著作権と引用の使い方について-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

この記事では、アフィリエイトを始める前に知っておきたい著作権の知識について解説しております。

インターネット上で掲載されている文章や画像、動画にはすべて「著作権」があります。

著作権についてしっかり理解していないと、訴えられてしまう可能性もあり得ますので、どのような場合に著作権を侵害しているのか、どのような使い方をすれば著作権侵害に当たらないのか、について理解しておきましょう。

この記事で伝えたいこと
  • 著作権を侵害すると訴えられる可能性がある
  • 著作権を侵害しないためには引用を使用する

著作権とは?

著作権は無体財産権に含まれる知的財産権(知的所有権)の一部であり、無体物を創作した著者がそれを排他的に支配が出来る権利である。 日本の著作権法は、著作物によって生じる著作者の財産権の範囲を定めている。( 著作権法第17条第1項)。
引用:Wikipedia
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8

何やら難しい文字が並んでおりますね~。

かみ砕いて言うと、ブログやサイトの記事、画像、動画などにはそのサイトを作った人に権利があります。これらの記事や画像、動画などを無断で利用した場合、法律で罰せられることがあります、ということです。

著作権を侵害してサイト作成!その場合どうなる?

もし他人のサイトをコピーして作った場合、どうなるのでしょうか。

一時的にはサイトの順位は上昇しますが、Googleの検索エンジンは日々進化しております。
そのため、丸パクリした記事がコピーコンテンツであると認定された時点で、検索結果から表示されなくなっていしまいます。

また、丸パクリしたサイトの管理人に見つかった場合、著作権の侵害で訴えられるかもしれません。

サイト内で匿名やハンドルネームで表示していても、アフィリエイトを行っていれば銀行口座、または契約しているレンタルサーバーやIPアドレスなどから個人は特定されます。

著作権を侵害しないためにも、他人の記事を丸パクリすることはやめましょう。

テラステラス

著作権の侵害は犯罪です!

文章による著作権の侵害を回避するには?

実は他人が書いた(作った)文章をそのまま自分のサイトで表示しても著作権の侵害とはならない方法があります。

それが「引用」です。

引用(いんよう、英語:citation, quotation)とは、広義には、自己のオリジナル作品のなかで他人の著作を副次的に紹介する行為
引用:Wikipedia
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8

まさに上記部分が引用です。

ネット上で引用する場合、明確なルールがありますので、ルールに則って引用を行うようにしてください。

point!

1.自分の記事と引用の記事はしっかりと分ける

2.どこから引用しているのか、サイトのタイトルを明示すること

3.どこから引用しているのか、サイトのURLも明示すること

以上が引用のルールとなっております。

ウカブウカブ

引用することで著作権を回避するとともに、元のサイトをアピールすることもできるんだよね

画像に対する著作権は?

画像の著作権は、著作権の持ち主が訴えない限り著作権侵害にはなりません。

ただしこれは、非常にグレーゾーンです。

例をあげてみると?

あなたが紹介したい商品などが手元にない場合、商品の紹介ページからキャプチャを撮って、商品の紹介をするとします。

 

企業からみると、商品の画像を無断で使用しているので著作権の侵害に当たるのですが、せっかく宣伝をしてもらっているのに「著作権侵害だ!」と訴える必要はないですよね?

このことから、商品の評価やイメージを著しく下げるような使い方をしなければ、暗黙の了解となっております。

もしも著作権侵害として一個人を訴えた場合、その企業の商品について宣伝されることはなくなるでしょうし、社会的なイメージダウンにつながることは間違いありません。

ただ「どうしても気になる」という方は一度、著作権を所持する方に問い合わせてみるとよいでしょう。

ただし、芸能人の写真など、人物が写っているものは除きます。

人物には「肖像権」という権利がありますので、こちらは無断で転載することは、避けたほうが無難でしょう。

point!ジャニーズ事務所などが著作権の侵害に対して厳しいことは有名です。

画像による著作権の問題を回避するには?

避けるイラスト|アフィリエイトの水先案内

ずばり「ASPが提供している画像を使う」です。

有名なのはAmazonですね。

Amazonで表示されている画像の著作権は、すべてAmazonに権利があります。

ですのでAmazonアソシエイトに参加し、表示したい商品のリンクを張り付けることで、芸能人の画像でも表示させることができます。

もちろん、楽天やyahooでも可能ですが、広告主の画像のリンクが変わってしまった場合、画像は表示されなくなってしまいます。

そのため、リンク切れを一番起こしにくいAmazonをおすすめしておりますが、画像を加工してはいけません。

画像を加工することはAmazonアソシエイトの規約に抵触しますので、絶対に行ってはいけません

ウカブウカブ

Amazonアソシエイトの画像を加工してはいけないっと

もし、Amazonアソシエイトの規約に抵触した場合、最悪ですとアカウントの停止が考えられます。

せっかく今まで稼いできたお金がすべて水の泡となってしまいますので、画像の加工は控えましょう。

まとめ

アフィリエイトを行う中で、著作権は避けて通れない部分です。

もし、著作権を侵害してしまった場合、まずは落ち着いて対処しましょう。

画像の著作権については、難しい部分やグレーゾーンの部分もありますが、著作権をしっかりと回避して充実したアフィリエイト生活を行っていきましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 著作権を犯したサイト作りはGoogleに評価されない
  • 著作権は文章だけでなく画像にも存在する
  • 商品を紹介したい場合は暗黙の了解で商品の画像を紹介することができる(ただしグレーゾーン)