タグ設定を行う-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

タグを設定することで、カテゴリーでは違うジャンルに分かれていた記事も紐づけることができます。

タグを設定することで「ジャンルは違うけど、似たような記事」を1つにまとめることができますので、タグの機能も有効に利用するようにしましょう。

テラステラス

タグはカテゴリーの垣根を超えたくくり、と認識しておきましょう。

この記事で伝えたいこと
  • タグを設定することで、カテゴリーの垣根を越えて記事のグループを作成できる
  • タグはカテゴリーとは異なり、必ずしも設定する必要はない

タグとカテゴリーの違いとは

まずは、よく使われるタグとカテゴリーの違いについて解説しておきます。

カテゴリー記事でも同様の内容を記述しておりますので、すでに読んだ方は読み飛ばしてください。

タグとは

投稿記事を任意のキーワードで分類する機能です。

カテゴリーとの大きな違いは1つの投稿に対して複数のタグを設定してもよい、という点でしょう。

また、タグをつけておくことで、1つのキーワードが含まれている記事を1度に検索することもできます。

タグ機能ではカテゴリー機能と違って階層構造を作ることはできません。すべてのタグが横一列のフラットな状態です。

カテゴリーとは

カテゴリーは投稿記事をジャンルに分けることで、整理することができる機能です。

1つの投稿に対しても複数のカテゴリーを設定することができますが、基本的には1つの投稿記事に対して1つのカテゴリーを設定するようにしましょう。

カテゴリーはカテゴリー内で階層構造を作ることもできます。

例えば、WordPressカテゴリーの画像カテゴリーという感じで親カテゴリーの中に子カテゴリーとして作成することも可能です。

イメージとしては下図のような感じです。

親子カテゴリー|アフィリエイトの水先案内

実際にタグを設定しよう

まずはタグページを表示させましょう。画像の赤枠部分の「タグ」をクリックしてください。

タグの設定1|アフィリエイトの水先案内

タグはカテゴリーと違い、必ず入力しなければいけないわけではありません。

そのため、タグはあえて作成しなくても構いません。

事実、私はタグを使用していません。もっと記事が多くなった場合に設定するかもしれません。

ただし、カテゴリーとは別の記事の分け方を作り出すことができますので、作成すると非常にユーザーが使いやすくなる、という反面もあります。

テラステラス

タグは必ずしも使用しなければならないわけではありません。

タグを作成する

まずは、新たに作成したいタグの名前とスラッグが入力できましたら、赤枠部分の「新規タグを追加」をクリックしてください。

タグの設定2|アフィリエイトの水先案内

以上でタグの作成が完了です。続いてタグを投稿記事に紐づけていきましょう。

作成したタグを記事に紐づける

まずは紐づけしたい投稿記事を開いてください。今回も同様にテスト記事にタグを紐づけていきます。

タグは赤枠部分から追加していきます。

タグの設定3|アフィリエイトの水先案内

普段からよくタグを使用する場合は赤枠部分の「よく使われているタグから選択」をクリックすると、よく使用するタグが一覧で表示されますので、そこから選択することになります。

タグの設定4|アフィリエイトの水先案内

しかし、初めての場合はこの「よく使われているタグ」から選択することができませんので、初めての場合は入力していきましょう。

ウカブウカブ

この入力が結構めんどくさんだよね~

私がタグを使用していない理由はここにあります。めんどくさいんです。

今回はtestというタグを追加していきます。文字を入力したら追加のボタンをクリックしましょう。

タグの設定5|アフィリエイトの水先案内

追加が完了すると、赤枠部分に「test」という文字が追加されたことが確認できますので、これでタグの追加が完了となります。

タグの設定6|アフィリエイトの水先案内

テラステラス

以上でタグの設定方法の解説を終了します。

ウカブウカブ

お疲れ様でした!

まとめ

今回はタグの設定方法について解説してきました。記事数が少ないうちはあまり必要はないかもしれませんが、記事数が多くなると必要になってくる可能性もあります。

タグもWordPressでよく使用される機能の一つですので、使いこなせるようになっておきましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • タグはカテゴリーと違って階層構造を作ることはできないが、1つの記事に対して何個も設定することができる
  • タグは必ず設定しなければならないものではないので、無理に使用する必要はない。
  • タグを設定する場合は、タグメニューから設定するようにしよう