固定ページの親子関係-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

固定ページには、固定ページ同士で親子関係を設定することができる機能と、固定ページの用途によってテンプレートを変更することができる機能が、投稿で作成したページにはない機能として備わっています。

ただ、テンプレートの変更に関しては、使用するテーマによってどこまで変更することができるのかバラバラであり、さらにテンプレート自体の変更ができない場合もあります。

そのため、今回は親子関係についてのみ解説していきます。

この記事で伝えたいこと
  • 親子関係を設定することで、固定ページ同士に関連性を持たせることができる

固定ページで設定できる親子関係とは

親子関係とは、その名の通り固定ページ同士で親になるページと子になるページを作成することができる機能の一つです。具体的な例を挙げて解説するとわかりやすいかもしれません。

例えば、会社概要というページを作成したとしましょう。この時、会社のアクセスは別で分ける場合、会社概要ぺージを親、アクセスページを子とすることにより、2つの固定ページに関連性を持たせることができます。

また、アクセスページ以外にも代表挨拶や関連会社一覧なども子ページとして増やしていくことも可能です。

親子ページについて|アフィリエイトの水先案内

親子関係を設定するメリットは

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

親子関係を設定するメリットについて考えていきます。

固定ページというのは、本来1ページ1ページが独立したページのため、特にグループやジャンル分けすることはできません。

しかし、親子関係を設定することにより、サイトに訪れてくれたユーザーに対して、固定ページを分類することが可能になります。

そのため、見た目にもわかりやすくなる、というのが大きなメリットの一つでしょう。

さらに、これはテーマによるのですが、親子関係を設定することにより、グローバルメニューの下に子ページのプルダウンが表示されたり、親ページの横に子ページのメニューが表示されたりと様々な変化が発生します。

check!※グローバルメニューのプルダウンとは
よくグローバルメニューの上にカーソルを置くと、さらに詳細なメニューが下に表示されることはありませんか?あの下に表示される詳細なメニューのことを「プルダウン」と言います。

2つの固定ページで関連性を持たせたい場合は親子関係を設定するとよいでしょう。

ウカブウカブ

親子ページを指定することで、本来独立している固定ページに関連性を持たせることができるっと

親子関係の設定の仕方

まずは固定ページを開いていきましょう。

親子関係1|アフィリエイトの水先案内

ここで注意ですが、親にするページではなく子にするページを操作して親子関係を設定します。

今回は赤枠部分の「これは新規固定ページのテストです」を「サンプルページ」の子に設定していきます。

それでは下図の赤枠部分をクリックして編集していきます。

親子関係2|アフィリエイトの水先案内

ずばり設定するのは固定ページの属性という部分になります。

現在は緑枠部分が「(親なし)」と表示されていますので、こちらを今回親ページに設定する「サンプルページ」へ変更します。

親子関係3|アフィリエイトの水先案内

サンプルページに変更しましたら、赤枠部分「更新」をクリックして完了となります。

親子関係4|アフィリエイトの水先案内

ちゃんと固定ページで親子関係が設定されているかどうか確認をしましょう。

もちろんサイトを確認してもいいのですが、今回は固定ページ一覧から確認していきます。赤枠部分の「固定ページ一覧」をクリックしてください。

親子関係5|アフィリエイトの水先案内

赤枠部分のようにサンプルページの下に「-(ハイフン)」が表示された固定ページがあれば親子関係がしっかりと設定されておりますので、これで確認も完了となります。

親子関係6|アフィリエイトの水先案内

テラステラス

以上で親子ページの指定の方法が完了です。

ウカブウカブ

お疲れさまでした!

まとめ

今回は親子関係についてのみ解説してきました。

テーマによってテンプレートの動きがバラバラなため、解説できないのが残念ですが、固定ページの用途によって変更することができるということさえ覚えておいていただければ結構です。

固定ページを使いこなしてさらに良いサイトを作っていきましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 固定ページの親子関係を活用することで、本来独立したページである固定ページ同士の関係を繋げることができる。
  • 固定ページの親子関係を設定することで、メニューにプルダウンを表示することができる。