WordPressを使ってアフィリエイトを始めるやり方|アフィリエイトの水先案内

「アフィリエイトはWordPressを使いましょう。」

今やGoogleで「アフィリエイト」について調べていくと、ほとんどのブログやサイトで書かれています。

WordPressは慣れてしまえば非常に簡単にきれいなブログやサイトを制作できる優れモノですが、使いこなせるまでには時間が掛かります。

アオイノからの一言

ちなみに私は独学でWordPressを勉強したので5カ月ほどかかりました。

今回はこれから「WordPressを使ってアフィリエイトを始めよう」と考えている初心者の方に向けて、サイトの作成するまでの手順や費用について紹介しております。

WordPressを始めるのに必要なモノ

WordPressでアフィリエイトを始めるにあたって絶対に必要となるものは次の2つです。

WordPressに必要なモノ
  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン

この2つがないとWordPressでアフィリエイトを始めることはできません。

レンタルサーバー

サーバーイラスト|アフィリエイトの水先案内

レンタルサーバーとはWordPressをインターネット上に公開するために必要な場所を提供してくれます。

実はインターネット上に公開するために必要なサーバーは自分で作成することも可能ですが、セキュリティの問題や安定してサーバーを稼働させることが難しいなどからサーバーをレンタルしたほうが無難です。

ウカブウカブ

無料でできるなら頑張ってサーバーを自分で作る!

テラステラス

自分でサーバーを立てると一日中パソコンを稼働させる必要があるから電気代がすごくかかるわよ。

レンタルであれば手間もありませんし、アフィリエイトに集中できますので絶対にサーバーはレンタルしましょう。

レンタルサーバーにはたくさん種類がありますが、サーバーを選ぶ際には「安定したサーバー」で「サーバーの設定画面がわかりやすいサービス」を選択するとよいでしょう。

アフィリエイトを始めたばかりの人にとっておすすめのサーバーは、下記のリンクで紹介しています。

レンタルサーバーとは?おすすめのレンタルサーバーを紹介!

アオイノからの一言

当サイトでは「エックスサーバー」をおすすめしています!

独自ドメイン

ドメインとはwebサイトの住所を表します。

例をあげてみると?

皆さんご存じのYahoo!の場合は「yahoo.co.jp」がドメインです。

そして自分自身で取得する世界に一つだけのドメインのことを「独自ドメイン」と呼びます。

ドメインの名前はこれから作成していくサイトと関連性のある名前の方が、検索順位も上がりやすくなります。

ドメインを取得する場合は、どのような名前にするのかしっかりと考えて取得するようにしてください。

下記でおすすめのドメイン会社について解説しております。

おすすめのドメイン会社とドメイン取得時の注意点

WordPressにかかる費用

続いてWordPressを運用するにあたって必要な費用について知っておきましょう。

WordPressをアフィリエイトで使用する場合、ざっくりと年間で12,000円程度かかると思っておいてください。

主な内訳は下記のようになります。

WordPressにかかる費用
  • レンタルサーバー代:10,800円
  • 独自ドメイン代:1,200円

契約するレンタルサーバーや取得する独自ドメインの種類によって多少の誤差はありますが、サーバー代とドメイン代で15,000円を見積もっておけば十分です。

WordPressを使ったアフィリエイトを始め方

ここからは実際にWordPressを使ったアフィリエイトの始め方について解説していきます。

全てのことを1日でやろうとすると、次の日からアフィリエイトをやろうという気分にならなくなってしまいます。

初めのうちは「アフィリエイトに対するモチベーションが高い」ので、どんどん次のことをやりたい気持ちになっていくと思いますが、アフィリエイトを続けていくためにはあまり一気にやりすぎないようにすることも大切です。

レンタルサーバーを契約する

契約するイラスト|アフィリエイトの水先案内

まずはレンタルサーバーを契約しましょう。

おすすめのレンタルサーバーはエックスサーバーです。

エックスサーバーは国内シェアがNo.1で非常に高い安定稼働率を誇ります。

時期にもよりますが、サーバーを契約するとドメインを1つプレゼントしてくれるキャンペーンもありますので、必ずドメインがプレゼントしてもらえるかどうかを確認したうえで、申し込みしましょう。

エックスサーバーではこの後説明するWordPressを1クリックでインストールできますので、非常におすすめです。

エックスサーバーでサーバーを契約する場合は下記のリンクを図解で解説しております。

エックスサーバーの契約とキャンペーンドメインの取得

ドメインを取得する

ドメインのイラスト|アフィリエイトの水先案内

サーバーを契約したら続いてはドメインを取得します。

ドメインは基本的にどこの会社でもよいですが、エックスサーバーで契約した場合はエックスドメインで取得すると、この後の「サーバーとドメインを紐づけする」必要がなくなります。

