ウィジェットについて-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

ウィジェットとは、もともと「小さなパーツ」という意味で、基本的にはホームページのサイドバーをカスタマイズできる機能のことです。

ウィジェットはテーマによって操作できる部分が変化します。

ウィジェット部分をレゴブロックのように組み合わせることができるパーツが用意されており、自分にとって必要なものだけを選ぶことができます。

この記事で伝えたいこと
  • ウィジェットを使用することで、サイトを細かくカスタマイズできる
  • ウィジェットの編集エリアはテーマによって大きく異なる

ウィジェットについて知ろう

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

ウィジェットはどこの部分?

ウィジェットとはホームページのサイドバーの部分をカスタマイズする機能と紹介しました。

まずは実際のホームページではどの部分を指しているのかご確認ください。

下図の赤枠部分がサイドバーエリアとなります。

ウィジェットについて1|アフィリエイトの水先案内

ウィジェットでは、この赤枠部分に表示する内容や順番を自由に入れ替えることが可能です。

またテーマによってはサイドバーだけでなく、メインの部分の下の領域に入れ込むことができます。

企業のサイトなどを閲覧すると、よく「お問い合わせはこちら」といった感じでバナーが本文の下に掲載されていることがありませんか?

WordPressで作られているホームページであれば、あのお問い合わせバナーはWordPressのウィジェット機能ですべてのページに表示させています。

ウィジェットはサイドバーだけでなく様々な箇所で使用することができます。

テラステラス

ウィジェットはサイトを便利にすることが可能です。

テーマによって操作できるウィジェットは様々

実はウィジェットが表示できるエリアは、テーマによって様々です。

テーマによっては、ウィジェットを実装できる箇所はサイドバーだけではありません。

具体的な例を挙げるとすると、WordPressをインストールした際にデフォルトで導入されている「Twenty Fifteen」ではウィジェットのエリアは1つです。

ウィジェットエリア|アフィリエイトの水先案内

それに対して、「simplicity」では「サイドバーウィジェット」のほかに、「スクロールの追随領域」や「広告 336×280」といったエリアが19個もありますので、様々なところに思い思いのウィジェットを設定することが可能になっております。

ウィジェットエリア2|アフィリエイトの水先案内

選んだテーマによって、設定できるウィジェットのエリアが変わってしまうことは頭に入れておきましょう。

ウカブウカブ

ここまでたくさんあると運営者にとっては助かるけど迷っちゃうね。

point!HTMLが操作できると、たとえウィジェットのエリアが1つしかなくても、ほとんどの事は実現できたりします。

さまざまなウィジェット

ここからはウィジェットに使用できる機能について解説していきます。特によく使用するものは「☆マーク」をつけておきました。

テラステラス

テーマによってはないものもありますので注意してくださいね。

☆アーカイブ

一定の期間ごとに投稿されたページを分けて表示してくれます。

アーカイブで表示されているリンクをクリックすると、その期間内に投稿したページの一覧を表示してくれますようなドロップダウン形式での表示も可能です。

カテゴリー

カテゴリーのメニューで作成したすべてのカテゴリーを表示します。

各カテゴリーにどれだけの投稿したページ数があるのか、ということも表示することができますので、サイトに訪れたユーザーに対して、サイトのボリュームをお知らせすることが可能です。

カレンダー

カレンダーをウィジェットに表示させることで、投稿のあった日付とアーカイブページがリンクされます。

アーカイブと一緒に利用することで、過去の投稿などもすぐに見つけることができるようになります。

☆タグクラウド

タグクラウドでは、投稿したページに設定したタグを表示させることができます。

タグクラウドを表示させておくことで、関連項目を一目で知らせることができますので、カテゴリーよりもタグをメインで活用しているサイトの場合は、必ず導入しておきましょう。

テキスト

任意のテキストを入力することができます。

常に表示させておきたい文言がサイトにある場合は、ウィジェットに導入しておくとよいでしょう。

メタ情報

WordPressの管理画面へのログインページへ誘導することができます。

セキュリティ対策としてもリスクが上がってしまうことや、その他の情報にも有用な情報は少ないため、ウィジェットで使用することはあまりおすすめしておりません。

☆検索

その名の通り、ページ内を検索することができる検索ボックスを表示させます。

WordPressでは検索ボックスを非常に簡単にサイトに導入することがができるため、多くのサイトで導入されています。

☆最近の投稿

直近に投稿されたページをリスト形式で表示してくれます。表示する数は自分で決定することができます。

最近の投稿に投稿した日時も表示させておくことで、サイトがいつ最後に更新されたのかをアナウンスすることができます。

そのため、サイトに訪れてくれたユーザーに対して最新の情報を提供していることをアピールすることができます。

まとめ

今回は代表的なもののみを紹介しておりますが、テーマによってはさらにたくさんのウィジェットを使用できるものもあります。

メニューと同様に、サイドメニューも増やしすぎてしまうとサイトのデザイン的にもよくありませんので、ウィジェットで選択するものは、本当にユーザーにとって使いやすいもののみを表示させるとよいでしょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • ウィジェットでは基本的にサイドバーのカスタマイズを行うことができる。テーマによってはさらに拡張されている場合もある。
  • ウィジェットには本当にたくさんの種類があり、特によくつかわれるのがアーカイブとタグクラウド、そして検索の3つ。
  • ウィジェットはプラグインを実装することでさらなるカスタマイズが行うことができる。