独自ドメインのメリットやデメリット-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

今回はサイトを作成するためには欠かせない「ドメイン」について解説していきます。

ホームページを作る上で、必ずといっても必要になってくるもの。それがドメインです。

WordPressでサイトを作成する場合、独自ドメインを必ず取得しなければなりません。

WordPressでサイトを作成する場合はしっかりと独自ドメインについて知っておきましょう。

この記事ではドメインとはどういうものなのか、そしてどんな種類があるのかについて解説していきます。

この記事で伝えたいこと
  • ドメインはサイトを運営する上で、絶対になくてはならないもの
  • 独自ドメインを取得することで、サイトを自由自在に構築することができる
  • ドメインにはさまざまな種類があるので、参考程度に知っておくことも大切

ドメインとは

ドメインは分かりやすく言うと、インターネット上の住所といわれていてウェブページを識別するためにあります。

ドメインはサイトを識別するためにありますので、当然、同じドメインは世の中に1つとして存在しません。

例をあげてみると?

当サイトですとaffiliate-pilotage.comがドメインです。
そしてホームページのアドレスはhttps://affiliate-pilotage.comがホームページのアドレスです。

このホームページのアドレスは自分で取得したアドレス(=独自のドメイン)ですので、ドメインの年間利用料を支払い続ける限り、削除されることなくあなたの自由に使用できます。

例をあげてみると?

私が使用しているXSERVERが何らかの理由にサービスの提供が終了したとします(とても不吉ですが)

しかし、私はサーバーがなくなったとしても独自ドメインを所持していますので、サイトのバックアップとドメインの移管を行うことで別の会社でのサイトの運営が可能です。

テラステラス

ドメインはサイトを運営する上で非常に大切です!

独自ドメインとは

独自ドメインとはその名の通り、利用者が独自に決めることができるドメインのことです。

独自ドメインを取得することにより、サーバーを移管することや有事の際のリスク管理を行うことができますので、安全にサイトを運営することにつながります。

無料ブログなどのサービスを利用する場合は、サービス提供元が用意するドメインのURLを借りてサイトを作成します。

そのため、ドメインの所有権は当然サービス運営元の会社にありますので、私たちアフィリエイターが勝手に操作することはできませんし、サービスが終了した場合は自動的にサイトは閉鎖となります。

無料ブログは後述するサブドメインという技術を用いてサイトを無数に作ることを可能としております。

サブドメインはあなたが独自ドメインを取得した場合に使用する可能性があると思いますので、しっかり理解しておきましょう。

サブドメインとは

サブドメインとは、独自ドメインをさらに細かく分けて複数のユーザーに割り振ることができるドメインです。具体例を出して解説していきます。

例をあげてみると?

あなたが「sample-sample.com」というドメインを取得していたとします。

 

あなたはこの「sample-sample.com」で作成しているサイトに関連したサイトを作ろうと思いましたが、余分な費用はかけたくありませんよね。

ここでサブドメインが登場します。

サブドメインはドメインの前に「.(ドット)」をつなげて任意の文字列を打ち込むことで新たなドメインを作り出す技術です。

例をあげてみると?

具体的には「subsite.sample-sample.com」や「ukabu.sample-sample.com」といった具合です。

この「subsite」や「ukabu」の部分がサブドメインです。

この時、サブドメインもドメインと同様に世の中に1つしか存在しないように設定する必要があります。

実は、無料ブログなどはこのサブドメインを利用しております。

無料ブログの運営元は自社が所有するドメインをユーザーに対して貸出し、サブドメインを作ってもらうことでユーザーは無料でブログを作ることができます。

ウカブウカブ

無料ブログはサブドメインの仕組みを利用してるっと

テラステラス

ここからは独自ドメインを取得するメリットやデメリットについて紹介するわね!

