SEO対策における失敗-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

SEO対策における失敗について考えていきたいと思います。

SEO対策における失敗は大まかに分けて2種類あり、「間違ったSEO対策を行う」ことで引き起こされる失敗と「あなた自身の心理」から引き起こされる失敗の2つがあります。

「間違ったSEO対策」を行っている場合は正しいSEO対策を行うことで軌道の修正が可能ですが、「あなた自身の心理」で引き起こされるSEO対策の失敗はSEO対策の本質を知る必要があります。

ぜひともSEO対策における失敗をしっかりと学んでおくことで、いつまでたってもアフィリエイトで稼ぐことができない状態に陥らないようにしましょう。

この記事で伝えたいこと
  • 結果が出る前に途中であきらめることがSEO対策でもっともよくある要因のひとつ
  • 必ずしも1位を取る必要はない、ということを頭に入れておこう
  • 間違ったSEO対策を行っていた場合は、結果も出ない上にGoogleからも嫌われる可能性がある

間違ったSEO対策を行っている場合

間違ったSEO対策を行っている場合、基本的には間違っている部分をしっかりと軌道修正することで成果が表れてきます。

SEOの業界は非常に流行が早く、昨日まで当たり前だったことが今日には通用しなくなってしまう場合や、逆に昨日まではやってはいけなかったことが、今日からはOKとなる場合が多々あります。

流行に乗ったSEO対策は流行り廃りが早いですので、SEO対策の基本となる「ユーザーの役に立つサイトを作成する」ということを第一にSEO対策を行うようにしましょう。

テラステラス

間違ったSEO対策を行っていると、取り返しがつかなくなることがありますので、決断はお早めに

以下では、間違ったSEO対策になりやすい原因を紹介していきます。

ガイドラインに反したSEO対策を行っている

Googleは私たちサイト運営者に対して、Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)を掲示しています。

代表的なガイドラインに反する手法として以下のものが挙げられます。

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

参考:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

端的に言うと、検索の上位に表示させるためには「スパム行為」や「他人に危害を与える行為」をしてはいけませんということを掲げています。

SEO対策におけるスパム行為に関しましては、下記のリンクをご覧ください。スパム行為を行ってしまった場合のペナルティについても紹介しております。

個人でSEO対策を行うときに気をつけたいスパムの種類とは

ガイドラインに反したSEO対策を行ってはいけない理由

注意喚起
ユーザー第一主義の理念に反する

検索エンジンは、常にユーザーの役に立つコンテンツを提供することが一番の目標です。

常にユーザーの求めている回答を表示しなければなりません。

例をあげてみると?

スパム行為をしたサイトは上位に表示されたとしても、スパム行為のおかげで上位に表示されています。

当然スパム行為をしたサイトは、ユーザーが検索したキーワードに対して適切な回答を持っているサイトだとは到底思えませんよね。

スパム行為を行うことは常にユーザー第一主義の検索エンジンの考え方に反してしまうため「ペナルティを受けてしかるべきである」ということになります。

全員が公平な立場で競うという理念に反する
例をあげてみると?

Googleの社員の作ったサイトは優先的にGoogleの検索エンジンのサイトで上位に表示できるサイトだった場合、あなたはどう思いますか?

もちろんGoogleが上記の不正を見過ごすことはあり得ませんが、もし本当にできた場合「身内へのひいきだ」と感じますよね?

検索エンジンは、常にどのサイトに対しても公平で公正な立場でサイトを判断する必要があります。

サイトの運用歴が長くなれば長くなるほどSEOの力は強くなっていきます。

しかし、さらに便利なサイトやそのサイトでしか手に入れることができない独自の情報が書かれたサイトが新たに登場した場合、順位は下がってしまいます。

検索エンジンは常にユーザーのために役立つことが一番の目的ですので当然と言えば当然ですね。

ウカブウカブ

とにかく検索エンジンの理念に反したらペナルティを受けることがあるってことだね!

上位を狙うキーワードが不明瞭

SEO対策の中でも非常に重要な役割をになっているのが「キーワード」です。

しかし、肝心のキーワードがどのキーワードで検索されたときに、ページを上位に表示させたいのかが明確になっていないと、なかなか上位に表示させることは難しいです。

また、キーワードとコンテンツの内容がしっかりとかみ合っていない場合、Googleはコンテンツの内容を判断して、意図的に順位を操作することがあります。

しっかりとしたコンテンツの上に、あなたが上位に表示させたいキーワードを見出しとなるh1やtitleに設定することが大切です。

さらに、もう少し深くキーワードについて考えるのであれば、ユーザーが「なぜそのキーワードを検索したのか」という検索意図も考えてみるとよいでしょう。

検索意図が分かれば、ユーザーが欲している情報を正確に提供できますので、キーワードだけではなく検索意図も考えながらキーワードの選定ができると、さらに上位に表示されやすくなるでしょう。

コンテンツが不足している

現在のSEO対策はコンテンツSEOと揶揄されているほど、コンテンツの内容に比重が置かれています。

そのため、上位に表示させたいキーワードで検索した場合に、競合となるサイトと自分のサイトを比べて明らかにコンテンツが薄い場合は、あらゆるSEO対策を行ったとしても上位に表示させることは難しいといえるでしょう。

なぜなら、Googleはユーザーの役に立つサイトを上位に表示させたいと考えているからですね。

また、引用ばかりでコンテンツが埋め尽くされている記事などはオリジナルのコンテンツとしてみなされないため、該当のページだけでなくサイト全体の評価が下がる可能性が高いです。

