WordPressとは?歴史や特徴について-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

ここからはWordPressについて本格的に勉強していきましょう。

今や世界で一番使われているCMSと言われているWordPressですが、WordPressを使っていく前に、WordPressについてしっかり知っておきましょう。

これからホームページを作成する上での相棒となる「WordPress」の歴史などを知っていたとしても、バチは当たらないのではないでしょうか。

この記事で伝えたいこと
  • WordPressとは世界で最も普及したホームページを簡単に作るためのツール
  • WordPressは無料で使用することができ、ホームページの更新作業も簡単
  • 無料で作成されているため、どうしてもセキュリティなどは自分で行う必要がある

WordPressとは?

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

WordPressは、とてもざっくり言いますと「ホームページを簡単に作るための無料ソフト」といえます。

世界で最も使用されているCMSで、様々な有名企業サイトでも頻繁に使用されております。有名どころだとクックパッドなどでしょうか。

check!※CMSとは
Content Management System(コンテンツマネジメントシステム)の略で、webサイトを構成するテキストや画像などを一括で保存や管理をすることで、サイトを簡単に編集することができるソフトウェアを指しています。

WordPressを導入することで、ホームページを構成しているHTMLというコードを一切書くことなくブログやサイトを作ることができます。

また、いまある世界のウェブページの約40%がWordPressで作られているといわれるほどWordPressは普及したソフトです。

ウカブウカブ

WordPressを覚えれば、よくわからないコードとかも覚えることなくサイトが作れるってことだね。

WordPressの正式名称

WとPが大文字の「WordPress」が正式名称です。

「wordpress」や「Wordpress」は正式名称ではありませんので、注意してくださいね。

ちなみに私も正式名称を知る前まではWordpressで表記していたため、もしかしたら正式名称ではない誤表記がある場合があります。どうか許してください。
ウカブウカブ

WordPressの使い方を紹介しているサイトなのにね!

WordPressを構成する要因

WordPressはPHPという言語で構成されています。

そのため、PHPを触ることができる方はWordPressを1から制作することも可能です。(すでにWordPressという便利なツールがあるのにも関わらず、WordPressを1から開発するのかはわかりませんが)

そのため、WordPressのテーマなどを作成する際にも、PHPの知識が必要となる場合があります。

また、ホームページを作るための言語であるHTMLやCSSを使える方も同様にWordPressをカスタムすることができます。

PHPやHTML、CSSが操作できますと、このあと解説するテーマで自由にカスタマイズすることができますので、もしWordPressを最大限に活用していきたいとお考えの場合は、WordPressと一緒に学んでいくことをおすすめいたします。

またPHP自体も、非常に使いやすい言語として人気があり、日本でも人気の言語のひとつです。

将来プログラマーになりたいと思っている方がお見えでしたら、WordPressを学ぶことがいい機会だと思って、一緒にPHPも学んでみてはいかがでしょうか。

すみません。話が反れました。

WordPressの歴史について

WordPressはマット・マレンウェッグ氏とマイク・リトル氏が、当時公開されていたオープンソースのブログツールである「b2」をもとに作られたブログツールでした。

2003年にアメリカで発表された当初は、ブログを書きやすくするために使用するツールの域を出なかったのですが、2003年から2008年の間で現在のWordPressの中核を担っているプラグイン機能や固定ページ、ウィジェットなどの機能が追加されていきました。

またオープンソースであるその拡張性の高さと無料で使用できる利便性の高さから、現在は世界で最も使用されるCMSとして有名になっていきました。

WordPressの特徴

ここではWordPressを導入するメリットとデメリットについて考えていきます。

ウカブウカブ

WordPressにもやっぱりデメリットはあるんだね。

テラステラス

人によってはデメリットにもならないこともあるけどね。

WordPressの魅力

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

無料で使用することができる

WordPressはオープンソースと呼ばれる「誰でも見ることができて、誰でも改変することができるモノ」だからです。

check!※オープンソースとは
オープンソースで開発されたものは、誰でもよりよくしていくことができるため、急速に発展していきます。(例えば、Linuxなどがそうですね。)

そのため、WordPressは「HTMLを知らなくても」「誰でも」「簡単に」「無料で」使うことができるソフトなのです。

HTMLの知識が必要ない

WordPressを使用することで、ホームページを構成するHTMLを学ばなくてもサイトを作成することが可能になります。

専用の画面を操作することにより、記事の書くことや文字の装飾なども簡単に行うことが可能です。

通常だと大変な写真の挿入などもマウスの操作のみで行うことができますので、直感的に操作することができるでしょう。

ただ、HTMLのようなホームページを構成するコードに対する知識があったほうが、カスタマイズや自分が実現したいことを自由に表現できるので、あったほうがいいことは言うまでもありません。