独自ドメインを取得するメリット

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

好きなドメイン名を使える

ドメインは世の中に同じドメインがなければ取得することが可能です。

そしてこれはサブドメインでも同様のことが言えます。

独自ドメインであれば「.com」「.net」「.jp」などさまざまな種類から選ぶことができますので、よほど有名な名前(sample.comなど)でない限り、まず希望するドメインは取れます。

自分のサイトと合ったドメインを選択するためにも、独自ドメインで取得するとよいでしょう。

サブドメインを使うことができる

独自ドメインを取得することで、先ほど紹介したサブドメインを使用できます。

独自ドメインは1つ取得するごとに年間の使用料がかかりますが、サブドメインはどれだけ取得しても無料です。

メインのサイトを独自ドメインで取得した後に、関連したサイトをサブドメインで作成するというのは、サイト運営する上でコストを抑える重要な戦略ですので、初めてサイトを作成する場合は独自ドメインを取得することをおすすめいたします。

同じURLを使い続けることができる

独自ドメインを使用する場合、サーバーを変更してもURLは使い続けることが可能です。

レンタルサーバーのサーバー会社を変更しても、URLであるドメイン名を変更しない限り、検索順位に影響を与えることはありません。

しかし、無料ブログの場合、ドメインは初めから無料ブログのサービス提供元が貸し出すので、ドメインは会社ごとで用意されております。

そのため、URLを引き継いで別の会社に移動はできません。

例をあげてみると?

現在seesaaブログでサイトを運営している場合、fc2ブログに引っ越しした場合を考えてみます。

サイト自体はそれぞれのサービス運営元が提供してくれる引っ越しサービスを活用することでサイトの内容は引き継ぐことは可能ですが、ドメイン名は引き継ぐことはできません

また、無料ブログを提供する運営元の会社が、何らかの原因でサービスを終了してしまった場合、ブログは自動的に閉鎖されます。

もしもバックアップなどを取っていなかった場合、今まで書いたものは自動的に削除されます。

テラステラス

ドメインは使用料を支払い続ける限り、使い続けることができます

検索エンジンで有利

独自ドメインを長く運用すると、サイトの歴史が情報としてドメインに蓄積されます。

長くサイトを運営しているということは、それだけでも新たに作られたドメインよりも有利に働いてくれますので、上位に表示させやすくなります。

サイトのタイトルとドメイン名を合わせることで、上位で表示されることが多くなるので、ドメイン名は慎重に考える必要があるといえるでしょう。

サイトのタイトルとドメイン名を合わせやすい日本語ドメインも検討する余地がありますが、日本語ドメインのメリットやデメリットに関しましては下記のリンクで詳しく解説しております。

アフィリエイトは日本語ドメインでも大丈夫?SEOは?

独自ドメインを取得するデメリット

デメリットについて|アフィリエイトの水先案内

無料ではない

独自ドメインを取得するデメリットとしては、やはり費用が掛かってしまうという点が挙げられると思います。

高いものだと年間で1万円、安いものだと年間で1,000円と金額に幅はあるものの、個人でサイトを運営する場合には高くても年間で3,000円程度でしょう。

独自ドメインは多少の費用をかけても得られる恩恵のほうが大きいですので、ぜひともサーバーと合わせて契約することをおすすめいたします。

任意のドメインが使われていることも

全てのドメインは世の中に1つしか存在しません。

そのため、ドメイン名はすべて早い者勝ちとなっておりますので、自分の希望するドメイン名がとられてしまっている可能性もあります

こればっかりはどうすることもできませんので「取得したいドメインに近いドメインを探す」か、「サイトの名前を大幅に変更する」、「日本語ドメインを取得する」などの工夫が必要です。

ウカブウカブ

ほしいドメインがとられてた・・・。

中古ドメインに注意する

ドメインには中古のドメインというものもあります。

中古ドメインの中には詐欺で使われていたドメインやアダルトサイトの運営で使われていたドメインがありますので、十分に注意して取得するようにしてください。

新規ドメインと中古ドメインにつきましては下記のリンクで詳しく解説しております。

新規ドメインと中古ドメインのメリットとデメリットについて

ドメインの種類

ドメインには種類があり、大まかに分けると2種類に分別されます。

国コードトップレベルドメイン(ccTLD)

