見出しの重要性とルールや設定方法について-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

文章を書くことができたら、見出しを作成していきましょう。

ウカブウカブ

そもそもなんで見出しをつける必要があるの?

テラステラス

見出しをつけることで記事が分かりやすくなるのよ。

「見出し」は記事をわかりやすくするためにも、SEO対策の点からも非常に重要です。

この記事で伝えたいこと
  • 見出しをつけることで、ユーザーにも検索エンジンにもわかりやすいページになる
  • h1の使用は一度までなど、見出しにはルールもある

なぜ見出しをつけるのか

そもそもですがなぜ見出しをつける必要があるのか、ということについて考えていきましょう。

下記は見出しをつけなかった場合の文章です。

見出しをつけなかった場合、読み手は「ここに何が書いてあるのか」が分からない状態で文章を読んでいくことになります。そのため、当然何が書いてあるのかわからない状態で読むのですから、読まれる可能性は当然下がります。また、見出しをつけることでGoogleのクローラーにも好まれますので多少のSEO対策になるといえるでしょう。見出しにはh1は1つの記事に対して1度までなどの細かいルールがありますのでしっかりとルールを守って設定するようにしましょう。

ウカブウカブ

めっっっっっっっっっちゃ見にくい!

テラステラス

今度は見出しをつけてみましょう。

下記は見出しをつけた場合の文章です。

●もしも見出しをつけなかった場合

見出しをつけなかった場合、読み手は「ここに何が書いてあるのか」が分からない状態で文章を読んでいくことになります。そのため、当然何が書いてあるのかわからない状態で読むのですから、読まれる可能性は当然下がります。

●見出しはSEO対策にもなる

見出しをつけることでGoogleのクローラーにも好まれますので多少のSEO対策になるといえるでしょう。

●見出しのルール

見出しにはh1は1つの記事に対して1度までなどの細かいルールがありますのでしっかりとルールを守って設定するようにしましょう。

いかがでしょうか。文章は短いですが何が書かれているのかある程度、推測することができるのではないでしょうか。

見出しは何が書いてあるのかを一目でわかりやすくする効果や、作成したページがどのような構成で作られているのか、ということをお知らせしています。

もちろん、見出しをつけることで、ページの見た目を華やかに見せるという効果もあるのではないでしょうか。

ウカブウカブ

見出しをつけると読み手に伝わりやすい文章になるね!

見出しとSEOの関係性

実は、冒頭の例文でもちらっと書いたのですが、見出しをしっかりとつけることは、SEO対策としても非常に有効なことです。

check!※SEO対策とは
検索エンジン最適化のこと。インターネットで検索をした時、自分のサイトを上位に表示させるために行う方法のこと。

なぜ、見出しをしっかりとつけることがSEO対策につながるのか、といいますと「見出しをつける」ということはサイトに訪れたユーザーに対して、迷わずに記事を読んでもらいやすくアナウンスするために見出しをつけています。

Googleの考え方は、基本的にユーザーファーストですので、ユーザーの不利益となるようなサイトは極力排除したいのです。

そのため、しっかりと見出しをつけることで、ユーザーの使いやすさを向上させるために設定すべきでしょう。

また、後述しますが「h1」タグというものは特別です。

h1タグ内に書かれた文章は多少なりともSEO対策として意味があります。そのためh1に記述する内容はしっかりと考えたほうがよいでしょう。

見出しのルール

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

すぐにでも見出しを変更したいと思いますが、もう少しお付き合いください。

実は見出しをつけるときにはルールがあります。

ルールをしっかりと守らないと、先ほどお話ししたSEO対策の効果がなくなってしまいますので、しっかりとルールを守って見出しをつけるようにしましょう。

h1タグの使用は1ページ1度まで

h1というのは見出し1のことを指しています。このh1はページを作る際に、基本的には1度しか使用してはいけません。

そのため、ページのタイトル部分がすでにh1となっているため、基本的に文章を書くエリア内でh1(見出し1)を使用することはないでしょう。

先ほどちらっとお話いたしましたが、h1タグは1つのコンテンツ内で1度まで使用することができない特別な見出しと紹介しました。

そのため、h1に入力したキーワードなどは、多少なりともSEO対策としての効果があるといわれています。

そのため、h1に入力する内容は、多少でもキーワードを含んだものにするとよいでしょう。

ちなみにですが、WordPressでh1となるのは下図の部分です。

投稿の方法2|アフィリエイトの水先案内

テーマによってはh1が設定されていない場合もあるかもしれませんが、基本的にはh1はWordPressにおけるタイトル部分と考えて間違いないでしょう。

ウカブウカブ

h1の使用は1ページ1度まで!

数字の順番は守ろう

これはどういうことかといいますと

例えばですが、h3(見出し3)の中にh2(見出し2)が存在した場合、見た目上は違和感がないとしても、なんか気持ち悪くないですか?

私達が気持ち悪い、と感じるということは当然サイトを読み取る機械も気持ち悪いと感じます。

h2を使ったら、次の見出しは同じh2か1つ下のh3を使うようにするとよいでしょう。

ただし、これに関してはGoogleからの公式アナウンスであまり守る必要がない、ということが言われておりますので、数字の順番は必ずしも守る必要はないようです。

文章を見出しにするためには

見出しを変更するためには画像の赤枠部分のプルダウンボックスを変更することで、通常の文字を見出しへと変更することができます。

見出し1|アフィリエイトの水先案内

しかし、見出しにするたびに毎回マウスを動かしていては、非常に手間がかかってしまいます。

そのため、今回はもっと簡単な方法で文章を見出しに変更する手順を紹介していきます。

まずは見出しに変更したい文章の行にカーソルを置いてください。

見出し2|アフィリエイトの水先案内

ctrlキー + Altキー + 1~6の番号キー

を同時に押してください。すると段落だった部分が見出しに代わります。

見出し3|アフィリエイトの水先案内

この時、1段落すべてが見出しに変更されてしまいますので、段落で区切らずに文章を改行していた場合はすべて見出しに変更されてしまいますので、注意しましょう。

テラステラス

キーボード操作で見出しを変更できるので、非常に便利です!

ちなみに改行は

shiftキー + Enterキー

で行うことができます。

まとめ

今回は見出しの変更方法について解説しました。

見出しはページを華やかにするだけでなく、どのようなことが書いてあるのか、ということをユーザーに一瞬で伝えることができるので、非常に重要です。

特に、見出しをしっかりつけていると、今後説明するプラグインを使用することで目次を一瞬で作成することができます。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 見出しはしっかりと設定することで、本文をわかりやすくする役割を担っている
  • 見出しはSEO対策という点でも非常に重要であり、ルールに則ってしっかり設定しよう
  • 見出しはマウスで操作するのではなくショートカットキーの「shiftキー+altキー+数字(1~6)」で設定しよう