ドメインの種類はどれを選んでも稼げるかどうかは変わりません。好きなモノを選びましょう。

ドメインを取得する場合のおすすめは「.com」か「.net」のどちらかです。

取得費用を安く抑えておきたい場合は「.xyz」や「.info」などでも構いませんが、一番ポピュラーな「.com」か「.net」を選んでおけば間違いないでしょう。

サーバーとドメインを紐づけする

ドメインまで取得できれば、WordPressを使用するまであと一歩です。

サーバーとドメインを紐づけないと、サイトが表示されません。

ただし、エックスサーバーで契約してエックスドメインでドメインを取得した場合に限り、ドメイン側の設定は必要ありません。

サーバー側でのみ設定を行えば、ドメインが使用できるようになります。

エックスドメインとエックスサーバーの連携方法に関しましては、下記のリンクで図解で解説しております。

エックスドメインの契約とエックスサーバーとの連携

ウカブウカブ

契約するのは疲れるからここでいったん一休み~

テラステラス

おい仕事しろ!

WordPressをインストールする

実際にWordPressを使っていくために、サーバーにWordPressをインストールしていきましょう。

エックスサーバーを使用する場合は、1クリックでインストールすることができますので、非常に簡単です。

サーバーにWordPressをインストールする場合は下記のリンクで詳しく解説を行っております。

エックスサーバーでのWordPressのインストール

WordPressの初期設定を行う

無事にWordPressをインストールすることができましたら、まずはサイトの設定を行っていきます。

WordPressをインストールしたら、必ず行っておきたい設定が7つあります。

WordPressの初期設定
  1. 独自ドメインを使えるようにする
  2. サイトのタイトルとキャッチフレーズを設定
  3. パーマリンクを設定する
  4. ディスカッション(コメント欄)を設定する
  5. ユーザーの設定をする
  6. 画像サイズを設定する
  7. 表示オプションを設定する

この中でも、特にWordPressをインストールしてすぐに行っておいたほうがよいのが

必ず設定すべき初期設定
  • 1.独自ドメインを使えるようにする
  • 3.パーマリンクを設定する
  • 6.画面サイズを設定する

の3つです。

特にドメインをSSL化した場合やパーマリンクの設定はサイトのドメインをつかさどる大切な部分です。

上記の3つは後から変更するとなると、非常に大変な作業に見舞われることになりますので、必ずWordPressをインストールしたら最初に設定するようにしましょう。

サイトを作成した後から変更すると、ページがGoogleに認識してもらえないなどの弊害が出てきますので、必ずWordPressをインストールしたらすぐに設定を行いましょう。

テラステラス

先に設定しておかないと、後から修正することが大変ですので必ずサイトを作る前に設定してください!!

1.独自ドメインを使えるようにする

WordPressをインストールした場合、基本的に独自ドメインをあえて設定する必要はありませんが、SSL化を行った場合は改めて独自ドメインを設定する必要があります。

また、サイトのドメインを変更した場合も操作する必要がありますので、ドメインを変更した場合もしっかりと設定するようにしましょう。

独自ドメインの変更方法に関しましては、ドメインをSSL化する方法の中で解説しております。

SSL化とは?メリットやデメリットとサイトの設定方法

2.サイトのタイトルとキャッチフレーズを設定

サイトのタイトルとキャッチフレーズは、サイトの顔となる非常に重要な項目です。

特に、サイトのタイトルは覚えやすく、検索されやすいタイトルをつけることでアクセス数が変わってくることがあります。

サイトタイトルのつけ方のコツや変更方法は下記のリンクで解説しております。

【WordPress初期設定】サイトの名前とキャッチフレーズを設定しよう

ウカブウカブ

サイトのタイトルってめちゃくちゃ重要だよね。だからこそ迷う・・・。

3.パーマリンクを設定する

WordPressをインストールしたら、まずは一番初めに行うべき設定といっても過言ではないくらい、大切なパーマリンクに設定です。

パーマリンクを後から変更した場合、外部からのリンクがリンク切れになってしまうこともありますので、必ず初めに設定することをおすすめしております。

パーマリンクの設定方法やおすすめのパーマリンクの設定に関しましては、下記のリンクで解説しております。

おすすめのパーマリンクの設定とは

テラステラス

とにかくパーマリンク設定は一番に行ってください!後から変更するとSEO対策としてもよくありません!

