフィリエイトで稼げるジャンルはたくさんありますが、多くの方がこの「参入ジャンルの決定」で迷われるのではないでしょうか。

ここでは参入するジャンルにこだわるべき理由と参入すべきジャンルの選び方について紹介します。

ジャンル選定にこだわるべき理由

いざサイトアフィリエイトを始めたのに「だれも来ないサイト」では意味がありませんよね。

そのため、ユーザーからの需要がありそうなジャンルを選択する必要があります。

初めのうちはジャンルを1つに絞ってアフィリエイトを行うようにしましょう。

1つのジャンルに絞ってアフィリエイトを行うことで、商品やライバルサイトの調査の手間を少しでも減らすことにつながりますし、質の高い記事を書けるようになることにもつながります。

特に「ペラサイト」や「特化型サイト」を作成する場合はとてもジャンルにこだわる必要があります。

「ペラサイト」や「特化型サイト」で最も大切なのは「キーワード」です。

なぜキーワードが大切かというと「収益の増減に直結する」からです。

しかし、1ページで完結する「ペラサイト」や「特化型サイト」は量産すればするほど、そのジャンルについての知識が深くなっていきます。

そして、そこで得た知識をもとにしてジャンルサイトの作成に取り掛かった場合、あなたには圧倒的な知識がありますので商品やサービスはすらすら紹介できますし、何より自信を持って情報を発信することにつながります。

1つのジャンルに絞ってアフィリエイトを行うことは非常に効率の良いやり方と言えるでしょう。

また、販売する商品やサービスは基本的にASPから提供されているものを取り扱うことがほとんどです。

ASPによってはそのASPだけでしか取り扱っていない商品やサービスが多数存在していますので、ASPは複数登録することをおすすめいたします。

アフィリエイターが多いジャンル

主にアフィリエイターが多い稼げるといわれているジャンルを紹介しておきます。

稼ぎやすいと言われているジャンル
  • 脱毛
  • 美容
  • 健康食品
  • バストアップ
  • ダイエット
  • ウォーターサーバー
  • キャッシングやクレジットカード
  • 生命保険や自動車保険
  • 債務整理
  • 車・バイクの査定
  • 引っ越しの見積もり
  • 婚活
  • 妊活
  • FX
  • 求職・転職

しかし、これらのようなジャンルはアフィリエイト初心者は「参入してはいけないジャンル」もあります。

「脱毛」や「クレジットカード」、「ウォーターサーバー」などは報酬が高く、検索上位に表示させることは非常に困難なジャンルであり、上位には運営歴が10年以上の猛者たちが集まっています。

まだアフィリエイトに参加したばかりの初心者は避けておいたほうがよいでしょう。

稼げるジャンルで自分の得意分野がおすすめ!

ではどのようなジャンルに参入するのがよいのか。

それは「稼げるジャンルで自分の得意分野」がおすすめです。

アフィリエイターが多いジャンルの中で自分の得意なジャンル、もしくは興味のあるジャンルはありませんか?

得意・興味のあるジャンルでないとアフィリエイトは継続することが難しい上、何よりやっていて楽しくありません。

「好きこそものの上手なれ」ということわざがあるように、アフィリエイトは「自分の好き」を選べる仕事ですので必ず興味のあるジャンルを選びましょう。

また、商品を選ぶ場合にも「需要のある商品」を選ぶことが大切です。

需要のある商品は売れやすく、商品やサービスの質自体が高いことが多いため、私たちアフィリエイターも自信をもってユーザーにおすすめできます。

サイトの設計図を作る

設計図|アフィリエイトの水先案内

参入するジャンルが決定したら、いよいよサイトの設計図を作っていきましょう。

サイトの設計図を作成するにあたり、大切なことは「キーワードの選定」です。

「ペラサイト」や「特化型サイト」を作成する場合はもっとも重要な項目ですので慎重にしっかりと行いましょう。

キーワード選定をする

参入するジャンルや紹介する商品やサービスがある程度決まったら「どんなユーザーに訪れてほしいのか」を考えることから始めていきます。

サイトアフィリエイトの集客は「お悩みキーワード」などで行っていく方法が一般的です。

例をあげてみると?

「薄毛 治療」などは薄毛に悩んでいる方が検索するキーワードですね。

しかし、ペラサイトや特化型サイトのような特定の商品やサービスを紹介するサイトでは、上記のような「お悩みキーワード」ではなく「商品名」を絡めたキーワードを選定することで集客を行います。

例をあげてみると?

