thunderbirdインストール-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

メールを一括で管理できるメーラーソフトを導入する方法を紹介していきます。

Gmailは非常に便利なメールアドレスなのですが、管理するためには毎回ブラウザを立ち上げる必要があります。

そこで、「メーラー」と呼ばれるソフトを導入することで、ブラウザを立ち上げることなくメールを管理する方法を知っておきましょう。

今回はMozilaが提供するフリーソフトの「thunderbird」を導入する方法を紹介しています。

まだGmailの取得していない方は、下記のリンクで取得する方法を解説しております。

Gmailを取得するためにGoogleアカウントを作成しよう

この記事で伝えたいこと
  • Thunderbirdは使い勝手の良いフリーのメールソフト
  • GmailをThunderbirdで受信するには、Gmail側で安全性の低いアプリを許可する必要がある

Thunderbird(サンダーバード)とは

まず初めに断っておきますが、テレビ番組ではありません。
(必ずネタにされている気がしますがw)

ウカブウカブ

このネタってしつこいぐらいネタにされているよね

Thunderbird(サンダーバード)とは、ブラウザソフトである「FireFox」を開発するMozilla(モジラ)が開発をしているメールソフトです。もちろんフリーソフトですので無料で使用することができます。

check!※メールソフトとは
受け取ったメールを読んだり、書いて送信したりすることができるソフトです。メールに関する機能だけでなく、アドレス帳などの機能も付属していることが多いです。
check!※フリーソフトとは
使用料がかからないソフト。わかりやすく言うとタダで使えるソフトのこと。
check!※メーラーとは
メールソフトのことを指します。

Thunderbird(サンダーバード)を導入しましょう

1.まずはダウンロードしましょう

thunderbirdの公式ページからインストーラーをダウンロードして下さい。
thunderbirdダウンロード

サンダーバードダウンロード

2.ダウンロードが完了したらインストーラーを開きましょう

下図の赤枠部分をクリックして下さい。ちなみに画像で使用しているブラウザはGoogle Chromeです。

サンダーバードインストール完了

解凍が始まると下図のようになります。

サンダーバード解凍中

3.セットアップを開始します

指示に従ってボタンをクリックしていけば、自動的にインストールが始まります。

サンダーバードインストール

標準インストールで構いませんので、そのまま先に進めていきましょう。

サンダーバードセットアップの種類

インストールする場所を変更できます。通常は変更する必要はありません。

サンダーバードセットアップ設定の確認

以上で完了となります。thunderbirdを起動する場合は赤枠部分の完了をそのまま押すと、thunderbirdが起動します。

サンダーバードインストール完了

4.thunderbirdがインストールされたか確認しよう

デスクトップが下図のようになっていればthunderbirdがインストールされております。

サンダーバードショートカット

thunderbirdを無事インストールできれば、続いてGmailをthunderbirdで受信するための作業を行います。

テラステラス

実はGmailをthunderbirdで使用するには、設定が必要になるのよね。
ちょっと大変だけど、しっかりついてきてちょうだいね。

Thunderbird(サンダーバード)でGmailを受信しよう

1.まずはアカウントを設定(追加)しましょう

赤枠部分の「ツール」から「アカウント設定」をクリックします。

もし、このツールなどが表示されていない場合は、画面の一番上で右クリックをすると「メニューバー」という項目にチェックが入っていないと思われますので、チェックして表示させるようにしてください。

サンダーバードアカウント追加1

赤枠部分の「アカウント操作」をクリックしましょう。

サンダーバードアカウント追加2

2.設定(追加)したいアカウントを記入

青枠部分の追加するアカウントの情報を記入します。

記入するのはGmailのメールアドレスとGoogleアカウントを作成する際に設定したパスワードを記入していきましょう。

下図の青枠部分に記入します。

サンダーバードアカウント追加3

記入したら、赤枠部分の「続ける」をクリックします。

サンダーバードアカウント追加4

アカウント設定がMozilla ISPデータベースから見つかりましたと表示されたら、完了を押さずに赤枠部分の手動設定をクリックしてください。

サンダーバードアカウント追加5

手動設定の画面が表示されました。

サンダーバードアカウント追加6

赤枠部分のポート番号を上から「993」「587」に、認証方式を「OAuth2」から「通常のパスワード認証」に変更してください。

サンダーバードアカウント追加7

次のアカウント設定が、指定されたサーバーを調べることにより見つかりました。」と表示されましたら、赤枠部分の完了を押してください。

サンダーバードアカウント追加8

しかし、残念ながら認証ができません。

下図の赤枠の通り「ユーザー名またはパスワードが無効です」と表示されます。

このままではthunderbirdが使えませんので、いったんthunderbirdはこのままにしておいて、Google Chromeを開いてください。

サンダーバードアカウント追加9

3.安全性の低いアプリのアクセスを許可

まずはGoogleのホーム画面を表示してください。

Googleホーム

Googleアカウントにログインしていない場合はログインをしていただいて、Googleアカウントを表示させます。

下図ではすでにGoogleアカウントにログインしている状態から解説しております。

Googleアカウントを選択

Googleアカウントのページに移動したら、左側のメニューの中に赤枠部分にある「セキュリティ」という項目がありますので、クリックしてください。

Googleアカウントのセキュリティを選択

セキュリティの中に「安全性の低いアプリのアクセス」という項目がありますので、この「アクセスを有効にする(非推奨)」をクリックしてください。

安全性の低いアプリの許可1

現在は安全性の低いアプリの許可を無効にしてあると思いますので、これを有効にしてください。

ウカブウカブ

安全性の低いアプリの許可を有効にしても大丈夫なの?