WordPressには標準でビジュアルビューとテキストビューという機能が備わっており、ビジュアルビューではブログ感覚で、テキストビューではコーディングを行うかの感覚で作業を進めることが可能です。

更新作業が簡単でファイルのアップロードが必要ない

HTMLでサイトを作成する場合は、更新作業を行うたびにFTPソフトを用いてファイルをアップロードする必要があります。

check!※FTPソフトとは
File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)の略で、ファイルを転送する際に私たちが普段使っているパソコンとサーバーをつなげる役割を果たすソフトのこと。

しかしながら、WordPressではブラウザ上で完結するブログツールのため、ファイルなどをアップロードする必要がありません

インターネットブラウザさえつながれば、いつどこでも更新作業を行うことができますので、HTMLでサイトを作成する場合と比べても、お手軽です。

また、現在はスマートフォンやタブレットの専用アプリも開発されたため、スマートフォンからの更新も今まで以上に簡単になりました。

ウカブウカブ

いつでも、どこでも、どの端末でも操作できるのは魅力だよね。

テンプレートが豊富

WordPressではテンプレートという概念の存在から、「テーマ」を導入することで1クリックできれいなデザインのホームページができてしまいます。

テーマテンプレートには無料のものから有料のものまでさまざまな種類があり、さらに日本製のものもあれば海外製のものもあるため迷ってしまいます。

ウカブウカブ

テーマってたくさんあるから迷っちゃうんだよね。

テラステラス

初めてテーマを選ぶなら日本製のもののほうがいいわよ!

日本製のテーマを選んだほうがよい理由
マニュアルが日本語

海外製のテーマを使用した場合、マニュアルも外国語で書かれているため解決できない、という事態に陥る可能性があります。(もちろん、外国語が話せる場合は積極的に活用しましょう)

解決策がサイトに掲載されていることも

日本製のテーマであれば、そのテーマを使っている方が解決策をサイトで紹介していたり、どうしても解決できなければ直接作者の方に聞いたり、と様々な選択肢があります。

日本人が作ったテーマは本当に詳しく解説してくれていますので、わかりやすいかと思います。

日本人の好みのデザインになっている

日本人が作っているテーマですので、やはりデザインでも日本人好みになっていることは多いです。

海外製のテーマだと、どうしても「ここをこうしたいのに!」とか「ここが変更できない理由はなぜ?」と不都合が生じてしまう可能性もあります。

プラグインで機能拡張できる

WordPress最大の特徴といっても過言ではないのがプラグインによる機能の拡張です。

例えばですがお問い合わせページなどはHTMLで作成しようとすると、メールサーバーやPHPも活用しないといけませんので、1から作成すると大変なのですが、WordPressではプラグイン1つを導入するだけで、簡単に実現することができます。

ウカブウカブ

うーん。なんかいまいちピンとこないんだけど。

テラステラス

もっとわかりやすいもので説明するわね!

さらに分かりやすい例でいくと、このぺージの上部にも表示されている「目次」です。

目次|アフィリエイトの水先案内

この目次は自動で表示されています。

プラグインには大まかに分けると、「日々のWordPressの更新業務を楽にしてくれるプラグイン」と、目次を自動で作ったり、お問い合わせフォームを簡単に作り上げることができるといった「実際のサイト運営に役立つプラグイン」の2種類があります。

ただし、「便利だから」「使いやすいから」といってたくさんプラグインを入れすぎてしまっても、サイトが遅くなる原因になりますので、本当に使用するのか見極めながら、プラグインを使用するようにしてください。

プラグインに関しましては、下記のリンクで詳しく解説しております。

プラグインとは?実は2つの種類に分けられます

情報がたくさん提供されている

WordPressは世界で最も使用されているCMSであり、もちろん日本でも使っている人は多いです。

そのため、当サイトのようにWordPressに関する情報に関しては、インターネットで検索すれば山のように出てきます。

また、WordPressに関する本も非常にたくさんありますので、WordPressを学ぶ場合に「情報が少なすぎて困る」ということで悩むことはないでしょう。

さらに、全国でWordPressを使いこなすための教室が随時開催されておりますので、もしも「困った」という場合にも教室に参加することで疑問が解決できる可能性が高いです。

検索エンジンに強い

WordPressは検索エンジンに好まれやすいサイトを作る、と言われております。

SEO対策のためにHTMLでサイトを作成する場合は作り込むことが大変な部分も、WordPressでは簡単に実現できたり、最初から組み込まれていたり、と苦労することがありません。

