アフィリエイトで稼ぐまでの手段-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

それでは、実際にアフィリエイトで稼ぐための手順について解説していきます。

アフィリエイトで成果を出すためには、ある程度の「型」が存在しています。

まずは、結果を出せる「型」をまねるところから始めると、アフィリエイトで稼ぎやすいでしょう。

この記事では、ブログ(またはサイト)アフィリエイトを行う際の手順について紹介していきます。

ただし、メルマガアフィリエイトやYouTubeなどのアフィリエイトでは、この手順とは全く異なりますのでご注意ください。

この記事で伝えたいこと
  • アフィリエイトで稼ぐためにはサイトを作成する必要がある
  • サイトを作成するにはサーバーとドメイン、そしてWordPressのようなツールの3つ
  • サイトの作成はゴールではなくスタート。記事を書いて初めてサイトと呼べるようになる

アフィリエイトで稼ぐための手順

アフィリエイトの初心者の方は、まずはサイトを立ち上げるところから始まります。

今回は、本当にまだ何もアフィリエイトを行ったことがない初心者の方を対象に手順を紹介していきます。

0.まずは準備する

まずはアフィリエイトで稼いでいくための環境を整えていきましょう。

  • インターネットが快適に行うことができるパソコンを用意する
  • メールアドレスを取得する
  • ASPに登録する

主にアフィリエイトで稼ぐための準備として必要なのは上記3つです。

とくに、ASPに登録をしないとアフィリエイトで稼ぐことすらできませんので、まずはASPへの登録だけはしっかりと済ませましょう。

メールアドレスとASPへの登録が完了したら、いよいよアフィリエイトで稼ぐためのサイト作りを始めていきます。

テラステラス

何事にも準備は大切です!

1.サイトのジャンルを決定する

まずは自分がどんなジャンルでサイトを立ち上げるのかを考えてみましょう。

サイトで作成するジャンルはご自身の趣味や得意なことなどで構いません。

記事をすらすらと書くことができそうだな、と感じるジャンルを選ぶようにしてください。

もしもジャンルを選ぶことができない、という場合は「人の悩み」に関するジャンルを選ぶとよいでしょう。

具体的には「美容・健康・恋愛・お金」などのジャンルです。

人の悩みというものはいつの時代になってもなくなるものではありませんので、アフィリエイトで稼いでいく場合におすすめのジャンルです。

2.サーバーを契約する

ジャンルが決定したら、サイトを持つための準備をしていきましょう。

今回は無料ブログなどのサービスは活用せず、ご自身でサイトを運営するための方法について解説していきます。

自分のサイトを持つためには、まずはサーバーを立てなければなりません。

サイトというものは文字や画像がまとめられたファイルの集合体のようなものです。

そして、そのファイルをいつどこでも見られるようにするためには、インターネット上に保管しておかなければなりません。

そのため、サイトを作るためにはインターネット上に保管することができるサーバーを立てなければなりません。

また、サーバーは主に自分で立てる方法とレンタルする方法の2種類がありますが、自力で立てるとなると管理が大変なため、一般的にはレンタルするほうが簡単です。

レンタルサーバーとは?おすすめのレンタルサーバーを紹介!

3.ドメインを取得する

サーバーのレンタルが完了したら、続いてドメインを取得しましょう。

ドメインはインターネット上の住所のようなもので、インターネット上に保管されたファイルにアクセスするために設定します。

通常、サーバーには番号が振り分けられているのですが、番号だと覚えにくいですよね?

そのため「ドメイン名」という形で番号を上書きすることで、覚えやすくしています。

ドメインは基本早い者勝ちなので、自分のつけたい名前があればすぐに取得するようにしましょう。

ドメインとは?独自ドメインを取得するメリットやデメリット

テラステラス

サーバーとドメインを契約したら、いよいよサイトを作成していきましょう!

