ホームページの基礎知識1|アフィリエイトの水先案内

今回はホームページの基本について解説していきます。

一口にホームページといっても、非常に多くの作り方があります。

それぞれのホームページの作り方の特徴をとらえておくことで、状況に応じて適切なホームページを作ることに役立ちます。

それではホームページの作り方について紹介していきます。

この記事で伝えたいこと
  • ホームページはHTMLファイルとサーバー、ドメインの3つで作成できる
  • ホームページを作成する方法には、無料ブログを使用する方法や専用のソフトを使用する方法がある
  • ホームページを簡単に作成できるツールをCMSといい、世界で最も普及したCMSがWordPress

なぜWordPressを学ぶ前にホームページについて知る必要があるのか

テラステラス

ホームページって何か説明することはできる?

ウカブウカブ

ホームページっていうのはあれだ、ええと・・・そう。別名ウェブサイトとかサイトとも言われていてインターネット上に公開するできるもの・・・?

そうなんです。人に簡潔に説明することって難しいですよね。

人に説明するためには、まず自分がしっかりと理解してなければいけません。WordPressを学ぶ上で一見必要のない知識のように見えますが、基本を押さえておくことは大切です。

まずは「ホームページとは何か」を説明できる人になりましょう。

ホームページは誰でも公開できる

ホームページと聞くと「とても難しいものだ」と感じる方も多いようです。

ましてや「ホームページを作る」となると「自分にはできない」と思ってしまうのではないでしょうか。しかし、意外にもホームページは簡単にできているものです。

ホームページを構成しているのは「HTMLで書かれたファイル」「サーバー」「URL」この3つです。

サーバーにHTMLで書かれたファイルを入れることでホームページを公開することができます。

テラステラス

サーバーとドメイン、WordPressがあればホームページは公開できます。

HTMLで書かれたファイルとは

HTML|アフィリエイトの水先案内

HTMLというコンピュータが読み込むことができる言語で書かれたファイルです。HTMLはHyper Text Markup Languageの頭文字をとって命名されています。

Hyper Textとはページや画像と紐づけすることができるテキストの事を指しています。

つまり、今こうして書いている文章もすべてハイパーテキストになります。インターネット上に書かれている文章のほとんどはハイパーテキストと呼んでよいでしょう。

Markup Languageとは文章の構造を正しくコンピューターに読み取ってもらうための言語です。

つまり、HTMLという言語を活用して書くことで、コンピューターに正しく読み取ってもらうことができます。

サーバーとは

サーバーと聞くと多くの方が初めに想像するのが「ウォーターサーバー」なのではないでしょうか。

今回解説する「サーバー」も、多くの方が想像する「ウォーターサーバー」も、サーバーの本来の意味である「供給する」という点では同じかもしれませんが、想像しにくいと思いますので具体的な例を挙げて解説していきます。

サーバーのイメージとしてはショッピングセンターにお店を出すことが近いと思います。

例えばですが、あなたがショッピングセンターにお店を出店することになった場合、お店のレイアウトやどのような商品を陳列するかなどは自分たちで考えますが、ショッピングセンターの耐震工事については考えたりしませんよね?

サーバーの場合も同様で、サーバーがショッピングセンターとすると、HTMLで書かれたファイル(つまりホームページです)がお店です。

もちろん、自分でサーバーを作ることも可能ですが、かなりの技術と管理が大変なので、サーバーをレンタルしたほうが現実的でしょう。

URLとは

URLとはホームページがどこにあるのかを示すものです。「住所」と言われるとピンとくる方も多いのではないでしょうか。

もしもURLがないと、たとえホームページは公開されていても、住所がありませんので永遠にたどり着くことができない状態に陥ってしまいます。

そのため、ドメインを取得する=URLを取得することになりますのでホームページを多くの人に見てもらうためにドメインを取得する必要があります。

ウカブウカブ

現実の世界だったら表札でなんとか届けてもらえるよね。

テラステラス

現実世界ではね。

ホームページはつながっている

いざホームページを公開したとしても「ホームページを開設したよ!」とだれかに教えることができなければ、閲覧してもらうことはできません。

そこで活躍するのが「リンク」機能です。

ホームページはこのリンク機能を使うことで、お互いのホームページ同士をつなげることができます。
そしてそのつなげることを行っているのがあの「Google」です。

Googleとつながることで、私たちが公開したホームページはGoogle検索を通じて閲覧することができるようになっています。

ウカブウカブ

結局のところ、Googleさんとお友達にならないとダメなの?