テラステラス

もしも心配なら、セキュリティソフトをインストールしておけば安全よ

安全性の低いアプリの許可2 安全性の低いアプリの許可3

グレーのボタンが青くなれば有効になっておりますので、設定は完了です。

最後に戻って安全性の低いアプリのアクセスがオンになっているか確認してください。

安全性の低いアプリの許可4

4.thunderbirdでアカウントの追加が完了

そして最後にthunderbirdに戻って完了を押してください。

サンダーバードアカウント追加完了

以上で完了となります。お疲れ様でした。

ウカブウカブ

疲れた~。もう今日の作業はこれでおわりでいい?

テラステラス

いいわよ~。稼ぐのがどんどん遅れていくだけだからね♡

ウカブウカブ

・・・。

OAuth2を使った認証方法

上記の方法がthunderbirdでGmailを受信する唯一といってもいい方法だったのですが、あるときからthunderbirdでメールを受信できなくなってしまいました。

その理由は下図のような表示が出現するようになってしまったためです。

thunderbirdのOAuth2認証1|アフィリエイトの水先案内

そして、この画像の表すとおりに正しいパスワードを入力したとしても、ログインできずに「ログインに失敗しました」と表示されてしまいます。

thunderbirdのOAuth2認証2|アフィリエイトの水先案内

実は、これは何らかの事象により、上記で解説した「安全性の低いアプリのアクセス」が無効になってしまうことが理由のようです。

しかし、毎回「安全性の低いアプリへのアクセス」を有効にすることは大変ですし、何よりもセキュリティが心配になりますよね?

今回は「安全性の低いアプリへのアクセス」を有効にすることなく、thunderbirdでGmailを受信できる方法を発見したので、ご紹介いたします。

きっかけはQiitaで見つけた記事でした。→ GmailのIMAPログインに失敗した時の対処法

この記事を読む限りでは、thunderbirdでGmailを受信する場合に「OAuth2」でも認証できるとのこと。

check!※OAuth2とは
ざっくりいうと、別のアカウントを使用してアカウントを認証する仕組みのこと

今回はGoogleアカウントと連携することで、thunderbirdでGmailを使用できるようになります。

まずはアカウントの認証方法を変更しましょう。

赤枠部分の「このアカウントの設定を表示する」をクリックしてください。

thunderbirdのOAuth2認証3|アフィリエイトの水先案内

アカウント設定が表示されますので、赤枠部分の「サーバー設定」をクリックします。

thunderbirdのOAuth2認証4|アフィリエイトの水先案内

セキュリティ設定の「認証方式」をクリックします。

現在は通常のパスワード認証になっていますので、「OAuth2」に変更します。

thunderbirdのOAuth2認証5|アフィリエイトの水先案内

変更できたら、認証方式が「OAuth2」になっています。これでアカウント設定は完了ですので、赤枠部分の「OK」をクリック。

thunderbirdのOAuth2認証6|アフィリエイトの水先案内

それではGoogleアカウントと連携します。

下図のような連携画面が表示されない場合は連携したいアカウントの受信トレイをクリックすると、下図の画面が表示されます。

まずは連携したいメールアドレスを入力してください。メールアドレスの「@gmail.com」は省略可能です。

thunderbirdのOAuth2認証7|アフィリエイトの水先案内

メールアドレスを入力したら、パスワードを入力しましょう。

thunderbirdのOAuth2認証8|アフィリエイトの水先案内

メールアドレスとパスワードを入力すると、Googleアカウントがthunderbirdを許可してもよいか確認します。

赤枠部分の「許可」をクリックしてください。

thunderbirdのOAuth2認証9|アフィリエイトの水先案内以上でGmailをthunderbirdで閲覧できるようになりました。

Googleアカウントと連携する方法でもGmailをthunderbirdで確認することができますので、パスワードの認証が何回も表示されてお困りの方は一度お試しください。

テラステラス

お疲れさまでした!

まとめ

Gmailをthunderbirdで使用するには少し設定が手間がかかりますが、基本的には1度設定すれば使い続けることができますので、メールの管理が楽になります。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • メーラーを使うとメールを一括で管理できるようになるので、作業効率が上がること間違いなし
  • thunderbirdでGmailを使うためには少々設定が必要だが、Gmailをブラウザで見る必要がなくなる
  • OAuth2を使用することで、Gmailをthunderbirdで安全に使用できる