【WordPressプラグイン紹介】自分のアバターを作成する

今回は、WordPressでアバターを設定できる「WP User Avatar」について解説していきます。

「WP User Avatar」は、WordPressでアバターを設定する場合に使用することで、簡単にアバターを変更することができるプラグインです。

どのようなプラグインなのか

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

「WP User Avatar」は、WordPressでしてくれるプラグインです。

アバターはコメントの返信を書く場合などに使用され、アバターを設定していない場合はミステリーマンの画像が設定されてしまいます。

特にオリジナルの要素が求められている昨今のサイトでは、アバター1つとってもしっかりと設定する必要があるでしょう。

WP User Avatarの魅力

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

設定が簡単

実はアバターを変更する方法は「WP User Avatar」をインストールする方法だけではありません。

GravatarというWordPress.comが提供するサービスでもアバターを設定することができます。

しかし、Gravatarを使用する場合のメリットは「プラグインを増やさない」だけなのに対して、「アカウントを作成する必要がある」「表示されるまでに時間がかかる」などのデメリットが多いため使用をおすすめしていません。

「WP User Avatar」はプラグインのインストールだけでアバターを簡単に変更することができますし、いつでも変更したらすぐに反映されます。

WP User Avatarの難点

デメリットについて|アフィリエイトの水先案内

プラグインをインストールする必要がある

残念ながら同じアバターを変更することができるGravatarと比べると、プラグインをインストールしなければならないという手間はあります。

また、どうしてもプラグインを増やしたくない場合はWP User Avatarを使用せずにGravatarを使用するとよいでしょう。

WP User Avatarをインストールする方法

WordPressプラグインの「新規追加」から「WP User Avatar」を検索して追加していきましょう。

赤枠部分に「WP User Avatar」と入力してください。

画像

WP User Avatarが表示されましたら、赤枠部分のインストールをクリックします。

画像

「インストールが完了しました」というメッセージが表示されたら、赤枠部分の「プラグインを有効化」をクリックします。

以上でプラグイン「WP User Avatar」のインストールが完了しました。

まとめ

WordPressのアバターを変更するプラグイン「WP User Avatar」について解説しました。


メディアページの活用方法

WordPressでは、サイトに保存された画像や動画などを閲覧することができる「メディアページ」の機能が初めから設定されています。

基本的にメディアページでできることは、投稿画面の「メディアを追加」からも行うことができますので、どちらを使用してもかまいません。

アップロードした画像をすぐに編集する場合は、投稿画面の「メディアを追加」からが便利ですし、過去にアップロードした画像などを編集する場合は「メディアページ」で行ったほうが便利です。

この記事では、WordPressで行うことができる画像の編集について紹介していきます。

メディアページでできること

メディアページでできることは、主に2つです。

  • ライブラリに画像をアップロードする
  • アップロードした画像を編集する

まずは画像のアップロードの方法について解説していきます。

ライブラリに画像をアップロードする

メディアライブラリに画像をアップロードする方法は、非常に簡単ですので初めてWordPressを使用する方でもすぐに覚えられるでしょう。

まずは下図の赤枠部分の「新規追加」をクリックしてください。

メディアを追加する1水

下図の画面に切り替わったら、赤枠部分の「参照」をクリックします。

メディアを追加する2|アフィリエイトの水先案内

するとフォルダーが開かれますので、アップロードしたい画像を選択してください。

画像挿入6|アフィリエイトの水先案内

今回は「test」画像をアップロードします。アップロードが完了すると画像が追加されます。

以上ライブラリに画像をアップロードする方法は完了です。

アップロードした画像を編集する

WordPressにアップロードした画像はすべて編集することができます。

WordPressの画像編集では、以下の機能が標準で装備されています。

  • 画像のトリミング
  • 画像の回転
  • 画像の反転
  • 縮尺の変更
  • 画像に情報を付属する

WordPressにアップロードした画像を編集する場合は、まずは画像の詳細画面を表示させます。

画像の詳細画面を表示させるためには、画像をクリックしてください。

メディアを編集する1|アフィリエイトの水先案内

すると、画像の詳細画面が表示されますので、下図の赤枠部分の「画像を編集」をクリックしてください。

メディアを編集する2|アフィリエイトの水先案内

これで画像を編集することができるようになります。

メディアを編集する3|アフィリエイトの水先案内

それではひとつひとつ見ていきましょう。

画像のトリミング

画像のトリミングでは、文字通り画像をトリミング、つまり画像を切り抜くことができます。

基本的には四角く切り抜くことしかできませんが、ペイントなどのソフトを使用しなくても、WordPress上で切り抜きができます。

画像の一部のみが必要な場合など「切り抜き」を使用することは非常に多いと思いますので「WordPress上で画像の切り抜きができる」ということは覚えておくとよいでしょう。

