サイトマップの役割について-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

サイトマップはこのホームページにはどんなことが書いてあるのか、ということを一目でわかるようにしてくれるリストを作ってくれます。

サイトマップも必ず設定すべき項目の一つですので、ここでしっかりと設定するようにしましょう。

この記事で伝えたいこと
  • サイトマップはクローラーにサイトを伝える役割を持つ
  • サイトマップは、サイトのすべてのページへのリンクを集約している

サイトマップとは

サイトマップはサイトにおける地図のようなものです。

ウカブウカブ

・・・。

テラステラス

いや・・・それはだれでもわかるわよ・・・。

すみません。直訳しただけでした。

サイトマップはあるホームページに対して、すべてのページをリンクしているページとなります。

文章で読むと、非常にわかりにくいと思いますので、当サイトのサイトマップをご覧いただきたいと思います。

サイトマップ

上記リンクからサイトマップを見る限り、当サイトで作られているページ全てに対してリンクが張られています。

これはWordPressの「PS Auto Sitemap」というプラグインを使用して作られており、ページを追加したり、削除したりすると自動で更新されていきます。

「PS Auto Sitemap」をインストールする方法に関しましては、下記のリンクで詳しく解説しております。

【WordPressプラグイン紹介】サイトマップを導入

Google XML Sitemapsとは?

実はサイトマップというと、私は上記で挙げたようなサイト内のページがすべてリンクされているページを想像します。

しかし、サイトマップと聞くとこの「Google XML Sitemaps」を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

WordPressを使用する場合は必ず導入しましょう、と言われている「Google XML Sitemaps」。

実はこの「Google XML Sitemaps」は検索エンジンのために提供する、特殊な形式で作成されたサイトマップです。

そのため、「Google XML Sitemaps」の内容を見ても、実は私たちは理解することができません。

ですので、「サイトマップ」と「XMLサイトマップ」には明確な違いがあることを抑えておいてください。

check!※XMLとは
文章の見た目や構造を記述するためのマークアップ言語。自由にタグの名前を付けることができるので、HTMLよりも拡張性に富む。
汎用性が非常に高いので、実は見えない多くの部分でXMLという言語は使用されている。

Google XML Sitemapsに関しましては、下記のリンクでさらに解説しております。

【WordPressプラグイン紹介】Google XML Sitemaps

XMLサイトマップが必要な場合とは

実は、XMLサイトマップは必ずしも作る必要のあるものではありません。

基本的にサイト構造が分かり易ければ、作成の必要がないのです。

ここからはXMLサイトマップが必要な場合について考えていきましょう。

1.サイトが新しく、ほかのサイトからのリンクがない

サイトを新規ドメインで作成した場合、あまりクローラーがサイトを閲覧してくれません。

そのため、XMLサイトマップを作成して送信することによって、クローラーがサイトを閲覧する頻度を改善することができます。

2.サイトに動的URLが多く含まれている

動的URLとは、ユーザーの要求によって、その都度URLが変わるURLです。

実はWordPressも動的URLを採用しております。

ここにWordPressを使用する場合は、XMLサイトマップが必須と言われている由縁です。

WordPressでサイトを作成した場合は、迷わずGoogle XML Sitemapsのプラグインを導入しましょう。

3.Ajaxを使用している

Ajaxとは、画面を移動しなくてもHTMLの更新を行うことができるサービスです。

有名な例で行くと、mapです。

mapを閲覧するときって地図を拡大したり、縮小したりしますよね?

しかし、地図を拡大したり縮小した場合に、いちいちページを更新する必要はありません。

ページを更新せずとも、勝手に地図の情報が切り替わってくれるサービスをAjaxといいます。

このAjaxを使わないといけないページがサイト内に組み込まれている場合は、XMLサイトマップを作成する必要があります。

なぜサイトマップは重要なのか

サイトマップは1つのホームページの中でで作られているページ全てに対してリンクを張ってくれます。

そのため、サイトに訪れてくれたユーザーに対してサイトマップを閲覧してもらえるように促せば、おのずとサイトのすべてのページの中で気になるページを読んでもらうことができるでしょう。

また、この「全てのページに対してリンクを張るという行為」は、後で解説するSEO対策において非常に重要な役割を果たしています。

クローラーはサイト内をリンクをたどることによって巡回していきます。

この時に、サイトマップがあれば、サイトマップのリンクをすべてたどるだけでサイト内のページすべてを巡回することができますね。

そのため、サイトマップはクローラーにとっても非常に有用なものなのです。

Googleのガイドラインの中でも、サイトマップはサイトのユーザビリティを上昇させてくれる項目の一つであると書かれており、今後はサイトマップのないサイトは検索順位が落ちていくものだと思われます。

まとめ

サイトマップについて解説してきました。

WordPressでは、プラグインを使用することで、新たにページを作成した場合もサイトマップに自動で追加してくれます。

HTMLで作成した場合は、新たにページを作成した場合はひとつひとつ手作業でサイトマップを作成しなければなりませんので、非常に手間になります。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • サイトマップを導入することで、サイト内のコンテンツをリンクでつなげてくれる役割がある。
  • サイトマップはプラグインを導入するだけで、更新作業などは不要。一度の導入で自動でサイトマップは追加されていく。