4.WordPressを導入しよう

サーバーとドメインを取得したら、いよいよサイトを立ち上げることが可能になります。

通常ですと、ホームページとなるwebサイトはHTML(Hyper Text Markup Language)という言語で作成していきます。

しかし、HTMLを習得するにはある程度の時間がかかりますので、WordPressというあらかじめサイトがある程度完成されているシステムを導入していきます。

WordPressを利用することで、特殊な技術がなくても綺麗なデザインのホームページを作成することが可能です。

エックスサーバーでのWordPressのインストール

一部レンタルサーバーには1クリックでWordPressを導入できるサービスもありますので、便利なサービスはどんどん活用していきましょう。

ウカブウカブ

WordPressを活用することで「誰でも、簡単に」サイトを作成することができるんだね。

5.販売する商品を決める

WordPressを導入することができたら、ここからは実際にサイトで紹介していく商品を決定していきましょう。

販売する商品はどのようなものでも構いませんが、初めに決定したジャンルと大きくかけ離れてしまうような商品は、サイトの方向性に合わなくなってきますので、できるかぎり避けてましょう。

最初のうちは、どれが売れやすい商品なのかわからないこともあるかとは思いますが、商品を選ぶ基準として「自分が買ってもいいな」って思えることが大切です。

テラステラス

売れやすい商品を販売しましょう!

6.キーワードを決定する

アフィリエイトの中で一番大切なキーワードの決定です。

記事は読まれてなんぼです。

そのため、まずはアクセスを集めるためにどのようなキーワードを選ぶと検索に引っ掛かりやすいか、上位に表示されやすいかを調べる必要があります。

キーワードをしっかりと設定することができれば、アフィリエイト初心者でもすぐに結果を出すことができます。

まずは「あるキーワード」が検索された時には上位に表示できるようなサイト作りを目指していきましょう。

7.記事を書く

キーワードを決定したら、キーワードを上手に含んだ記事を書いていきます。

とはいっても初めのうちは記事を書くこと自体が練習ですので、1記事当たり1,000文字を目標に書いていくとよいでしょう。

慣れてきたら2,000文字、3,000文字と増やしていくとよいでしょう。

ただし、同じことを言い換えて記事にしたり、ほかの記事からコピーしてきてそのまま記事として公開してはいけません。

無理に文字数を増やそうとするのではなく、しっかりと読者に伝わる文章を書くように心がけていきましょう。

ウカブウカブ

最初からハードルを高くすると続かないんだよね

当サイトではWordPressの使い方についても解説しておりますので、時間があれば下記のリンクをご覧ください。

記事を書くときに覚えておきたいこと13選

8.成約のためのアフィリエイトリンクを張り付ける

せっかく良い記事を書いたとしても、成約する場所がなければ報酬を得られることはできません。

必ず忘れないように商品のアフィリエイトリンクを張り付けましょう。

アフィリエイトリンクもただ闇雲に張ればかってに購入してもらえる、というわけではありません。

サイトに訪問してきてくれた読者が迷わないように、リンクをクリックしやすくする工夫が必要になります。

9.サイトをアップロードし、公開する

記事が完成したら、サイトを公開しましょう。

WordPressで記事を書く場合はそのまま「公開」ボタンをクリックすることで公開することが可能です。

公開した後も定期的に記事の更新を行うことで、さらなる集客が見込みやすくなります。

記事を公開した後は定期的に記事やサイトのメンテナンスをするようにするとよいでしょう。

以上でアフィリエイトで稼ぐまでの手順が終わりです。お疲れさまでした!

上記が一つの商品を紹介するまで一連の流れですが、新たに商品を紹介する場合は『5.販売する商品を決める』に戻り、新たな商品を探して記事にしていきます。

テラステラス

以上がアフィリエイトで稼ぐまでの手順です。お疲れさまでした!

まとめ

サイトをもっていないアフィリエイトの初心者がアフィリエイトを始めるまでの手順について解説してきました。

手順としては9つですが、実際に初心者の方がサイトのジャンルを決定してからサイトをアップロードするところに至るまで1カ月近くかかるのではないでしょうか。

少なくとも私は最初の1記事を投稿するまでに約半年かかりました。

しかし、焦ってはいけません。アフィリエイトは継続することで成果が表れるビジネスですので、一つひとつの作業を丁寧にこなすようにしていくとよいでしょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • アフィリエイトを始めるにはサーバーとドメインを契約する必要がある。
  • アフィリエイトで一番大切なことはキーワードの決定
  • アフィリエイトリンクを張り付けて記事をアップロードして初めて1つの流れが完了する