使い方としては、まず切り抜きたい部分を画像上でドラッグします。

画像を切り抜く1|アフィリエイトの水先案内

サイドバーでは縦横比を設定することやピクセルで設定することも可能です。

赤枠部分では現在切り抜く予定の選択範囲がピクセルで表示されています。

画像を切り抜く3|アフィリエイトの水先案内

切り抜きたい部分が選択できたら、下図の赤枠部分のボタン「トリミング」をクリックしてください。

画像を切り抜く2|アフィリエイトの水先案内

以上で画像のトリミングが完了です。

画像の回転

画像の回転では、文字通り画像を回転させることができます。

右回転と左回転を選択することができますが、基本的にはどちらでも構いません。

お好みでクリックしてください。

メディアを右回転させるには下図の赤枠部分のボタンをクリックしてください。

メディア右回転|アフィリエイトの水先案内

メディアを左回転させるには下図の赤枠部分のボタンをクリックしてください。

メディア左回転|アフィリエイトの水先案内

画像の回転は、90度づつ行われます。

画像の反転

WordPressの画像編集では、画像を反転させることも可能です。

垂直方向に反転させることもできれば、水平方向に反転させることも可能です。

メディアを垂直方向に反転させるには下図の黄枠部分のボタンをクリックしてください。

垂直方向に反転|アフィリエイトの水先案内

アオイノからの一言

なぜここだけ黄色なのかは追求しないでください・・・。

メディアを水平方向に反転させるには下図の赤枠部分のボタンをクリックしてください。

水平方向に反転|アフィリエイトの水先案内

画像の反転はあまり使用することは無いかもしれませんが、一応機能として紹介しておきました。

縮尺の変更

縮尺の変更を行うことで、画像のサイズを変更することができます。

メディアサイズを変更する|アフィリエイトの水先案内

ただし、元のサイズよりも大きいサイズに変更することはできませんので注意しましょう。

縮尺の変更では、大きい画像を小さくする場合に役立ちます。

ただし、もともと大きなサイズの画像を一度小さくした後に、再び元のサイズまで大きくすることは可能です。

画像に情報を付属する

画像の編集画面ではありませんが、メディアページでは、画像に情報を付属させることが可能です。

メディアページで画像に情報を付属させるためには、画像を編集する1つ前の画面で設定することができます。

画像に情報を紐づける|アフィリエイトの水先案内

それではメディアページで設定・閲覧できる画像の情報について紹介します。

タイトル

タイトルはその写真のタイトルです。画像の名前といったほうがしっくりくるかもしれません。

画像のタイトルが日本語の場合は、よくわからない文字列が名前に変換されます。

しかし、画像のタイトルはあまり重要ではありませんので、特に変更する必要などはありません。

キャプション

挿入した画像の周りに文字などを配置することができます。

配置する位置はテーマなどによって変化します。

代替テキスト

画像が表示されなかった場合などに、画像の代わりに表示されるテキストを決定します。

こちらは画像の情報となる部分ですので、必ず設定する必要があります。

代替テキストはSEO対策にも関わってくる重要な部分です。

画像が表示されなかった場合で、サイトに訪れてくれたユーザーにしっかりと伝わるような文章を代替テキストに記入しましょう。

説明

説明は画像に関する説明です。

ここで言う説明は私たちサイトの編集者向けの機能のため、基本的に一人でサイトを運営している場合は特に記入する必要はないでしょう。

また、空白でもSEO対策などにも影響を及ぼすことはありませんので特に入力することがなければ空白でも大丈夫です。

アップロード先

画像がどのページで表示されているか、を確認することができます。

画像がたくさんアップロードされている場合は大変ですが、この部分を見ることで不要な画像を削除することも可能です。

まとめ

メディアページでは、画像に関する様々な機能が用意されています。

ただし、冒頭でもお話しした通り、メディアページでできることは投稿画面の「メディアを追加」からも行うことができます。

画像の編集はどちらからでも行うことができる、ということだけしっかりと覚えておきましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • メディアページではアップロードされた画像を確認するだけでなく、編集もできる
  • メディアページでできることは、投稿画面の「メディアを追加」でも同じことを行うことができる
  • 画像の切り抜きは意外と便利なので覚えておくと役立つことがある