テラステラス

お友達までは必要ないけれど、Googleに嫌われてしまうと検索に表示されなくなってしまうのよ。

様々なホームページの作り方

ここでは様々なホームページの作り方について解説しております。

一昔前はホームページを作成する場合は、HTMLで作成することしかできませんでした。

しかし、現在はHTMLを知らなくても、ホームページを簡単に作成することができるサービスがたくさん提供されておりますので、あなたの好みに合うようなサービスを選択してホームページを作成するとよいでしょう。

ホームページを作成する方法は大きく分けて次の3つに分類されます。

  • ホームページ作成ソフトを使用する
  • 無料ブログを使用する
  • CMSを使用する

どのサービスを使ってホームページを作成する場合でも、ホームページを構成する要素のHTMLを知っていると非常にカスタマイズが簡単にできますので、もし余裕のある方はホームページを作りながらHTMLも学んでいくとよいでしょう。

ホームページ作成ソフトを使用する

HTMLはタグと呼ばれる「<>」で囲まれた文字列を使用することでサイトを作っていきます。

実は、今お使いのパソコンにも標準で搭載されている「メモ帳」を使用することで、HTMLファイルの編集を行うことができます。

しかし、メモ帳などのテキストエディターではどうしても限界があります。

ある程度の勉強をする必要はありますが、ホームページ作成ソフトを使用すると比較的簡単にHTMLファイルを作成することができます。

ホームページ作成ソフト

Dream Weaver

adobeシステムズが発売しているホームページ作成ソフトです。非常に使いやすいですが、使用するにはHTMLの知識が必須です。

また、使いこなすようになるにはかなり時間も要する上に、使用するためには毎月一定の金額を支払う必要がありますので、一からHTMLを学び始める初心者の方にはおすすめいたしません。

以前はDream Weaverのソフトは買い切りでしたが、現在は毎月支払うことで使用することができます。

ある程度HTMLが理解できる、ホームページを一から作れるようになった段階で購入を検討するとよいでしょう。

BiND

人工知能であるAiを活用して、数枚の写真とサイトのコンセプトを入力するだけでホームページを作ってくれるサービスです。

私自身も入手していないので、どの程度のホームページが出来上がるのかは不明ですが、見た目にも美しいホームページがものの数分で出来上がってしまうと評判です。

Sirius

アフィリエイターならば必ず持っておきたいホームページ作成ソフト。デザインテーマを選び、記事を書くだけで簡単にホームページを作成することができます。

メモ帳に記事を書いていくような感覚でホームページを作り上げることができますので、いとも簡単にホームページを作成することができます。

サイトを簡単に作成することができますので、1つの商品を掘り下げて紹介するような特化サイトを作る場合に役立ってくれます。

無料ブログを使用する

こちらはブログを作成する場合のみですが、アカウントの登録のみですぐに自分用のホームページを作ることができます。

ただし、広告などが勝手に表示されてしまうので、広告を消したい場合は有料プランに変更するか、自分でサイトを持つしかありません。

主な無料ブログサービス

アメブロ

会員数No.1の無料ブログサービス。芸能人も多数使用していますが、広告を張り付けて収入を得ることは禁止となっています。 現在はアフィリエイトが許可されている模様です。

ライブドアブログ

有料プランが存在しておらず、すべて無料で使用することができる無料ブログサービス。

他社では有料の機能もガンガン使用することができますが、スマートフォン表示したときの広告が消すことができないのが難点です。

ただ、無料ブログのリスクを軽減することができる独自ドメインの導入もできますので、非常に魅力的な無料ブログサービスの一角と言って間違いないでしょう。

はてなブログ

非常にアクセスを集めやすい無料ブログサービスと言われているのがはてなブログです。

多くの人が耳にしたであろう「はてなブックマーク」という非常にアクセスを集めやすいコミュニティサイトを持っています。

しかし、なかなかブログ運営の条件が厳しく、一定期間更新していないと削除される恐れもあります。

CMSを利用する

CMSとはコンテンツ・マネジメント・システムの略で、平たく言うとHTMLを知らなくても簡単にホームページの作成や更新作業を行うことができます。

アフィリエイトにおすすめのWordPressもこのCMSサービスに含まれています。

主なCMSサービス

WordPress

いわずと知れたCMSの代表。世界でも日本でも最も使われており、なんと現在作られているホームページの約40%はWordPressと言われています。

プラグインによる拡張性能や日々進化するウイルスなどに対抗するため、日々アップデートが重ねられています。

Jimdo!

ホームページを無料で作成することができるサービスの一つ。

ある程度のホームページに対する知識は必要ですが、作成したいサイトがしっかりとしているのであれば思い通りにホームページをデザインすることもできます。

まとめ

一口にホームページといっても、様々な作り方があるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

紹介した中でも、WordPressはその自由度の高さと拡張性から、多くの人から支持を得ております。
次からはWordPressについて本格的な解説を行っていきます。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • ホームページとは「HTMLファイル」「サーバー」「URL」の3つの要素で構成されています。
  • ホームページはリンクでつながっており、誰でも公開することができ、誰でも、どこでも閲覧できます。
  • WordPressはCMSと呼ばれるサービスの一角で非常に多くの人に利用されています。