国ごとや地域ごとに割り当てられているドメイン。ドメインを取得するためには割り当てられている地域に住んでいる必要があります。

日本の場合、「.jp」がこれに該当します。このドメインは個人でも取得することが可能です。

属性型jpドメイン

よく「○○.co.jp」のようなドメインを見ることはないでしょうか。

この上記のようなドメインの形を「属性型jpドメイン」といい、「jp」の前についている「co」などで企業などを分別しております。

ドメインの種類は下の表にまとめております。

.co.jp 日本で登録されている会社や企業が登録可能
.or.jp 指定された法人のみが取得可能(財団法人など)
.ne.jp ネットワーク事業の利用者が利用できる
.ac.jp 教育機関が登録可能
.go.jp 政府関係機関が登録可能

 

これらのドメインは個人では取得ができません

分野別トップレベルドメイン(gTDL)

ホームページの利用用途によって種類が分かれているドメイン。

取得する人の国籍にかかわらず誰でも取得できます。

主なドメインの種類を下の表にまとめております。

.com 商用利用のためのドメイン
.net 特に利用用途は指定されていないドメイン
.org 非営利団体を示すドメイン
.info 主に情報を提供するときのドメイン

 

世界の分野別トップレベルドメインのうち「.com」が8割を占めており、当サイトもまた「.com」でつくられています。

ドメインとSEO対策の関係性

実はSEO対策を行う上でドメインは重要な部分を占めるといっても過言ではありません。

しかし、ドメインは一度取得すると変更することができませんので、あまり深く考えられていないようです。

ですが、サイトのタイトルとドメイン名に関連性があったほうが、当然全く関係がない場合よりも上位に表示される確率は高くなります。

サイトのタイトルにあったドメインをつけることで、通常よりも早い段階で検索順位に表示させることも可能です。

サイト構築の際、まずはサイトのタイトルを決めてからドメインを取得すると良いでしょう。

ウカブウカブ

ドメインを取得するのはサイトのタイトルを決めてからっと

アルゴリズムに好まれるドメインとは

これはドメイン名だけでなく、パーマリンクを設定する場合にも関わってくるのですが、検索順位を決定するアルゴリズムには、好みがあるといわれています。

最近だと、1つのキーワードに対して網羅的に書かれたサイトなどはアルゴリズムに好まれる記事といえるでしょう。

記事でも好みがあるのですから、当然ドメインでも好みがあると考えることは自然です。

アルゴリズムが好むドメイン名とは

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

分かりやすく簡潔なURLを用いる

まず実際にURLを読み取るのは機械ですので、機械にもわかりやすいドメイン名をつけることが必要になります。

ドメイン名で分かりやすいURLにするためには、記事の中で伝えたいことをそのままドメイン名とするとよいでしょう。

例をあげてみると?

このページのドメイン名は

https://affiliate-pilotage.com/environment/domain/

です。ドメインについてをストレートにURLにしております。

この時に気を付けなければならないのが、ドメイン名を長くしてしまうことです。

何度も言いますが、URLを読み取るのは機械ですので短くても簡潔に伝わるドメイン名をつける必要があるといえるでしょう。

ドメインの内容と記事の内容を一致させる

例をあげてみると?

ドメイン名に「ラーメンの紹介」と書かれていたのにもかかわらず、記事では上手なカレーライスの作り方を紹介したとしたら、違和感がありませんか?

ドメインとSEOは密接に関係していると先ほどからお話している通り、ドメイン名と記事も関係が大切です。

ドメイン名に「ラーメンの紹介」を書いたのであれば、当然記事も「うまいラーメン屋について書く」とSEO対策になるでしょう。

テラステラス

ドメイン名と記事は密接にかかわる必要があります!

