投稿ページと固定ページの違いとは-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

投稿ページと固定ページは、作るページによってそれぞれ役割が違います。

投稿ページで作ったほうがよいページと固定ページで作ったほうが良いぺージの違いをしっかりと把握しておきましょう。

この記事で伝えたいこと
  • 更新の頻度が高いページやカテゴリーを指定したいページは投稿で作成する
  • カテゴリーに含まないページは固定ページで作成する

投稿ページと固定ページの違いについて

WordPressで記事を書く際には、それぞれ利用用途に応じた2種類のページが用意されております。

この投稿ページと固定ページを使いこなすことが良質なホームページを作るための第一歩だと思いますので、しっかりと理解するようにしてください。

更新頻度が高いページは投稿で!

投稿から作られたページの特徴は、作成したページが時系列によって整理されるところです。

また「カテゴリー」を指定することにより、WordPressが勝手にページをジャンル別に分類してくれます。

カテゴリーページを開くことで、新しい記事がどんどん上に投稿されていきますので、「新着情報」や「イベントの告知」、「ブログ」などを作成することに向いています。

check!※カテゴリーページ:カテゴリー別に分類されたページのことです。後に出てくるメニュー編で解説しておりますので、今はジャンルごとに分類された投稿ページを見るためのページなんだな、という理解で大丈夫です。

分かりやすくするため、一度当サイトのWordPress操作編のカテゴリーページへのリンクをつけておきます。

WordPress操作編 – カテゴリーページ

カテゴリーについては「カテゴリー設定をしよう」で解説しております。

カテゴリー設定をしよう

更新頻度が低いページは固定ページ

固定ページは、その名の通り「いつも固定された場所にあるページ」です。

投稿ページはとくに指定をしなくてもカテゴリーページから記事を見ることができますが、固定ページは1ページ1ページしっかりとどこに配置するのかを指定しなければなりません。

そのため、固定ページを作成した際は必ず作成したページへのリンクを設定する必要があります。

固定ページは時系列などに関係なく、常に決まった位置からいつでも開くことができるページです。

時系列の指定などが必要なければ、リンクの指定をする必要はありますが、すべてのページを固定ページで作成することで、ホームページを作成することも可能です。

アフィリエイトサイトを作る場合は?

それでは結局アフィリエイトサイトを作る場合はどうしたらよいのか、というのが今読んでいるあなたの疑問になるのではないでしょうか。

答えは「どちらも使用する」という非常にあいまいな答えになってしまいます。

ウカブウカブ

ざっくりじゃん!!!

テラステラス

もう少し細かく解説するわね。

アフィリエイトサイトをWordPressで作成する場合、基本的な記事はすべて投稿で作成していきます。

投稿ページはページ同士のリンクをある程度自動で作成することができますので、SEO対策の観点からみても、主なコンテンツは投稿ページで作成したほうがよいでしょう。

ではどのページを固定ページで作成するのか。

それは下記で挙げているページを作成する場合は固定ページで作成するとよいでしょう。

  • トップページ
  • お問い合わせページ
  • プライバシーポリシーページ
  • プロフィールページ
  • サイトマップ

以上のページは更新頻度も高くないので、間違いなく固定ページで作成するべきページといえるでしょう。

結論としては、どのサイトでも作成するべき基本コンテンツは固定ページで作成し、サイト独自のコンテンツは投稿ぺージで作成するとよいでしょう。

まとめ

投稿ページと固定ページは、同じページを作るという点では似ていますが、使用方法は全く異なります。

投稿ページと固定ページのそれぞれの良いところを引き出して、サイトを作っていきたいですね。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 投稿ページは更新頻度の高いページを作成する場合に向いている
  • 固定ページはどのサイトでも作成するような、更新頻度の低い、基本となるページを作成する場合に向いている
  • サイトを作成する際には、どちらか1つを使うのではなく、両方の特徴を生かしながらサイトを作成するとよい。