今回は、WordPress5.x系で実装されたエディター、Gutenbergを削除する「Gutenbergを無効化」というプラグインについて解説していきます。

どのようなプラグインなのか

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

「Gutenbergを無効化」は文字通り、WordPress5.x系で実装されたエディターのGutenbergを無効化するプラグインです。

Gutenbergを無効化の魅力

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

Gutenbergを無効化できる

非常に否定的な意見の多いWordPress5.x系で実装されたGutenbergを無効化できます。

Gutenbergを無効化するプラグインはたくさんあるのですが、Disable Gutenbergは設定項目もシンプルなため使いやすいと思います。

Gutenbergを無効化の難点

デメリットについて|アフィリエイトの水先案内

Gutenbergを使用する場合は必要ない

当然といえば当然ですが、「Gutenbergを無効化」をインストールした場合、Gutenbergは使用できません。

WordPress5.x系を使用している場合でGutenbergを使用する場合は必要ないでしょう。

Gutenbergを無効化をインストールする方法

WordPressプラグインの「新規追加」から「Gutenbergを無効化」を検索して追加していきましょう。

赤枠部分に「Gutenbergを無効化」と入力してください。

プラグインインストール|アフィリエイトの水先案内

disable Gutenbergが表示されましたら、今すぐインストールをクリックします。

disablegutenberg1|アフィリエイトの水先案内

「インストールが完了しました」というメッセージが表示されたら、「有効化」をクリックします。

disablegutenberg2|アフィリエイトの水先案内

以上でプラグイン「Gutenbergを無効化」のインストールが完了しました。

Gutenbergを無効化の使い方

Disable Gutenbergは非常にシンプルです。

disablegutenberg3|アフィリエイトの水先案内

完全無効化のチェックマークを入れておくことで、常にGutenbergを使用しない状態に指定できます。

また、通知を無効化しておくことで、ダッシュボードに表示される「Gutenbergを試す」という通知も表示しないように設定できます。

More Toolsをクリックすると「フロントエンドでGutenbergを有効化する」「ホワイトリスト設定」なども操作することができます。

しかし、Gutenbergを無効化することが目的ですので、独に操作する必要はないでしょう。

まとめ

Gutenbergを無効化はWordPress5.x系で実装されたエディター、Gutenbergを削除するプラグインです。

Gutenbergを無効化することで、過去に使用することができたエディターをそのまま使用し続けることができます。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 「Gutenbergを無効化する」プラグインはWordPress5.x系で実装されたエディター、Gutenbergを無効化することができる
  • Gutenbergを無効化するプラグインをインストールすることで、過去のエディターを使用することができる