SEO対策における失敗-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

SEO対策における失敗について考えていきたいと思います。

SEO対策における失敗は「途中であきらめる」ことと「上位に表示させることにこだわりすぎる」ことではないかと考えています。

また、少々根本的な問題ではありますが「間違ったSEO対策を行う」こともSEO対策の失敗の1つともいえるでしょう。

インターネットが発達した現在では、サイトを見てもらう方法は検索だけではありません。

検索からのサイトの閲覧がすべてと考えるのはやめましょう。

この記事で伝えたいこと
  • 結果が出る前に途中であきらめることがSEO対策でもっともよくある要因のひとつ
  • 必ずしも1位を取る必要はない、ということを頭に入れておこう
  • 間違ったSEO対策を行っていた場合は、結果も出ない上にGoogleからも嫌われる可能性がある

SEO対策で失敗する3つの理由

今回はSEO対策を行う中で、代表的な3つの事例について紹介していきます。

過去にSEO対策を行ったことがある方で、諦めたことがある場合は、自分が失敗してしまった理由をもう一度考えてみるとよいでしょう。

途中で諦めてしまう

SEOで失敗してしまう理由の1つに、効果が反映される前にSEO対策をあきらめてしまうということがあります。

せっかくSEO対策を行ったのに、検索エンジンが評価を行う前に「効果がないから」と諦めて元に戻してしまうと、上位に表示できたものを逃してしまうかもしれません。

テラステラス

SEO対策をあきらめる理由で一番多いのが「途中であきらめること」です

SEO対策を諦めないようにするためには

SEO対策の根本を考えることが大切です。

SEO対策は成果が表れるのに、非常に時間が掛かります。

以前も紹介いたしましたが、SEO対策の効果が表れるには通常、4カ月~1年程度の期間が必要であることもGoogleは発表しております。

成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4カ月から 1 年かかります。

※引用元:SEO が必要なケース – Search Console ヘルプ

そのため、SEO対策を施す場合は、短期的な計画ではなく、中長期的な計画でサイトを改善していくことが大切です。

SEO対策は初めから成果を図るには時間がかかるモノ、と認識しておきましょう。

ウカブウカブ

それでも早く成果がでないかな~って期待するんだよね。

テラステラス

うん…。まぁそれはすごくわかるけどね。

上位表示にこだわりすぎる

今一度、SEO対策を行う本当の理由を考えてみてください。

例をあげてみると?

「特定のキーワードで1位を獲ること」が目標であれば、1位を獲ることに固執しても構いませんが、多くの場合はそのサイトのアクセス数や収入を伸ばすことが目標ではないでしょうか。

SEOは「検索エンジン最適化」ですので、あなたのサイトを上位に表示させることが目的です。

しかし、SEOを行った結果、検索順位があがったとしても収入やアクセス数に影響することはないかもしれません。

ただでさえSEO対策は時間が掛かることですので「時間をかけて特定のキーワードで1位を獲れた!」場合でも、売り上げやアクセス数は変わらなかった、では笑い話にもなりません。

順位に固執しないためには

SNS(ソーシャルネットワークサービス)が発達した今では、検索エンジン以外にもあなたのサイトを見てもらう方法がたくさんあります。

TwitterやFacebookといったSNSでの集客方法を検討するようにして、検索エンジンがすべて、という考え方はやめましょう。

間違ったSEO対策を行っている

そもそも根本的な問題ですが、間違ったSEO対策を行っている場合もあります。

SEOの業界は非常に流行が早く、昨日まで当たり前だったことが今日には通用しなくなってしまう場合や、逆に昨日まではやってはいけなかったことが、今日からはOKとなる場合が多々あります。

流行に乗ったSEO対策は流行り廃りが早いですので、SEO対策の基本となる「ユーザーの役に立つサイトを作成する」ということを第一にSEO対策を行うようにしましょう。

テラステラス

間違ったSEO対策を行っていると、取り返しがつかなくなることがありますので、決断はお早めに

まとめ

SEOは時間をかけることで何度も上位に表示させるチャンスを作ることができます。

しかしながら、上位に表示できたからと言って効果がなければ意味がありません。

集客ができていても収益が上がらなければ、それはSEO対策ではなく、別の部分に問題があるでしょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • SEO対策でも失敗することがあるということを認識しておこう。
  • たとえSEO対策で1度失敗しても、時間をかけることで何度もチャンスを作り出すことができるので、まずはあきらめないことが大切。