4.ディスカッション(コメント欄)を設定する

WordPressには、もともとの機能でサイトを閲覧している人からのコメントをもらうことができます。

ディスカッション設定ではコメント欄にかかわる、あらゆる設定を行うことができます。

コメントでは、しっかりと対策を行わないとスパムコメントが非常に多く見受けられます。プラグインでしっかりと対策を行うようにしましょう。

コメント欄の設定方法や受け付けるかどうかに関しましては、下記のリンクで解説しております。

ディスカッション設定でコメント欄を上手に使用する

5.ユーザーの設定をする

WordPressの特徴でもある、ユーザーの設定を行うことで、サイトを複数人で管理する機能についてです。

個人で行う場合は、あまり設定することはありませんが、管理画面のデザインなども変更することができるため、覚えておくとよいでしょう。

ユーザーの設定に関しましては、下記のリンクで解説しております。

WordPressを複数人で管理する方法と権限

ウカブウカブ

ユーザーの設定ではWordPressの管理画面を自分好みのデザイン変更できるよ~

6.画像サイズを設定する

こちらもパーマリンクと同様、WordPressをインストールしたら初めに設定しておきたい項目の1つである画面サイズについてです。

画面サイズの設定も後から変更した場合、初めに設定した画面サイズを受け継ぐことができませんので、必ずWordPressをインストールしたら設定するようにしましょう。

画面サイズの設定方法やおすすめの画面サイズに関しましては、下記のリンクで解説しております。

【WordPress初期設定】画像のサイズを決定しよう

7.表示オプションを設定する

こちらは投稿画面や固定ページの管理画面の見方を調整する項目です。

個人で運営する場合には必要のない項目を表示から削除したりすることができますので、表示オプションを使いこなすことで、作業の効率化を目指しましょう。

【WordPress初期設定】表示オプションについて

WordPressのテーマを設定する

WordPressの初期設定ができたら、記事を書く前に先にデザインを設定しましょう。

最初から投稿されている「Hello world」の記事を参考にしながら、サイトのデザインとなるテーマを決定していきます。

テーマは「外観」→「テーマ」から変更することができます。

テーマの変更方法やアップロードの方法、さらに子テーマなどに関しましては下記のリンクで詳しく解説しております。

WordPressのテーマとは?テーマをインストールしよう

ウカブウカブ

提供されているテーマは多すぎて迷っちゃうね。

WordPressのプラグインをインストールする

プラグインとは、簡単に言うとWordPressをさらに使いやすくするために機能を拡張することです。

ただし、「まだサイトにどんな機能が必要なのかよくわからない」場合は無理に使用する必要はありません。

プラグインをインストールすることでWordPressをさらに使いやすいブログツールにしたり、HTMLでサイトを作成すると手間のかかる作業も1クリックで導入することができたり、と非常に強力なプラグインが提供されております。

プラグインはガンガン使っていきましょう。

プラグインの種類や使い方に関しましては下記のリンクにまとめてあります。

プラグインとは?2つの種類と安全に利用する使い方

テラステラス

プラグインを使いこなせると作業速度もどんどん上昇するわよ!

コンテンツを作成する

ホームページに掲載する内容を作成します。

コンテンツの作成の仕方には「投稿」と「固定ページ」の2つがあり、基本的に記事は「投稿」で作成をしていきます。

「投稿」は日々更新するような情報を提供する場合に、非常に相性の良いページとなっております。

そのため、日記ブログや商品の最新情報を随時発表する場合などに適しております。

投稿のやり方に関しましては、下記のリンクで解説しております。

記事の投稿のやり方を覚えておこう

「固定ページ」はあまり更新作業を行わないようなページに適しているといわれております。

例をあげてみると?

具体的な例を挙げると、「会社概要」や「製品紹介」などはあまり更新作業を必要とするページではありませんので、固定ページと相性が良いのではないでしょうか。

固定ページは1つ1つが独立したページですので、投稿のように自動的に表示されることはありません。

固定ページの作り方や便利な機能に関しましては、下記のリンクで詳しく紹介しております。

固定ページを作成するやり方と便利な機能

まとめ

以上の流れがWordPressでアフィリエイトを始める場合に行う一連の流れです。

もう一度確認しておきましょう。

WordPressでアフィリエイトを始める手順
  1. レンタルサーバーを契約する
  2. 独自ドメインを取得する
  3. ドメインとレンタルサーバーを紐づける
  4. WordPressをサーバーにインストールする
  5. WordPressの初期設定を行う
  6. WordPressのテーマを好みのテーマに変更する
  7. プラグインをインストールしてWordPressの機能を拡張する
  8. コンテンツを作成する

また、2つ目以降のホームページを作るときにはドメインの取得から行います。

WordPressを使ってアフィリエイトは手順に沿って行えば、必ずだれでも作成することができます。

「機械オンチだから・・・」「パソコンなんて触ったことがないから・・・」といった方でも必ずできますので、まずは手順を覚えるところから始めましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • サイトを作成する場合は流れをしっかり押さえておくことでスムーズに作業を行うことができる。
  • レンタルサーバーやドメインの取得など、「契約」が絡むため、すぐに行動に起こさないことが多くなることに注意する。
  • WordPressを初めから使いこなそうとすると、目標が高すぎて疲れてしまうので、まずはどんなものか使ってみるところから始めるとよい。