サイトSSL化-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

「SSL」ということばを聞いたことはありますか?

私たちが普段何気なく、安全にネットショッピングできているのは、実はこの「SSL化」という技術のおかげです。

サイトをSSL化した場合はしっかりと設定を行わないと、SSL化したのに認定されないという事態になりかねません。

この記事では「サイトをSSL化する場合のメリットとデメリット」と「サイトをSSL化させる方法」について詳しく解説していきます。

この記事で伝えたいこと
  • SSL化はサイトが安全であることを証明する「証」のようなもの
  • SSL化は今後必須となる可能性が高いので、必ず導入しておこう
  • SSL化は必ずサイトを作成する前に導入しておこう

SSL化ってなんだろう?

SSL化とはパソコンとサーバーの間で行う通信データを暗号化してやり取りする仕組みで、目に見える範囲でいくと、サイトを「http」から「https」で表示させることをSSL化といいます。

SSLとはSecure Sockets Layerの略で、1994年にNetscapeによって開発されたセキュリティの世界標準を示し、実現する技術です。

実は、いまあなたが当サイトを見ているということは、第三者が簡単に知ることができてしまいます。
もし、当サイトで何かお買い物をしたとして、クレジットカードの情報を見られてしまったら、当然悪用されてしまい、大変なことになります。

この第三者に見られないようにするための技術がSSLです。

SSLを導入することで、第三者が情報を盗み見することができなくなるだけでなく、情報の改ざんやなりすましも防ぐことができますので、なくてはならない技術です。

ウカブウカブ

SSLはサイトに訪れてくれたユーザーを守ってくれているんだね!

SSL化させるメリットとは

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

セキュリティ強化につながる

言わずもがなですが、SSL化させることでサイトのセキュリティが強化されます。

サイト内でクレジットカード決済などを行う場合、SSL化は必須ですが、通常のアフィリエイトサイトを運営する場合でも、SSL化することにより「この接続は安全ではありません」などの警告が出なくなりますので、ユーザーの方が安心して利用することができるようになります。

SSL化で防げること
  • どのようなサイトを閲覧しているかなどの情報を閲覧されなくなります。
  • 本来見ていないのに、ページを見たと書き換えられることがなくなります。
  • 本人ではないのに本人のように見せつなりすましを防ぐことができます。

テラステラス

SSL化はセキュリティ対策上、必須です!

ページが高速で表示される

SSL化を行うことにより、http1.1からhttp2.0を利用することができます。

現在はhttp1.1が主流なのですが、htto2.0のほうが通信を効率化することができますので、サイトが早く表示されます。

サイトが早く表示されるということは次にお話しするSEO対策にも直結する部分ですのでうれしいですね!

SEO対策にも有利

Googleは2014年にhttpsを検索順位を決定する要素の一つに加える、ということを公表しています。

しかし、良質なコンテンツの提供するほうがまだまだ検索順位に対する影響は大きいようです。

ただしGoogleは将来、https化していないサイトの順位を下げることを示唆しています。

しかし、まだ時期などは明言はされていないので、まだサイトをSSL化していない場合は早めにSSL化したほうがよいでしょう。

SSL化するデメリットとは

デメリットについて|アフィリエイトの水先案内

パソコンやスマートフォンからのアクセスに影響はありませんが、ガラパゴスケータイ(ガラケー)からのアクセスやAndroid2.0を搭載したスマートフォンからはhttpsのサイトへのアクセスはできません

ただし、ガラケーはまだしもAndroid2.0を使用している方はほとんどいないと思いますので、そこまで神経質になる必要はないかもしれません。

SSL化の確認方法

サイトがSSL化されますと、ステータスバーの部分に🔓マークがつきます。

この🔓マークがあるかないかでウェブサイトがSSL化されているかどうかの判断が可能です。

当サイトはSSL化済みですので、お使いのブラウザがGoogle ChromeでもFirefoxでもMicrosoft edgeでもこの🔓マークは付きますので、確認してみてください。

サイトをSSL化させよう

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

1.SSL設定を選択しよう

サーバーパネルの赤枠部分「SSL設定」をクリックします。

ssl化1|アフィリエイトの水先案内

2.SSL化させるドメインを選択しよう

SSL化させたいドメインの右側にある「選択する」をクリック。

サイトをSSL化させる手順2|アフィリエイトの水先案内

3.独自SSL設定の追加に切り替えよう

最初に表示される画面は「SSL設定一覧」ですので、赤枠部分「独自SSL設定の追加」をクリックしてタブを切り替えます。

サイトをSSL化させる手順3|アフィリエイトの水先案内

4.独自SSL設定を追加して完了

特に何も触ることなく、赤枠部分の「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックして完了となります。

サイトをSSL化させる手順4|アフィリエイトの水先案内

この時CSR情報はチェックしなくて大丈夫です。エックスサーバーではCSR情報を入力しなくても独自SSL設定を行うことが可能です。

check!※CSR情報とは
サーバIDを申請、および取得するために認証局へ提出する署名リクエストの事です。
SSLを利用する際に必要な電子証明書であるサーバー証明書を発行してもらうために必要な情報となります。
テラステラス

以上完了です!お疲れ様でした!