【WordPressプラグイン紹介】予約更新をする

今回は、WordPressで予約更新をすることができる「Rucy」について解説していきます。

「Rucy」は、WordPressで予約更新を設定する場合に使用することで、簡単に予約更新を実現できるプラグインです。

[char no="11" char="ウカブ"]Rucy(ルーシー)ってルフィがコリーダコロシアムで使った時の名前だよね[/char]

[char no="16" char="テラス"]たまたまでしょ。[/char]

どのようなプラグインなのか

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

「Rucy」は、WordPressで予約更新をしてくれるプラグインです。

WordPressでは、デフォルトの機能で予約投稿の機能が備わっているのに、なぜか予約で更新する機能は備わっていません。

どうしても「この日はパソコンが触れないけど、ページの更新はしておきたい」という時はありませんか?

「Rucy」を使うことでページの更新を予約することができますので、パソコンに触ることができない日でもサイトは更新し続けることができます。

Rucyの魅力

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

WordPressの機能にはない予約更新ができる

RucyはWordPressのデフォルトの機能に備わっていない、予約更新の機能を付属させることができます。

すでに公開しているページに対して、指定した日時や時間にページを更新したい場合に便利です。

アイキャッチ画像も予約更新できる

Rucyは本文の記事だけでなく、アイキャッチ画像の予約更新も行うことが可能です。

元の記事に戻すこともできる

Rucyでは、予約更新を行った後に、また元の記事にもどすロールバック機能も付いています。

日時や時間を指定したキャンペーンなどの際に、更新を忘れずに行うことができますので、非常に便利な機能といえるでしょう。

Rucyの難点

デメリットについて|アフィリエイトの水先案内

有効化しただけでは使えない

Rucyをインストールして有効化した際に必ずつまずくところだと思うのですが、Rucyは初期設定では使用しないように設定されています。

そのため、プラグインを有効化したら、まずは設定から「Rucy」を開いて、予約更新を行う投稿タイプを選択する必要があります。

Rucyをインストールする方法

WordPressプラグインの「新規追加」から「Rucy」を検索して追加していきましょう。

赤枠部分に「Rucy」と入力してください。

プラグインインストール|アフィリエイトの水先案内

Rucyが表示されましたら、今すぐインストールをクリックします。

rucy1|アフィリエイトの水先案内

「インストールが完了しました」というメッセージが表示されたら、有効化をクリックします。

rucy2|アフィリエイトの水先案内

以上でプラグイン「Rucy」のインストールが完了しました。

Rucyの設定方法

WordPressの予約更新を行うRucyはそのままインストールをして有効化しただけでは使用することができません。

まずは、どの項目で予約更新を行うのかを設定する必要がありますので、まずは設定をしましょう。

サイドバーの「設定」に「rucy」の項目が追加されていますので、クリックします。

rucy3|アフィリエイトの水先案内

設定項目は非常にシンプルです。

予約更新を行いたい投稿タイプにチェックマークを付けて「変更を保存」して完了です。

rucy4|アフィリエイトの水先案内

以上でRucyの設定が完了しました。

Rucyの使い方

Rucyの使い方はいたって簡単です。

Rucyを使用する設定を行った後、実際に投稿する画面を確認すると「Rucy」が下のほうに表示されています。

予約更新を行う場合は赤枠部分のチェックボックスにチェックを入れたうえで、更新したい日時を入力します。

rucy5|アフィリエイトの水先案内

ただし、この時に注意しないといけないのは、予約更新する内容は必ず「Rucy内のテキストエリア」に記入してください。

WordPressのテキストエリアに記事を更新してしまうと、そのまま記事が公開されてしまいます。

また「Rucy内のテキストエリア」に記事を入力せずに予約更新が行われた場合、現在公開されている記事が消えてしまいますので注意してください。

アイキャッチ画像を予約更新したい場合は、下図の赤枠部分からアイキャッチ画像を登録してください。

rucy6|アフィリエイトの水先案内

まとめ

WordPressの予約更新を可能にするRucyというプラグインについて解説しました。

私は、特にアフィリエイトを副業で行っている方に対して、このRucyをおすすめしています。

休みの日などの時間のある時にRucyを活用して予約更新しておき、普段はパソコンを触らなくてもサイトは更新しているように見せることができます。

Rucyを活用して充実したアフィリエイト生活を送りたいですね。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • RucyはWordPressの機能にはない予約更新の機能を付属させてくれるプラグイン。
  • 記事本文だけでなく、アイキャッチ画像も一緒に予約更新することができる。
  • Rucyは予約更新する前の記事に戻すことができるロールバック機能も付属している