コンテンツ不足によるSEO対策の失敗はまず避けておきたい理由の一つとして挙げられるでしょう。

コンテンツが不足している場合の対策

コンテンツが不足している場合の対策は、単純に競合となるサイトよりも役立つコンテンツを発信しましょう。

ユーザーのために十分役立つコンテンツかどうかを判断するのはあなたではありません。

あくまでもコンテンツが良質であるかどうかを判断するのは、Googleであり、サイトに訪れてくれたユーザーです。

自分がどれだけ頑張ったかは関係ないので、そこをはき違えないようにしましょう。

内部対策ができていない

SEO対策について調べていると、一度は「内部対策」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

内部対策とは、一言で言うと「Googleに認識してもらいやすくする行動」です。

内部対策をしっかり行わないと、作成したサイトがGoogleに最大限評価されないことがあります。

内部対策は基本的に一人でできる対策が多いので、サイトを作成したら必ず行うようにしましょう。

主な内部対策は以下のものです。

  • タイトルや見出しにキーワードを設定する
  • パンくずリストを設置する
  • 画像の代替テキストを設定する
  • サイトのモバイルフレンドリー化する

その他の内部対策に関しましては、下記のリンクで詳しく解説しております。

【初心者用】SEO対策で最重要な内部対策を行っていこう

以上が間違ったSEO対策を行っていた場合に失敗する原因です。

心理的要因からSEO対策で失敗する場合

ここからは間違ったSEO対策ではなく、心理的要因によって引き起こされるSEO対策における失敗の原因について考えていきましょう。

途中で諦めてしまう

SEOで失敗してしまう理由の1つに、効果が反映される前にSEO対策をあきらめてしまうということがあります。

せっかくSEO対策を行ったのに、検索エンジンが評価を行う前に「効果がないから」と諦めて元に戻してしまうと、上位に表示できたものを逃してしまうかもしれません。

SEO対策を行う場合、非常に長期的なスパンで計画していくことが大切です。

サイト作成時からSEO対策を行っている人は半年後に結果が表れてきます。

サイト作成と同時にSEO対策も行っていけるため、非常に効率的かつサイトを作成するのでモチベーションが高く途中であきらめることは少ないです。

しかし、サイト作成時からSEO対策を行っていない場合は結果が表れません。

なんとか軌道修正ができれば収益を上げていくことも可能ですが、どうしても時間が掛かってしまいますし、途中であきらめてしまいたくもなります。

テラステラス

SEO対策をあきらめる理由で一番多いのが「途中であきらめること」です

SEO対策を諦めないようにするためには

SEO対策の根本を考えることが大切です。

SEO対策は成果が表れるのに、非常に時間が掛かります。

以前も紹介いたしましたが、SEO対策の効果が表れるには通常4カ月~1年程度の期間が必要であることもGoogleは発表しております。

成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4カ月から 1 年かかります。

※引用元:SEO が必要なケース – Search Console ヘルプ

そのため、SEO対策を施す場合は短期的な計画ではなく、中長期的な計画でサイトを改善していくことが大切です。

SEO対策は初めから成果を図るには時間がかかるモノ、と認識しておきましょう。

ウカブウカブ

それでも早く成果がでないかな~って期待するんだよね。

テラステラス

うん…。まぁそれはすごくわかるけどね。

上位表示にこだわりすぎる

今一度、SEO対策を行う本当の理由を考えてみてください。

例をあげてみると?

「特定のキーワードで1位を獲ること」が目標であれば、1位を獲ることに固執しても構いませんが、多くの場合はそのサイトのアクセス数や収入を伸ばすことが目標ではないでしょうか。

SEOは「検索エンジン最適化」ですので、あなたのサイトを上位に表示させることが目的です。

しかし、SEOを行った結果、検索順位があがったとしても収入やアクセス数に影響することはないかもしれません。

ただでさえSEO対策は時間が掛かることですので「時間をかけて特定のキーワードで1位を獲れた!」場合でも、売り上げやアクセス数は変わらなかった、では笑い話にもなりません。

順位が2位でも収益を上げているサイトはたくさんあります。

上位表示にこだわりすぎると、ほかのことまで手が回らない状態になりやすいので「こだわりすぎない」ことも大切です。

順位に固執しないためには

SNS(ソーシャルネットワークサービス)が発達した今では、検索エンジン以外にもあなたのサイトを見てもらう方法がたくさんあります。

TwitterやFacebookといったSNSでの集客方法を検討するようにして、検索エンジンがすべて、という考え方はやめましょう。

まとめ

SEO対策における2種類の失敗について紹介してきました。

間違ったSEO対策を行っている場合は後からでも十分に軌道修正できますので、時間をかけることで何度も上位に表示させるチャンスを作ることができます。

心理的要因によるSEO対策の失敗は、あなたの気持ち1つです。

「果報は寝て待て」ということわざの通り、SEO対策も常に行う必要はなく、待つことも必要です。

しかしながら、上位に表示できたからと言って効果がなければ意味がありません。

集客ができていても収益が上がらなければ、それはSEO対策ではなくマーケティングに問題があるでしょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • SEO対策の失敗は「間違ったSEO対策を行う」ことと「心理的要因で失敗」する2種類
  • たとえSEO対策で1度失敗しても、時間をかけることで何度もチャンスを作り出すことができる
  • SEO対策の失敗する要因で1番多いのが「諦める」こと。
  • SEO対策で上位に表示できたとしても、成約につながらずにお金にならないと失敗になり得る