WordPressでメニューを作成する方法-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

それでは実際にメニューを作成し、配置していきましょう。

メニューを設置することで、サイトの導線ができますので、サイトに訪れてくれたユーザーが使いやすいサイトとなります。

メニューの作成はとても簡単ですのでサクッと解説していきます。

この記事で伝えたいこと
  • メニューを作ることで任意のページやカテゴリーをすぐに閲覧できるようになる

メニューを作る前に

メニューを作成する前に、メニューに設定したい「ページ」や「カテゴリー」をしっかりと決めておきましょう。

基本的にサイトをしっかりと作成した後で、サイトのメニューを変更してしまうと、せっかく再びサイトを訪れてくれたユーザーが迷ってしまう可能性があります。

グローベルメニューなどは特に後から変更してしまうと迷いやすくなりますが、基本的にメニューは一度作成したら変更することはあまり好ましくありません。

どのページやカテゴリーを配置するのか、ということはしっかりと考えておきましょう。

テラステラス

設定したいメニューが決まれば、メニューを作成していきましょう!

グローバルメニューを作ろう

まずはサイトのメインとなるグローバルメニューの作成方法について解説していきます。

実は、WordPressの初期設定では、グローバルメニューを改めて作成しなくても、固定ページを作成することで、自動的にグローバルメニューを作成する機能が設定されております。

固定ページ以外のページをメニューにしたい場合はメニューを改めて作成する必要がありますが、固定ページのみをメニューに据える場合は、特に作成する必要はありません。

メニューは「外観」のなかの「メニュー」から作成することができます。

メニュー作成0|アフィリエイトの水先案内

初めてメニューを作成する場合は、赤枠部分の「新規メニューを作成」をクリックしましょう。

メニュー作成1|アフィリエイトの水先案内

すると、まずはメニューの名前を付けるようにページが切り変わりますので、赤枠部分に任意のメニュー名をつけていきます。

グローバルメニューを作成する場合はそのまま「グローバルメニュー」という名前で構いません。自分が見ても他人が見てもわかりやすい名前を付けるとよいでしょう。

メニュー作成2|アフィリエイトの水先案内

メニューの名前が入力出来たら、赤枠部分の「メニューを作成」ボタンをクリックします。

これでメニューが作成できました。

メニュー作成3|アフィリエイトの水先案内

それではメニューを作成していきます。

今回は固定ぺージの「トップページ」とカテゴリーページの「テスト」「未分類」をメニューにしてみます。

まずは固定ページからメニューに追加していきます。赤枠部分にチェックマークを入れてください。

メニュー作成4|アフィリエイトの水先案内

チェックマークを入れたら、赤枠部分のメニューに追加をクリックします。

メニュー作成5|アフィリエイトの水先案内

これで固定ページのメニューへの追加が完了したので、続いてカテゴリーページのメニューを追加していきます。

まずは、カテゴリーの詳細を開きます。赤枠部分の「▼」をクリックします。

メニュー作成6|アフィリエイトの水先案内

今回、テストと未分類の両方を追加しますので、先ほどと同様に「テスト」と「未分類」にチェックマークを入れていきます。

メニュー作成7|アフィリエイトの水先案内

チェックできましたら、赤枠部分の「メニューに追加」をクリックしてください。

※画像ではテストにしかチェックしておりませんが、気にしないでください。

メニュー作成8|アフィリエイトの水先案内

無事に追加できますと、メニュー構造の部分に追加した項目が表示されます。

メニューに追加したい項目をすべて追加したら、赤枠部分の「メニューの保存」をクリックしてください。

メニュー作成9|アフィリエイトの水先案内

以上で完了となります。お疲れさまでした。

テラステラス

グローバルメニューはこれで作成できました!

フッターメニューを作成する

フッターメニューもグローバルメニューと同じ方法で作成することができます。

テーマによっては「フッターメニューとして設定する」と書かれていることもあるようです。

まとめ

メニューを作成する作業は、ホームページを作る際に2~3回程度しか行わない作業のため、あまり触れる機会がないかもしれません。

しかしながら、重要な役割であることは間違いありませんので、しっかり覚えてしまいましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • メニューを作る場合は、どれをメニューにするのかしっかりと決定しよう。
  • メニューは外観のメニューから作成することができる。また、フッターメニューを作る場合も同じ方法で作成可能。