【WordPressプラグイン紹介】記事の順番を変更する

今回は、投稿一覧に表示する記事の順番を変更することができる「Custom Post Order」について解説していきます。

「Custom Post Order」は、WordPressの投稿一覧やカテゴリーの順番を変更する場合に使用することで、ドラッグアンドドロップで順番を変更できるプラグインです。

どのようなプラグインなのか

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

「Custom Post Order」は、WordPressで記事の順番やカテゴリーの順番を変更してくれるプラグインです。

記事の順番やカテゴリーの順番を変更することにより、一覧画面で簡単に整理することができるようになります。

特にカテゴリーを整理することで、プルダウンメニューの順番を変更することができますので、使いやすくなるでしょう。
(下図画像の赤枠部分の順番を変更することができます)

カテゴリープルダウン|アフィリエイトの水先案内

Custom Post Orderの魅力

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

順番を変更することができる

Custom Post Orderを使用することで、記事やカテゴリーの順番を変更することができます。

記事やカテゴリーの順番を変更することで非常に見やすくなる場合もありますので、一覧ページが見にくい場合は試してみる価値はあるでしょう。

Custom Post Orderの難点

デメリットについて|アフィリエイトの水先案内

記事の順番を変更すると新しいものからではなくなる

これはどういうことかといいますと、通常、記事を新たに投稿した場合、最新の記事が一番上に表示されます。

しかしながら、Custom Post Orderを使用して記事の順番を変更した場合、最新の記事が一番上にくるのではなくあなたが設定した順番で、表示されてしまいます。

そのため、常に新しい記事を投稿しつづけるブログサイトの場合、記事が更新されているにも関わらず、最新の記事が表示されないという状態に陥ってしまいます。

そのため、Custom Post Orderで記事の順番を変更する場合は注意が必要です。

ただし、カテゴリーやタグの順番を変更する場合は特に不具合はありませんので、安心して順番を並び替えても大丈夫でしょう。

Custom Post Orderをインストールする方法

WordPressプラグインの「新規追加」から「Custom Post Order」を検索して追加していきましょう。

赤枠部分に「Custom Post Order」と入力してください。

画像

Custom Post Orderが表示されましたら、赤枠部分のインストールをクリックします。

画像

「インストールが完了しました」というメッセージが表示されたら、赤枠部分の「プラグインを有効化」をクリックします。

以上でプラグイン「Custom Post Order」のインストールが完了しました。

まとめ

記事やカテゴリーの順番を変更するプラグインであるCustom Post Orderについて解説しました。

Custom Post Orderを活用して記事の順番を変更する際には注意が必要ですが、順番を並び替えることで、常に同じ順番で読んでもらうことができるというメリットもあります。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • Custom Post Orderはカテゴリーや記事の順番を変更することができるプラグイン
  • Custom Post Orderではカテゴリーや固定ページの順番を変更しても不具合はないが、投稿ページを変更する際には注意が必要