SSL化はサイトを作成する前に行う

実は、この上記で紹介した「サイトをSSL化する」という作業は必ずサイトを作成する前に行う必要があります。

なぜサイトを作成する前にSSL化させる必要があるのかといいますと、サイトがSSL化の認定を受けるためには、すべてのリンクが「https:~」から始まる必要があります。

SSL化の認定を受けるためにはすべてのページ、および画像のリンクやサイト内リンクに至るまですべて「https://」で統一する必要があるため、初めにSSL化させる方が後から手間がありません。

もしも途中でSSL化を行った場合、「https://affiliate-pilotage/」の中でも初期に作ったページでは「http://~」でリンクが作成され、SSL化を行った以降のページは「https://~」でリンク作成されてしまいます。

アオイノからの一言

私もそのことを知らずにサイトを後からSSL化させた経験があるので言えるのですが、画像や内部リンクをすべて変更するのはかなり大変です。

 

Search Regexというプラグインを使用することですべてのリンクを変更することができるのですが、プラグインを使用しただけでうまくいく、ということはありませんでした。

 

結局解決するのに半日を要して何とか解決することはできましたが、初めからしっかりと設定していれば起きることのない問題だったため、すごくむなしい気分でした。

ウカブウカブ

結局原因は何だったの?

テラステラス

TOP画像のリンクがhttp:から始まっていたのが原因らしいわよ

WordPressでサイトをSSL化させる

多くの方に利用されているWordPressでサイトをSSL化させる場合は1点だけ注意があります。

それはサイトをSSL化させてもWordPressで設定しない限り反映されないということです。

サーバーにWordPressをインストールできたら、通常はWordPressをすぐ使うことが可能ですが、サイトをSSL化した場合はWordPress側で設定する必要があります。

もし、サイトを作成する前にSSL化したのにも関わらず、WordPressで設定を行わずにサイトを作り上げてしまった場合、https://から始まるURLを入力してもサイトが表示されないという事態に陥ってしまいます。

せっかく作り上げたサイトがユーザーに閲覧してもらうことができなければ意味がありませんので、しっかりとWordPressでSSL化の設定を行うようにしましょう。

WordPressで行うSSL化の設定

1.まずは設定から一般設定をクリック

まずは赤枠部分の「設定 > 一般」をクリックします。

独自ドメイン1|アフィリエイトの水先案内

すると、自動的に「一般」の項目が太字になり、メイン画面に表示されます。

2.サイトアドレスの欄に設定した独自ドメインを入力

まず赤枠部分「WordPressアドレス(URL)」の項目に、先ほど設定した独自ドメインを入力します。

続いて下の赤枠部分「サイトアドレス(URL)」という項目があると思いますので、同様に独自ドメインを入力しましょう。

独自ドメイン設定2|アフィリエイトの水先案内

point!SSL化した場合には、「http://~」から始まっているURLに「https://~」という具合に「s」をつけるだけで構いません。
例をあげてみると?

つまり、当サイトの場合ですと、

元々「http://affiliate.pilotage.com/」の状態を

「https://affiliate.pilotage.com/」に変更する

ということです。

3.下へスクロールして「変更を保存」をクリック

このままページを離れてしまうと、入力した内容が保存されませんので、変更を保存します。

ページの一番下へと移動してください。スクロールバーを下にドラッグすることでスクロールすることが可能です。

すると赤枠部分「変更を保存」というボタンが出てきますので、これをクリックしましょう。

独自ドメイン設定3|アフィリエイトの水先案内

以上でWordPress側での独自ドメインの設定が完了です。

ウカブウカブ

お疲れさまでした!

まとめ

SSL化はいまでこそ、まだGoogleからの検索順位にもそこまで差があるとは言われておりませんが、今後必ずSSL化されたサイトの検索順位が高く表示されることは目に見えています。

たとえ、サイトでクレジットカードの入力などがないサイトを運営していたとしても、必須となる日はすぐそこまで迫っておりますので、必ずウェブサイトを作成する前にSSL化を行うようにしましょう。

WordPressでのSSL化の設定は新しくサイトを作成する際に必ず設定しなければなりません。

しかし、一度設定してしまえばサイトを運営する上で触ることはほとんどないでしょう。

WordPressでのSSL化の手順を覚える必要はありませんが、ホームページを新たに作った際には設定しなければならない、ということを覚えておく必要があるでしょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • SSL化はサイトを見に来てくれたユーザーに対して安全なサイトであることを証明する
  • SSL化させることでセキュリティ対策はもちろん、ページが高速で表示される、SEO対策で有利になるなどメリットがたくさんある
  • エックスサーバーでは無料でSSL化できるので、必ずサイトを作成する場合はSSL化を行う
  • サイトをSSL化を後から変更するのはとても大変なので、サイトのSSL化は必ずWordPressをインストールしてすぐに行う。