ただし、WordPressを導入したからと言って勝手に検索順位が上がることはありません。最終的に大切なことは、いかに良質な記事が書けているかどうか、ということになります。

複数人で管理できる

WordPressはユーザーの機能があるので、複数人で管理することもできます。

サイトを作るときに、それぞれのユーザーに対して特定の権限を与える、という使い方もできますので、チームでサイトを作るときなどは非常に役に立ちます。

WordPressの難点

デメリットについて|アフィリエイトの水先案内

カスタマイズには専門知識が必要

WordPressはどうしてもテーマによって変更できる範囲が限られてしまいますので、本格的にカスタマイズしようとするとHTMLやCSS、PHPなどの知識が必要となってきます。

万が一、デザインなどが崩れてしまった場合にも、自己責任になってしまいますので、必ずバックアップを取っておくなどの工夫が必要になります。

独力で解決

基本的にWordPressで起きた問題は、基本的にはすべて自分の力で解決していかなければなりません

ただし、どうしても解決できないことが合った場合は全国で開催されているWordPressの教室に参加することで解決できる可能性もあります。

ウカブウカブ

初心者には辛い・・・。

費用が掛かる

WordPressを導入するには、どうしてもwebサーバーとデータベースが必要になります。

check!※データベースとは
サーバーの中に設定することができるデータの集まった箱のようなもの。
エクセルような表になっているものを想像してもらうとわかりやすいかもしれません。

そのため、WordPressを導入するためにはレンタルサーバーの月額代金とドメイン取得のための年間費用で15,000円程度かかってしまいます。

WordPress自体は無料で使用することができますが、WordPressのテーマやサーバーに費用が掛かってしまうのが痛いところかもしれません。

サーバーへ設置が大変

エックスサーバーでサーバーを契約した場合、WordPressのインストールを1クリックで行ってくれますので、簡単です。

しかし、インストールをすべて手作業でサーバーへ設置するのは、サーバーやデーターベースに対して、ある程度の知識が必要となります。

そのため、レンタルサーバーによってはWordPressを自分でインストールしなければならない可能性もあります。

エックスサーバーでWordPressをインストールする方法は下記のリンクで詳しく解説しております。

エックスサーバーでのWordPressのインストール

表示が遅い

WordPressはPHPで作られているため、動的に作られたページです。

そのため、HTMLで作られた静的なページと比べると、どうしてもページの表示速度などで遅くなってしまいがちですので、しっかりと対策を行う必要があります。

check!※動的ページとは
動的ページは内部でプログラムが動いているために、表示される内容が変わります。

例えばですが、ショッピングサイトでカートに商品を入れた場合、ショッピングカートの中身に追加した商品が増えますよね?

ショッピングカートは動的ページによって作られていますので、表示される内容が私たちの操作によって変わっていきます。

これに対して静的ページは内部にプログラムないので、常に表示される内容は変わりません。
いついかなる時にもHTMLファイルが存在する限り静的ページは同じものを提供し続けています。

そのため静的ページで作られたホームページよりも動きが遅くなってしまいます。

SEO対策はどこまでも細かい設定

WordPressではプラグインによる機能の拡張が可能です。

そのため、SEO対策としてどこまでも細かく設定を行うことができます。

SEO対策に関する知識があると非常に強力なのですが、あまりにも細かいところまで設定できすぎてしまいますので、デメリットとなりえる可能性もあると考えて、あえて言わせていただきました。

データをバックアップしておく必要がある

WordPressはセキュリティ面や機能性の向上、バグの修正などのために、WordPress本体を常に最新の状態に保つ必要があります。

iPhoneやAndroidのOSのアップデートと似ていますね。

WordPressの更新は自動で更新することができるのですが、インターネットがつながっていないと更新できないことや、たまにですがエラーが発生してサイトが壊れてしまうことがあります

そのためWordPressのデータのバックを常にしておく必要があります。

更新の手間に加えて、バックアップも必要というのは難点の1つといえるでしょう。

不正アクセス対策

WordPressでは、不正なアクセスなどの対策も自分で行わなければなりません。

しかし、こちらはプラグインを導入することで、かなりの部分を解決することができますので、WordPressをインストールしたら、忘れずに不正アクセス対策用のプラグインを導入しておきましょう。

まとめ

WordPressをはまだできて20年にも満たないツールですが、世界中で圧倒的に支持を得ています。
この圧倒的に支持を得ているということから、いかにWordPressが使いやすいものであるかがわかるのではないでしょうか。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • WordPressは世界で一番利用されているCMSであり、無料で導入することができる。
  • WordPressにはメリットもあればデメリットもあるが、サイトを作成する場合は非常に強力なツールである。