記事の修正や削除を行う方法-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

WordPressでは、一度作成したページの編集や削除も非常に簡単に行うことができます。

今回は記事の編集方法や削除方法について解説していきます。

この記事で伝えたいこと
  • クイック編集を使うことで、特定の部分を簡単に修正することができる
  • ページを誤って削除してしまった場合はごみ箱から戻せばよい
  • ゴミ箱にあるページを削除してしまうと、2度と元に戻せなくなるので注意

作成したページを修正する方法 -投稿編-

テラステラス

まずは投稿ページの編集方法です。

通常の編集方法

まずは投稿の一覧ページを開いてください。

緑枠部分にカーソルを置くと、「編集」や「クイック編集」のようなポップアップが表示されますので、赤枠部分の「編集」をクリックしてください。

ページの修正削除1|アフィリエイトの水先案内

また、この時修正したいページのタイトルをクリックしても同様の動きをしますので、ページのタイトルを直接クリックしても構いません。

記事を開くことができれば、自由に修正を行うことができますので、修正作業をした後、「公開」や「更新」を忘れずに行いましょう。

クイック編集とは

クイック編集はその名の通り簡単に行うことができる編集です。

投稿一覧ページを開いた状態で編集作業を行うことができます。下図の赤枠部分が表示されます。

ページの修正削除3|アフィリエイトの水先案内

クイック編集で変更できるのは

  • タイトル
  • スラッグ(URLの文字列)
  • 公開する日付
  • パスワードを設定するかどうか
  • カテゴリー
  • タグ
  • コメントの許可

などを変更することができます。

作成したページを削除する方法 -投稿編-

ウカブウカブ

次は投稿したページを削除する方法だね。

まずは投稿の一覧ページを開いてください。

緑枠部分にカーソルを置くと、ポップアップが表示されますので、赤枠部分の「ゴミ箱へ移動」をクリックしてください。

ページの修正削除2|アフィリエイトの水先案内

「1件の投稿をゴミ箱へ移動しました」と表示されたら削除が完了となります。

作成したページを完全に削除するためにはゴミ箱を空にする必要がありますが、元に戻せなくなってしまいます。

ページの修正削除4|アフィリエイトの水先案内

作成したページを修正する方法 -固定ページ編-

テラステラス

固定ページを削除する方法について解説していきます。

通常の編集方法

まずは固定ページの一覧ページを開いてください。

修正・削除1|固定ページ編|アフィリエイトの水先案内

緑枠部分にカーソルを置くと、「編集」や「クイック編集」のようなポップアップが表示されますので、赤枠部分の「編集」をクリックしてください。

また、この時修正したいページをクリックしても同様の動きをしますので、ページを直接クリックしても構いません。

記事を開くことができれば、自由に修正を行うことができますので、修正作業をした後、「公開」や「更新」を忘れずに行いましょう。

クイック編集とは

クイック編集はその名の通り簡単に行うことができる編集です。

投稿一覧ページを開いた状態で編集作業を行うことができます。下図の赤枠部分が表示されます。

修正・削除2|固定ページ編

クイック編集で変更できるのは

  • タイトル
  • スラッグ(URLの文字列)
  • 公開する日付
  • パスワードを設定するかどうか
  • カテゴリー
  • タグ
  • コメントの許可

などを変更することができます。

作成したページを削除する方法 -固定ページ編-

まずは投稿の時と同じように固定ページの一覧ページを開いてください。

緑枠部分にカーソルを置くと、ポップアップが表示されますので、赤枠部分の「ゴミ箱へ移動」をクリックしてください。

修正・削除1|固定ページ編7|アフィリエイトの水先案内

「1件の投稿をゴミ箱へ移動しました」と表示されたら削除が完了となります。

作成したページを完全に削除するためにはゴミ箱を空にする必要がありますが、元に戻せなくなってしまいます。

修正・削除8|固定ページ編|アフィリエイトの水先案内

ウカブウカブ

以上で完了です。お疲れさまでした!

まとめ

投稿ページと固定ページの修正方法と削除方法について解説してきました。

実際にサイトを運営していると、ほとんどの場合、記事を新たに作成することよりも、修正することのほうが多いです。

そのため記事の修正方法に関しましては、すぐに使っていくうちに慣れていきますので、心配する必要はありません。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 記事を編集する方法は、投稿でも固定ページでも「編集」と「クイック編集」の2種類がある。
  • クイック編集では主に編集できることが限られるが、わざわざ画面を切り替える手間がないので、覚えておくと作業の効率化につながる。
  • 作成した記事を削除した場合は、すぐには削除されず、ごみ箱へと移動する。ごみ箱にある記事を削除した場合、復元することはできなくなるので注意して行う。