薄毛治療の「メンズスカルプシャンプー 最安値」などはメンズスカルプシャンプーがどこから購入すると最安値なのかを検索しています。最安値を提示することができれば、購入してもらえそうなキーワードですね。

このように商品名やサービスを軸にしたキーワードを選択することで購入してもらいやすいキーワードを調査することを「キーワード選定」と言います。

選んだキーワードをもとにサイトを設計

選定したキーワードをもとにサイトの設計図を作成していきます。

設計図を書くためには、まずは全体の記事数を把握する必要がありますので「選定したキーワード」を書き出していきましょう。

選定したキーワードごとに1ページ作成しますので、選定したキーワード数がそのまま記事数になります。

サイトを作成する

サイトの設計図まで完成したら、満を持してサイトの作成に取り掛かりましょう。

設計図がありますのでスムーズに作成していけると思います。

設計図通りにサイトを作成する

コンテンツを作成する場合、特に意識しておくことは「タイトル」と「出口」です。

選定したキーワードを必ずタイトル内に含めることを意識してください。

また、選定したキーワードとコンテンツに書かれている内容を一致させることも非常に重要なポイントの1つです。

タイトルとコンテンツが一致していない場合は、コンテンツを見直す必要があります。

コンテンツを書く場合は基本的に中立の立場から商品やサービスを紹介すると、サイトに訪れてくれたユーザーが購入しやすいといわれています。

例をあげてみると?

「押し売り」をしてくる人から買いたいとは思いませんよね?

商品やサービスについて中立の立場でメリットとデメリットをはっきりと伝えたうえで、サイトに訪れてくれたユーザーに「納得して」購入してもらうことが、もっと売れやすいパターンと言えますね。

また、せっかく良い記事を書いたとしても、成約する場所がなければ報酬を得られることはできません。

アフィリエイトリンクもただ闇雲に張ればかってに購入してもらえるというわけではありませんので、サイトに訪問してきてくれたユーザーが購入しやすいように「出口」をしっかりと誘導する必要があります。

サイトアフィリエイトをWordPressで始めるときの注意

サイトアフィリエイトをWordPressで始める場合の注意点として、WordPressのデフォルトの設定でトップページには最新の記事が表示されるように設定されています。

サイトアフィリエイトはあまり更新頻度の高くない手法ですので、トップページを見ただけで更新をしていないことがユーザーに伝わってしまいます。

そのため、トップページは固定ページを表示しておくなどの工夫が必要でしょう。

固定ページをトップページに指定する方法に関しましては、下記のリンクの「トップページを設定する方法」で紹介しております。

固定ページを作成するやり方と便利な機能

サイトを育てる

サイトを育てる木|アフィリエイトの水先案内

サイトが完成したら、サイトを育てていきましょう。

といっても基本的にサイトアフィリエイトはサイトの完成をもって終了ですので、その後何かアクションを起こすことはありません。

ただし、ある程度どのくらいのアクセスが集まっているのか、どのくらい成果が表れているのかはしっかりと分析する必要があります

もし、なかなか成果が出ていなければ選んだキーワードが悪い場合や単純にコンテンツが不足しているなどの事態も考えられますので、編集する必要が出てくるでしょう。

2サイト目以降の作り方

以上でアフィリエイトサイトが1つ完成させることができました。

ここからは2つ目以降のサイトの作り方について紹介します。

1つ目でジャンルサイトを作成

1つ目からいきなりジャンルサイトを作成した人は、2つ目以降は同じジャンルの特化型サイトを作成するとよいでしょう。

イメージとしては下記のような感じです。

サイト作成イメージ
  • 1サイト目:薄毛のサイト
  • 2サイト目:メンズスカルプシャンプーのサイト
  • 3サイト目:シムフォート(SIMFORT)のサイト
  • 4サイト目:チャップアップ(CHAP UP)のサイト

1つ目でペラサイト・特化型サイトを作成

1つ目で「ペラサイト」や「特化型サイト」を作成した人は、そのまま2つ目以降もどんどん「ペラサイト」や「特化型サイト」を作成しましょう。

大規模となる「ジャンルサイト」を作成する目安としては、30サイトほどできたらそのジャンルについて十分知識がついていると思いますので、ジャンルサイトの作成に着手するとよいでしょう。

ジャンルサイトはサイトアフィリエイトの中でも育てていくサイトですので、焦らずにサイトを作成するとよいでしょう。

まとめ

サイトアフィリエイトについてとサイトアフィリエイトの始め方について紹介してきました。

これからアフィリエイトを始める方におすすめなのが「サイトアフィリエイト」です。

近年はGoogleのアルゴリズムもどんどん優秀になっていきますので、今以上に良質なコンテンツ、役に立つコンテンツが求められる時代になるかもしれません。

サイトアフィリエイトを始めるにあたって大切なのはサイトの設計図の作り方です。

しっかりとした設計図を描くことができれば、サイトの作成もスムーズに進めることが可能です。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • サイトアフィリエイトは1つのジャンルや特定の商品などのテーマに絞ってアフィリエイトを行うやり方
  • WordPressでサイトアフィリエイトを始めるメリットは美しいデザインを簡単に実現できる
  • サイトアフィリエイトで一番大切なのはサイトの設計図がしっかりと描けるかどうか
  • 初心者はいきなりジャンルサイトを作るのではなく、特化型サイトやペラサイトから始めよう