【WordPressプラグイン】グーテンベルクを無効化

今回は、WordPress5.x系で実装されたエディター、Gutenbergを削除する「Gutenbergを無効化」というプラグインについて解説していきます。

どのようなプラグインなのか

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

「Gutenbergを無効化」は文字通り、WordPress5.x系で実装されたエディターのGutenbergを無効化するプラグインです。

Gutenbergを無効化の魅力

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

Gutenbergを無効化できる

非常に否定的な意見の多いWordPress5.x系で実装されたGutenbergを無効化できます。

Gutenbergを無効化するプラグインはたくさんあるのですが、Disable Gutenbergは設定項目もシンプルなため使いやすいと思います。

Gutenbergを無効化の難点

デメリットについて|アフィリエイトの水先案内

Gutenbergを使用する場合は必要ない

当然といえば当然ですが、「Gutenbergを無効化」をインストールした場合、Gutenbergは使用できません。

WordPress5.x系を使用している場合でGutenbergを使用する場合は必要ないでしょう。

Gutenbergを無効化をインストールする方法

WordPressプラグインの「新規追加」から「Gutenbergを無効化」を検索して追加していきましょう。

赤枠部分に「Gutenbergを無効化」と入力してください。

プラグインインストール|アフィリエイトの水先案内

disable Gutenbergが表示されましたら、今すぐインストールをクリックします。

disablegutenberg1|アフィリエイトの水先案内

「インストールが完了しました」というメッセージが表示されたら、「有効化」をクリックします。

disablegutenberg2|アフィリエイトの水先案内

以上でプラグイン「Gutenbergを無効化」のインストールが完了しました。

Gutenbergを無効化の使い方

Disable Gutenbergは非常にシンプルです。

disablegutenberg3|アフィリエイトの水先案内

完全無効化のチェックマークを入れておくことで、常にGutenbergを使用しない状態に指定できます。

また、通知を無効化しておくことで、ダッシュボードに表示される「Gutenbergを試す」という通知も表示しないように設定できます。

More Toolsをクリックすると「フロントエンドでGutenbergを有効化する」「ホワイトリスト設定」なども操作することができます。

しかし、Gutenbergを無効化することが目的ですので、独に操作する必要はないでしょう。

まとめ

Gutenbergを無効化はWordPress5.x系で実装されたエディター、Gutenbergを削除するプラグインです。

Gutenbergを無効化することで、過去に使用することができたエディターをそのまま使用し続けることができます。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 「Gutenbergを無効化する」プラグインはWordPress5.x系で実装されたエディター、Gutenbergを無効化することができる
  • Gutenbergを無効化するプラグインをインストールすることで、過去のエディターを使用することができる


【WordPressプラグイン紹介】サイトを日本語に対応しよう

今回は、サイトを日本語で使用する場合には欠かすことのできないプラグインである「WP Multibyte Patch」について解説していきます。

「WP Multibyte Patch」は、WordPressを活用して日本語のサイトを作成する場合、文字化けを防いでくれるプラグインです。

日本語のサイトを作成する場合は必須のプラグインですので、ほとんどの方が導入する必要があります。

どのようなプラグインなのか

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

「WP Multibyte Patch」はサイトを表示する際の、ブラウザの文字化けを防いでくれるプラグインです。

日本語、というのは実は表示するのが難しく、通常よりも倍のデータが必要となっています。

あまり細かく解説しても、アフィリエイトやWordPressとは関係ない部分になってきますので省略しますが、日本語を表示させることは簡単ではない、ということだけお伝えできれば十分です。

WP Multibyte Patchの魅力

メリットについて|アフィリエイトの水先案内

日本語を使用するなら必須!

WP Multibyte PatchはWordPressの日本語版作成チームによって開発されているプラグインです。

そのため、WordPressを日本語で活用するための、ありとあらゆる部分で対策が施されています。

日本語のサイトを作成する場合は必ず有効にしておきましょう。

WP Multibyte Patchをインストールする方法

WP Multibyte PatchはWordPressの日本語版をインストールした時点で、すでに導入されています。

有効化はされていないので、必ずWordPress日本語版をインストールしたら、有効化しておきましょう。

WP Multibyte Patch|アフィリエイトの水先案内

もし、WP Multibyte Patchがインストールされていない場合は、通常のプラグインをインストールする場合と同様に、検索からWP Multbyte Patchを検索してインストールしてください。

WP Multibyte Patchの使い方

WP Multibyte Patchで設定する必要はありません。

プラグインを有効化した時点で、自動的に日本語を使用する準備が整います。

まとめ

WP Multibyte PatchはWordPressで日本語のサイトを作成する場合は、必ず導入すべきプラグインです。

WP Multibyte Patchを導入してどのブラウザから閲覧しても、文字化けが起きないようにしておきましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • WP Multibyte PatchはWordPressを活用した日本語のサイトを作成する場合に、文字化けを防いでくれるプラグイン
  • WP Multibyte Patchでは、特に設定する必要はなく、プラグインを有効化するだけでよい。


WordPressでメニューやサイトマップを作成する

メニューやサイトマップを作成する|アフィリエイトの水先案内

WordPressでメニューやサイトマップを作成する方法を紹介しています。

メニューやサイトマップのことを合わせて「ナビゲーション」といい、ナビゲーションがないとサイトに訪れてくれたユーザーが迷いかねません。

ナビゲーションのないサイトはお世辞にも使いやすいサイトと言えませんので、しっかりと設定するようにしましょう。

この記事で伝えたいこと
  • ナビゲーションを設置することで、サイトに訪れてくれたユーザーが見たいページをすぐに見ることができる
  • パンくずリストはGoogleも重要視しているので、必ず導入しておこう

なぜナビゲーションを設置するのか

ナビゲーションはサイトに訪問してくれたユーザーが、見たいページに迷わずたどり着くための案内表示です。

本でいう目次と同じ意味ですね。

もしナビゲーションがなかった場合、そもそもそのサイトにどのようなことが書いてあるのか、ということをサイトに訪れてくれたユーザーに対して伝えることができません。

仮に、ナビゲーションがないのにもかかわらず、サイトに訪れてくれたユーザーに対してサイトにどのようなことが掲載されているのか、を的確に伝えられたとします。

しかし「どこに何があるのか」を伝えることができなければ、ユーザーは探すのを諦めてしまうでしょう。

ナビゲーションがなかった場合、サイトに訪れてくれたユーザーは

[char no="11" char="ウカブ"]こんなわかりづらいサイト見るのやーめた![/char]

