WordPressでは、サイトに保存された画像や動画などを閲覧することができる「メディアページ」の機能が初めから設定されています。

基本的にメディアページでできることは、投稿画面の「メディアを追加」からも行うことができますので、どちらを使用してもかまいません。

アップロードした画像をすぐに編集する場合は、投稿画面の「メディアを追加」からが便利ですし、過去にアップロードした画像などを編集する場合は「メディアページ」で行ったほうが便利です。

この記事では、WordPressで行うことができる画像の編集について紹介していきます。

メディアページでできること

メディアページでできることは、主に2つです。

  • ライブラリに画像をアップロードする
  • アップロードした画像を編集する

まずは画像のアップロードの方法について解説していきます。

ライブラリに画像をアップロードする

メディアライブラリに画像をアップロードする方法は、非常に簡単ですので初めてWordPressを使用する方でもすぐに覚えられるでしょう。

まずは下図の赤枠部分の「新規追加」をクリックしてください。

メディアを追加する1水

下図の画面に切り替わったら、赤枠部分の「参照」をクリックします。

メディアを追加する2|アフィリエイトの水先案内

するとフォルダーが開かれますので、アップロードしたい画像を選択してください。

画像挿入6|アフィリエイトの水先案内

今回は「test」画像をアップロードします。アップロードが完了すると画像が追加されます。

以上ライブラリに画像をアップロードする方法は完了です。

アップロードした画像を編集する

WordPressにアップロードした画像はすべて編集することができます。

WordPressの画像編集では、以下の機能が標準で装備されています。

  • 画像のトリミング
  • 画像の回転
  • 画像の反転
  • 縮尺の変更
  • 画像に情報を付属する

WordPressにアップロードした画像を編集する場合は、まずは画像の詳細画面を表示させます。

画像の詳細画面を表示させるためには、画像をクリックしてください。

メディアを編集する1|アフィリエイトの水先案内

すると、画像の詳細画面が表示されますので、下図の赤枠部分の「画像を編集」をクリックしてください。

メディアを編集する2|アフィリエイトの水先案内

これで画像を編集することができるようになります。

メディアを編集する3|アフィリエイトの水先案内

それではひとつひとつ見ていきましょう。

画像のトリミング

画像のトリミングでは、文字通り画像をトリミング、つまり画像を切り抜くことができます。

基本的には四角く切り抜くことしかできませんが、ペイントなどのソフトを使用しなくても、WordPress上で切り抜きができます。

画像の一部のみが必要な場合など「切り抜き」を使用することは非常に多いと思いますので「WordPress上で画像の切り抜きができる」ということは覚えておくとよいでしょう。

使い方としては、まず切り抜きたい部分を画像上でドラッグします。

画像を切り抜く1|アフィリエイトの水先案内

サイドバーでは縦横比を設定することやピクセルで設定することも可能です。

赤枠部分では現在切り抜く予定の選択範囲がピクセルで表示されています。

画像を切り抜く3|アフィリエイトの水先案内

切り抜きたい部分が選択できたら、下図の赤枠部分のボタン「トリミング」をクリックしてください。

画像を切り抜く2|アフィリエイトの水先案内

以上で画像のトリミングが完了です。

画像の回転

画像の回転では、文字通り画像を回転させることができます。

右回転と左回転を選択することができますが、基本的にはどちらでも構いません。

お好みでクリックしてください。

メディアを右回転させるには下図の赤枠部分のボタンをクリックしてください。

メディア右回転|アフィリエイトの水先案内

メディアを左回転させるには下図の赤枠部分のボタンをクリックしてください。

メディア左回転|アフィリエイトの水先案内

画像の回転は、90度づつ行われます。

画像の反転

WordPressの画像編集では、画像を反転させることも可能です。

垂直方向に反転させることもできれば、水平方向に反転させることも可能です。

メディアを垂直方向に反転させるには下図の黄枠部分のボタンをクリックしてください。

垂直方向に反転|アフィリエイトの水先案内

アオイノからの一言

なぜここだけ黄色なのかは追求しないでください・・・。

メディアを水平方向に反転させるには下図の赤枠部分のボタンをクリックしてください。

水平方向に反転|アフィリエイトの水先案内

画像の反転はあまり使用することは無いかもしれませんが、一応機能として紹介しておきました。

縮尺の変更

縮尺の変更を行うことで、画像のサイズを変更することができます。

メディアサイズを変更する|アフィリエイトの水先案内

ただし、元のサイズよりも大きいサイズに変更することはできませんので注意しましょう。

縮尺の変更では、大きい画像を小さくする場合に役立ちます。

ただし、もともと大きなサイズの画像を一度小さくした後に、再び元のサイズまで大きくすることは可能です。

画像に情報を付属する

画像の編集画面ではありませんが、メディアページでは、画像に情報を付属させることが可能です。

メディアページで画像に情報を付属させるためには、画像を編集する1つ前の画面で設定することができます。

画像に情報を紐づける|アフィリエイトの水先案内

それではメディアページで設定・閲覧できる画像の情報について紹介します。

タイトル

タイトルはその写真のタイトルです。画像の名前といったほうがしっくりくるかもしれません。

画像のタイトルが日本語の場合は、よくわからない文字列が名前に変換されます。

しかし、画像のタイトルはあまり重要ではありませんので、特に変更する必要などはありません。

キャプション

挿入した画像の周りに文字などを配置することができます。

配置する位置はテーマなどによって変化します。

代替テキスト

画像が表示されなかった場合などに、画像の代わりに表示されるテキストを決定します。

こちらは画像の情報となる部分ですので、必ず設定する必要があります。

代替テキストはSEO対策にも関わってくる重要な部分です。

画像が表示されなかった場合で、サイトに訪れてくれたユーザーにしっかりと伝わるような文章を代替テキストに記入しましょう。

説明

説明は画像に関する説明です。

ここで言う説明は私たちサイトの編集者向けの機能のため、基本的に一人でサイトを運営している場合は特に記入する必要はないでしょう。

また、空白でもSEO対策などにも影響を及ぼすことはありませんので特に入力することがなければ空白でも大丈夫です。

アップロード先

画像がどのページで表示されているか、を確認することができます。

画像がたくさんアップロードされている場合は大変ですが、この部分を見ることで不要な画像を削除することも可能です。

まとめ

メディアページでは、画像に関する様々な機能が用意されています。

ただし、冒頭でもお話しした通り、メディアページでできることは投稿画面の「メディアを追加」からも行うことができます。

画像の編集はどちらからでも行うことができる、ということだけしっかりと覚えておきましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • メディアページではアップロードされた画像を確認するだけでなく、編集もできる
  • メディアページでできることは、投稿画面の「メディアを追加」でも同じことを行うことができる
  • 画像の切り抜きは意外と便利なので覚えておくと役立つことがある