日本語ドメインについて

近年では、日本語でのドメインの取得も可能となりました。

当サイトは英文字で取得しておりますが、日本語ドメインは日本人にとって覚えやすく、サイトのタイトルとドメインを同じにすることでさらに覚えやすくなるという特徴があります。

日本語ドメインに関しましては、SEO対策に効果があるともないとも言われておりますので、本当のところはわかりません。

ただし、ドメイン名とサイトタイトルは関連性が高いほうが上位に表示させやすい、と古くから言われていることを考えると、日本語ドメインの効果は高いのではないでしょうか。

しかし、日本語ドメインは覚えてもらいやすい反面で、ピュニコード変換という作業を行わなければならないことがあります。

SEO対策の面では非常に効果をもたらしてくれるのですが、サイトの運用面で少々手間がかかる、というデメリットもあります。

英語ドメインでも、日本語ドメインでもドメイン自体の強さは変わりませんので、好みで決めてしまっても構いません。

日本語ドメインの取得をお考えの方は、日本語ドメインについてさらに詳しく下記のリンクで解説しております。

アフィリエイトは日本語ドメインでも大丈夫?SEOは?

テラステラス

日本語ドメインもおすすめの1つです。

アフィリエイトを行う際には独自ドメインを取ろう

グッジョブ|アフィリエイトの水先案内

アフィリエイトを行う場合「独自ドメインを取得してください」と書いてあることがほとんどではないかと思います。

独自ドメインを取得することにより、サイトのタイトルとドメイン名を関連づけることができます。

独自ドメインを取得することでサブドメインも作り放題、ドメインを取得することでサーバーに依存しなくなるなど、多大なメリットを享受できます。

独自ドメインを取得するためには費用が掛かりますが、上記に挙げたメリットが大きすぎますので、当サイトもアフィリエイトを行う際には独自ドメインでのアフィリエイトをおすすめしております。

ドメイン取得時の注意点

まずはドメイン会社を知る前に、実際にドメインを取得する際の注意点について解説いたします。

1.取得費用と更新費用は違う

下の表はエックスドメインの料金表です。

ドメイン 取得 更新 移管
.com 1,180円
(税込:1,274円)
1,180円
(税込:1,274円)
1,180円
(税込:1,274円)
.net 1,380円
(税込:1,490円)
1,380円
(税込:1,490円)
1,380円
(税込:1,490円)
.info 580円
(税込:626円)
1,480円
(税込:1,598円)
1,480円
(税込:1,598円)
.me 980円
(税込:1,058円)
2,480円
(税込:2,678円)
2,480円
(税込:2,678円)

赤字の部分にご注目ください。

赤字の部分の取得費用はほかのドメインと比べてもある程度安いですが、2年目以降の更新料や移管する場合の料金は高くなります。

「取得するときの費用が安いから」といって安易にドメインを選んでしまうと、後で費用が多くかかってしまうことがありますので、十分注意してください。

ウカブウカブ

取得費用と更新費用は違うんだよね・・・

2.Whois公開代理を知る

実は独自ドメインを取得した場合、そのドメインの「登録した日付」や「有効期限」、「登録者の名前や住所」等を公開する義務が生じます。

といっても、あなたの氏名や住所といった個人情報が公開されることはありません。

なぜかというと、ドメイン会社では「Whois公開代理」と呼ばれる、このドメインの所有者の情報を公開する義務を代わりに行ってくれるサービスが提供されているためです。

Whois公開代理はあなたの氏名や住所が公開される部分を、ドメイン会社が代わりに自分の会社や住所を公開することで個人情報を保護するためのサービスです。

ほとんどのドメイン会社にはこのサービスがありますので心配することはありませんが、一応確認すると良いでしょう。

テラステラス

もしもWhois公開代理サービスが提供されていない場合、あなたの住所を公開しなければなりません!