となってしまう可能性が高いです。

そのため「サイトに何が書かれているのかを一目瞭然にすること」と「サイトに訪れてくれたユーザーが見たいページを即座に見つけられること」ができるようにナビゲーションを設置します。

ナビゲーションで得られるSEO対策

ナビゲーションは内部対策として重要なサイト内リンクの設置の役割を担っています。

さらに、ナビゲーションを設置することで、検索エンジンが目指している「ユーザーに使いやすいサイト」も実現することができるため、設置しない理由がありません。

ただし、どうしてもデザイン上「グローバルメニューやサイドバーメニューを設置したくない」という場合もあるかもしれません。

そんな場合はフッターメニューだけでもいいですので、設置することをおすすめします。

また、デザイン性を重視するために、メニュー部分を画像で作成することがあります。

しかし、SEO対策としては画像よりも文字で作成したほうがアンカーテキストを1つでも多く増やすことにつながりますので、よほどのことがない限りメニューは文字で作成しましょう。

ナビゲーションの種類

それでは実際にナビゲーションにはどのようなものがあるのかについて確認していきましょう。

実は一口に「ナビゲーション」といっても、様々な種類があります。

  • グローバルメニュー
  • フッターメニュー
  • ローカルメニュー
  • パンくずリスト
  • サイトマップ

ここからは、それぞれがどのような働きをしているのか、ということについてひとつひとつ見ていきましょう。

グローバルメニュー

ホームページを開いたときにとても目立つ位置に配置してあるメニューのことをグローバルメニューと言います。

下図の赤枠の部分がグローバルメニューです。

グローバルメニュー|アフィリエイトの水先案内

グローバルメニューは目立つ位置に配置することで、訪問してくれた方々が迷わずに目的のページへと誘導する役割を持っています。

この訪問者に対してナビゲーションを行うグローバルメニューですが、たくさんのページを見てもらいたいからと言って多く表示させればいいという問題ではありません。

メニューが多ければ多いほど訪問者も迷いやすくなります。

ただし、少なすぎてどこにあるのか探さなければならないという状況も避けなければなりません。

アオイノからの一言

一般的なサイトの場合、多くても6~9個以内がよいと言われています。

サイト内のページ数が1000ページ以上あるような巨大なサイトの場合は別ですが、よほどのことがない限り6~9個以内で収まると思います。

フッターメニューとは

ホームページの一番下にあるメニューのことをフッターメニューといいます。

下図の赤枠の部分がフッターメニューです。

フッターメニュー|アフィリエイトの水先案内

訪問者の方がコンテンツをすべて読んだ後、次のコンテンツを探しやすくするためにフッターメニューを配置します。

フッターメニューはグローバルメニューと比べると、あまり重要でないような気がしますがフッターメニューにも重要な役割があります。

それは「グローバルメニューで表示できなかったページを表示できる」という点です。

グローバルメニューで大切なことは「いかに訪問者が迷わないようにナビゲートできるか」ということでした。

つまり初めての訪問者に対して、サイトに書かれている内容などをアピールするために配置するものがグローバルメニューです。

それに対してフッターメニューでは「記事を読んでもらったユーザーにさらにサイト内のコンテンツを読んでもらう」ために設置します。

フッターメニューはサイト内リンクを高めるために配置するものと言ってもよいでしょう。

上記の通り、グローバルメニューとフッターメニューでは役割が大きく異なりますので、表示させるメニューも当然変わってきます。

フッターメニューでは、グローバルメニューの時のような数の制限はありません。

しかし、すべてのページをリンクすることはフッターメニューが大きくなりすぎて推奨できませんので、「固定ページで作ったもの+カテゴリーページ程度まで」をメニューとして表示させるぐらいがよいでしょう。

