WordPressインストールーエックスサーバー編-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

この記事ではエックスサーバーでのWordPressの導入方法について解説しております。

サーバーとドメインを契約するという初めてのことを一度に行ってきたと思いますので、お疲れだと思います。

しかし、あと少しでサイトが作り始めることができますので、もう少しだけ頑張りましょう。

まずはWordPressを利用するためにレンタルサーバーにインストールしていきます。

この記事で伝えたいこと
  • エックスサーバーでWordPressをインストールするのは、1クリックでできるので簡単
  • WordPressをインストールする場合、ユーザー名やパスワードはしっかりメモしておこう

WordPressをインストールする

1.サーバーパネルにログイン

まずはこちらからサーバーパネルへアクセスしましょう。

まずはIDとパスワードを記入し、サーバーパネルへログインしましょう。

WordPressインストール1|アフィリエイトの水先案内

2.WordPress簡単インストールをクリック

WordPressの項目にある赤枠部分「WordPress簡単インストール」をクリックしましょう。

WordPressインストール2|アフィリエイトの水先案内

3.WordPressを導入したいドメインを選択する

WordPressを導入したいドメインの右側にある赤枠部分「選択する」をクリックしましょう。

WordPressインストール3|アフィリエイトの水先案内

4.必要事項を記入しよう

「まずはインストール済みWordPressの一覧」のタブから「WordPressのインストール」のタブに切り替えましょう。

赤枠の「WordPressのインストール」をクリックしてください。

WordPressインストール4|アフィリエイトの水先案内

画面が切り替わりましたら、記入していきます。

WordPressインストール5|アフィリエイトの水先案内

  • インストールURL:そのまま空白で大丈夫です。
  • ブログ名:後から変更ができますので、あまり深く考えなくても大丈夫です。
  • ユーザ名:WordPressにログインするときに必要です。
  • パスワード:WordPressにログインするときに必要です。
  • メールアドレス:連絡を受け取ることができるメールアドレスを設定しましょう。
  • データベース:そのまま「自動でデータベースを生成する」で大丈夫です。

記入が完了したら、下に進んでいきましょう。

5.インストールをしましょう

確認画面が表示されましたら、赤枠部分の「インストール(確定)」をクリックしましょう。

WordPressインストール6|アフィリエイトの水先案内

6.IDとパスワードを忘れないようにメモっておこう

無事にインストールが完了しますと、完了画面が表示されます。

WordPressインストール7|アフィリエイトの水先案内

ここで表示される「ID」と「PASSWORD」はワードプレスにログインするときに必要ですので、必ずメモをしたうえで保管してください。

また「MySQLデータベース」、「MySQLユーザー」、「MySQL接続パスワード」もメモしておくとよいでしょう。

普段は必要ではありませんが、データベース不具合があった場合などに必要になる可能性があります。

テラステラス

以上で終了です。お疲れさまでした!

ウカブウカブ

ぜんぜん1クリックで終わらないじゃん・・・。

まとめ

以上でエックスサーバーでのWordPressのインストールは終了です。

今後、新たにドメインを取得し、ウェブサイトをワードプレスで運用する際には必ず必要となる作業ですので、また分からなくなったらこのページをみて行ってください。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • エックスサーバーでのWordPressの導入は簡単インストールをクリックして設定するだけ!
  • IDやパスワードはWordPressにログインするために必要になるので必ずメモっておく
  • 「MySQLデータベース」「MySQLユーザ」「MySQL接続パスワード」は何かあったときのためにメモっておこう