3.著作権にかかわるドメインは避ける

ドメインは世界に1つしか存在しませんが、商標登録されたものやブランドとなっているものは後からのトラブルを回避するという意味でも、避けた方がよいでしょう。

また長いドメイン名や分かりにくいドメイン名も避けた方がいいです。

どうしてもドメインが決められない場合、ハンドルネームをドメイン名にしてしまうのも手です。

check!※ハンドルネームとは
本名の代わりに使用する呼び名。ニックネームのこと。
例をあげてみると?

私の場合ですと、ハンドルネームは「アオイノ」ですので、

http://aoino-affiliate.com

といった感じになると思います。(ちなみにどのドメインでも取得は可能でした)

ここからはおすすめのドメイン会社について紹介していきます。

私はXSERVERでサーバー契約しておりますので、連携させることが簡単なXdomainをおすすめしております。

取得したサーバー会社によってドメイン会社も柔軟に変更することをおすすめします。

おすすめのドメイン会社

1.エックスドメイン

エックスドメインメインページ|アフィリエイトの水先案内

まずはエックスサーバーが運営するドメイン会社、エックスドメインです。

同じ会社が運営しておりますので、サーバーへの紐づけ作業もとても簡単にできます。

料金はふつうですが、エックスサーバーを契約している場合はドメインの管理も同じIDで管理できるため、非常に簡潔に行うことができます。

こちらからエックスドメインサイトへどうぞ。

2.お名前.com

お名前ドットコムメインページ|アフィリエイトの水先案内

利用者数No.1のお名前.comです。

取り扱っているドメインの種類も500種類以上あり、どれで取得するか迷うほどです。

ドメインの種類がたくさんあるということは、希望するドメイン名を取得しやすいということになります。

他のドメイン会社で希望するドメインがなかった場合、お名前.comで探してみるとよいでしょう。

こちらからお名前.comどうぞ。

3.ムームードメイン

ムームードメインメインページ|アフィリエイトの水先案内

ロリポップ!を運営しているGMOベボバが運営するドメイン会社です。

レンタルサーバーのロリポップ!も安いですが、ムームードメインでのドメイン取得費用も安いです。

取得費用が安いので「まずはお試しでアフィリエイトを1年間行う」場合は非常に活躍してくれるドメイン会社となるのではないでしょうか。

こちらから格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─サイトへ移動できます。

4.スタードメイン

スタードメインメインページ|アフィリエイトの水先案内

業界最安値を掲げるスタードメインです。

スタードメインの魅力は何といってもドメインを取得、更新、移管するごとにポイントがたまること、スタードメインで新たにドメインを取得すると無料でレンタルサーバーを借りることが可能です。

ドメインを取得するだけでサイトを運営していくことが可能ですので、メイン以外のサイトを運営する場合にも、非常に役に立つこと間違いないでしょう。

こちらからスタードメインのサイトへ移動できます。

ウカブウカブ

どのドメイン会社でドメインを取得しようかな~

まとめ

ドメインとは何か、ということから独自ドメインのメリットやデメリット、ドメインの種類について解説してきました。

ドメインの種類に関してはあまり覚える必要はありませんが、どのようなものがあるか、ということを知っておくことで役立つ時が来るかもしれません。

ドメインは一度取得してしまうと、容易に変更できるものではありませんので、しっかりと考えて取得する必要があります。

また、自分が取得したいドメインが取られていることもしばしばありますので、しっかりと考えたうえで、素早く取得するのが良いでしょう。

アフィリエイトを始める場合にはまずはドメインを取得するのと同時に、レンタルサーバーの契約を行うようにしましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • ドメインはインターネット上にある住所のようなもので、同じドメインは1つとして存在しない。
  • サブドメインは独自ドメインを取得することで、無料でいくらでも作ることができる
  • ドメインには種類があり、国別や分野別によって分かれている。
  • ドメインはSEO対策にも多少なりとも影響を及ぼすので、しっかりと考えて取得する必要がある。
  • アフィリエイトを行う際はサイトを安全に長く運営していくためにも、独自ドメインを取得してアフィリエイトを行う