ここで一点注意があります。

フッターメニューを作るときには必ず「プライバシーポリシー」ページをリンクするようにしてください。

2020年現在、プライバシーポリシーはGoogle Adsenseを取得する際に必要となる項目です。

いずれプライバシーポリシーのないページはGoogleが除外する可能性があります。

アオイノからの一言

フッターメニューをスマートに見せるのであれば、当サイトのようにグローバルメニュー+プライバシーポリシー程度のメニューでも十分です。

フッターメニューもグローバルメニューと同様に、必ず設定すべき項目と言えるでしょう。

ローカルメニューとは

ローカルメニューとは、そのページでのみ使用することができるメニューです。

当サイトではローカルメニューは採用しておりませんが、似たようなもので行くと「目次」が近いといえるでしょう。

ローカルメニューの例|アフィリエイトの水先案内

この「目次」はリンクをクリックすることで、読みたい見出しの内容をすぐに読むことができます。

また、見出しの内容はページごとに変わりますので、ローカルメニューとして使用ができます。

ローカルメニューは1ページが長くなってしまった場合などに役立ちますので、ページが長くなってしまった場合などに活用するとよいでしょう。

実際にメニューを作成する

それでは実際にメニューを作成し、配置していきましょう。

メニューの作成はとても簡単ですのでサクッと解説していきます。

メニューを作る前に

メニューを作成する前に、メニューに設定したい「ページ」や「カテゴリー」をしっかりと決めておきましょう。

サイトをしっかりと作成した後でサイトのメニューを変更してしまうと、せっかく再びサイトを訪れてくれたユーザーが迷ってしまう可能性があります。

グローベルメニューなどは特に後から変更してしまうと迷いやすくなりますが、基本的にメニューは一度作成したら変更することはあまり好ましくありません。

そのため、どのページやカテゴリーを配置するのか、ということはしっかりと考えておきましょう。

[char no="15" char="テラス"]設定したいメニューが決まれば、メニューを作成していきましょう![/char]

グローバルメニューを作ろう

まずはサイトのメインとなるグローバルメニューの作成方法について解説していきます。

実は、WordPressの初期設定ではグローバルメニューを改めて作成しなくても、固定ページを作成することで自動的にグローバルメニューを作成する機能が設定されております。

固定ページ以外のページをメニューにしたい場合はメニューを改めて作成する必要がありますが、固定ページのみをメニューに据える場合は特に作成する必要はありません。

グローバルメニューは「外観」のなかの「メニュー」から作成できます。

メニュー作成0|アフィリエイトの水先案内

初めてメニューを作成する場合は、赤枠部分の「新規メニューを作成」をクリックしましょう。

メニュー作成1|アフィリエイトの水先案内

すると、まずはメニューの名前を付けるようにページが切り変わりますので、赤枠部分に任意のメニュー名をつけていきます。

グローバルメニューを作成する場合はそのまま「グローバルメニュー」という名前で構いません。

自分が見ても他人が見てもわかりやすい名前を付けるとよいでしょう。

アオイノからの一言

私はグローバルメニューを「g_menu」と設定しております。

メニュー作成2|アフィリエイトの水先案内

メニューの名前が入力出来たら、赤枠部分の「メニューを作成」ボタンをクリックします。

これでメニューが作成できました。

メニュー作成3|アフィリエイトの水先案内

それではメニューを作成していきます。

今回は固定ぺージの「トップページ」とカテゴリーページの「テスト」「未分類」をメニューにしてみます。

まずは固定ページからメニューに追加していきます。赤枠部分にチェックマークを入れてください。

メニュー作成4|アフィリエイトの水先案内

チェックマークを入れたら、赤枠部分のメニューに追加をクリックします。

メニュー作成5|アフィリエイトの水先案内

これで固定ページのメニューへの追加が完了したので、続いてカテゴリーページのメニューを追加していきます。

まずは、カテゴリーの詳細を開きます。赤枠部分の「▼」をクリックします。

メニュー作成6|アフィリエイトの水先案内

今回、テストと未分類の両方を追加しますので、先ほどと同様に「テスト」と「未分類」にチェックマークを入れていきます。

メニュー作成7|アフィリエイトの水先案内

チェックできましたら、赤枠部分の「メニューに追加」をクリックしてください。

※画像ではテストにしかチェックしておりませんが、気にしないでください。

メニュー作成8|アフィリエイトの水先案内

無事に追加できますと、メニュー構造の部分に追加した項目が表示されます。

メニューに追加したい項目をすべて追加したら、赤枠部分の「メニューの保存」をクリックしてください。

このとき、「メニューの位置」の項目にチェックマークを入れることを忘れないでください。

テーマによって書き方はさまざまですが「このメニューをヘッダーナビとして使用する」や「グローバルメニューに設定する」などのチェックマークが必ずありますのでチェックをしてから「メニューの保存」をしてください。

メニュー作成9|アフィリエイトの水先案内

以上で完了となります。お疲れさまでした。

[char no="15" char="テラス"]グローバルメニューはこれで作成できました![/char]

