ショートカットキーとタッチタイピングについて-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

この記事では、アフィリエイトを行う上で便利な「タッチタイピング」の練習方法についてと「ショートカットキー」について解説しております。

「ショートカットキー」は使えば使うほど覚えていきますので、積極的に使用するようにするとよいでしょう。

この記事で伝えたいこと
  • タッチタイピングのメリットと練習方法「ミカタイプ」を使用する
  • ショートカットキーを覚えると作業の効率化につながる

タッチタイピングとは

パソコンやワープロなどのようなキーボードを使用して文字を入力する際に、手元を見ずに文字を入力する技術のことです。

ブラインドタッチやタッチメソッドとも呼ばれています。

point!昔からキーボードを見ないで入力することはブラインドタッチと言われていました。
しかし、この「ブラインド」という言葉が、近年になって差別用語になるのではないか、という理由から「タッチタイピング」という言葉が使用されるようになってきました。
ウカブウカブ

タッチタイピングができる人ってちょっと憧れるよね~

タッチタイピングのメリット

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

早く入力できるようになる

タッチタイピングを習得することで、キーボードを見なくても入力することができます。

そのため、キーボードを見るという動作がなくなりますので、当然パソコンに入力する速度は速くなります。

ミスにも早く気付ける

キーボードを見ながら入力していた場合に、誤ってキーを同時に2つ押してしまった場合、かなり後になってミスに気付くという経験はありませんか?

タッチタイピングを行っている場合、目線は常に画面に向かっていますので、もし入力ミスをしてもすぐに気づくことができます。

また、慣れてくると、指先の感覚で「あ、今うちミスをしたな」と画面に入力される前に気付くこともあります。

キーボードにも基本位置がある

実は普段私たちがパソコンに入力するためのキーボードには基本の位置というものがあります。

当然、人によって好みはあるのですが、まずはこの基本のキーボード位置から習得するようにしましょう。

アオイノからの一言

実は私のキーボードの打ち方は非常に特殊です。実際に一度友人にタッチタイピングを見てもらった際に「なぜそれで打てるのかわからない」と驚愕されました。

タッチタイピングを練習しよう

アフィリエイトを行っていくうえで、タッチタイピングを身につけていない方は、記事を書くのと同時に練習していきましょう。

まだ記事を書く段階ではない方は、まずパソコンをつけたら5分程度タッチタイピングの練習をすると、1ヶ月後には自然とタッチタイピングが身についていると思います。

また練習にはミカタイプというソフトがありますのでこちらをダウンロードしてください。

リンク:http://sun.ac.jp/prof/hnagano/mikatype/mika.html

目標としては、1分間に200文字程度が打てるようになれば、タッチタイピングとして十分なレベルにあると言えるでしょう。

続いて覚えると便利なショートカットキーやパソコンの動作です。

ショートカットキーを覚えよう

ショートカットキー

1.覚えておくと便利なマウスホイールの動作

コントロールキーを押しながらマウスホイールを回転させることで、画面の拡大と縮小ができます。

また、コントロール+0(ゼロ)を同時に押すことで拡大や縮小する前の画面の大きさに戻すことも可能です。

リンクをホイールクリックしてみてください。新しいタブで開かれます。

check!※ホイールクリックとは
実はマウスのホイールはボタンのようになっていて、クリックができます。
ただしホイールクリックは造語ですので、当サイトを読んでいない人に言っても全く通じませんの注意してください

サンプルリンク:https://www.google.co.jp/

また、開いたタブにマウスカーソルをもっていってホイールクリックをしてみてください。(赤枠の部分でホイールクリック!)

タブとはどれかを解説

タブが閉じられます。

2.ブラウザ上で使える!覚えておくと便利なショートカットキー

ctrl(コントロール)キー+Wキー
タブを閉じる

ctrl(コントロール)キー+Tキー
タブを新規で開く

ctrl(コントロール)キー+PgUpキー
または
ctrl(コントロール)キー+shift(シフト)キー+tabキー
左のタブへ移動

ctrl(コントロール)キー+PgDnキー
または
ctrl(コントロール)キー+tabキー
右のタブへ移動

ctrl(コントロール)キー+shift(シフト)キー+Tキー
直前に閉じたタブを元に戻す

ctrl(コントロール)キー+shift(シフト)キー+Pキー
プライベートブラウザを表示

ウカブウカブ

ショートカットキーが使える人ってすごく仕事ができそうだよね

3.ファイル操作で使える!覚えておくと便利なショートカットキー

ファイルを選択してF2キー
名前の変更ができる

ctrl(コントロール)キー+shift(シフト)キー+Nキー
新しいフォルダを作成

対象を選択してctrl(コントロール)キー+Xキー
切り取り

対象を選択してctrl(コントロール)キー+Cキー
コピー

ctrl(コントロール)キー+Vキー
貼り付け

ctrl(コントロール)キー+Zキー
元に戻す

Windowsキー+tabキー
仮想ディスプレイ作成(Windows10限定)

ctrl(コントロール)キー+Windowsキー+→キー(または←キー)
仮想ディスプレイ移動(Windows10限定)

Windowsキー+→キー(または←キー)
画面の分割(Windows10限定)

alt(オルト)キー+tabキー
タスク切り替え

テラステラス

ショートカットキーを覚えておくと、パソコンの操作が格段に速くなることは間違いありません!

まとめ

よく使うものはこれぐらいでしょうか。特にWindow10の方向けに作られた仮想ディスプレイはアフィリエイトのみならず、作業をするうえで効率を高めてくれます。

タッチタイピングやショートカットキーは練習することでどんどん上達していきますが、練習しなければ覚えることはできません。

初めのうちは大変だと思いますが、一つひとつ焦らずにアフィリエイトを行う準備をしていきましょう。

今回のまとめ

  • タッチタイピングはキーボードの入力を速度が早くなるので、訓練して身につけよう
  • ショートカットキーは使い続けることで身につくので、常に使う努力をしよう