フッターメニューを作成する

フッターメニューの作成方法もグローバルメニューと同じ方法で作成できます。

グローバルメニューを作る場合と異なるのは「メニューの位置」のみです。

パンくずリストとは

パンくずリストとは、サイトに訪れてくれたユーザーが「今現在どの場所にいるのか」を示すナビゲーションです。

なぜ「パンくず」と呼ばれているのかといいますと、童話「ヘンゼルとグレーテル」で、主人公が森の中で迷わないように歩いた道にパンくずを落としておくことで迷わず帰れるようにした、という話が由来です。

下図の赤枠部分が当サイトのパンくずリスト部分です。

ぱんくずリストの画像を赤枠で紹介しています

パンくずリストは特に何回もクリックしないと目当てのページにたどり着けないようなサイトを作成した場合に役立ちます。

また、パンくずリストはGoogleもユーザビリティの向上につながるとして採用を積極的に促しておりますので、まだパンくずリストを設置していない場合はしっかりと導入しておく必要があります。

WordPressを使用する場合、たいていパンくずリストはテーマに含まれていますのであまり意識する必要はありません。

しかし、使用するテーマによってはパンくずリストが導入されていない場合もあります。

パンくずリストが導入されていないテーマを使用する場合、プラグインをインストールすることでパンくずリストを使用できます。

【WordPressプラグイン紹介】パンくずリストを作成する

サイトマップとは

サイトマップはこのホームページにはどんなことが書いてあるのか、ということを一目でわかるようにしてくれるリストを作ってくれます。

文章で読むと、非常にわかりにくいと思いますので、当サイトのサイトマップをご覧いただきたいと思います。

サイトマップ

上記リンクからサイトマップを見る限り、当サイトで作られているページ全てに対してリンクが張られています。

これはWordPressの「PS Auto Sitemap」というプラグインを使用して作られており、ページを追加したり、削除したりすると自動で更新されていきます。

「PS Auto Sitemap」をインストールする方法に関しましては、下記のリンクで詳しく解説しております。

【WordPressプラグイン紹介】サイトマップを導入

サイトマップも必ず設定すべき項目の1つですので、しっかりと設定するようにしましょう。

なぜサイトマップは重要なのか

サイトマップは1つのホームページの中でで作られているページ全てに対してリンクを張ってくれます。

そのため、サイトに訪れてくれたユーザーに対してサイトマップを閲覧してもらえるように促せば、おのずとサイトのすべてのページの中で気になるページを読んでもらうことができるでしょう。

また、この「全てのページに対してリンクを張るという行為」は、SEO対策において非常に重要な役割を果たしています。

クローラーはサイト内をリンクをたどることによって巡回していきます。

この時に、サイトマップがあれば、サイトマップのリンクをすべてたどるだけでサイト内のページすべてを巡回できますね。

そのため、サイトマップはクローラーにとっても非常に有用なものなのです。

Googleのガイドラインの中でも、サイトマップはサイトのユーザビリティを上昇させてくれる項目の1つであると書かれており、今後はサイトマップのないサイトは検索順位が落ちていくものだと思われます。

Google XML Sitemapsとは?

実はサイトマップというと、私は上記で挙げたようなサイト内のページがすべてリンクされているページを想像します。

しかし、サイトマップと聞くとこの「Google XML Sitemaps」を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

WordPressを使用する場合は必ず導入しましょう、と言われている「Google XML Sitemaps」。

実はこの「Google XML Sitemaps」は検索エンジンのために提供する、特殊な形式で作成されたサイトマップです。

そのため、「Google XML Sitemaps」の内容を見ても、実は私たちは理解することができません。

ですので、「サイトマップ」と「XMLサイトマップ」には明確な違いがあることを抑えておいてください。

check!※XMLとは
文章の見た目や構造を記述するためのマークアップ言語。自由にタグの名前を付けることができるので、HTMLよりも拡張性に富む。
汎用性が非常に高いので、実は見えない多くの部分でXMLという言語は使用されている。

XMLサイトマップが必要な場合とは

実は、XMLサイトマップは必ずしも作る必要のあるものではありません。

基本的にサイト構造が分かり易ければ、作成の必要がないのです。

ここからはXMLサイトマップが必要な場合について考えていきましょう。

1.サイトが新しく、ほかのサイトからのリンクがない

サイトを新規ドメインで作成した場合、あまりクローラーがサイトを閲覧してくれません。

そのため、XMLサイトマップを作成して送信することによって、クローラーがサイトを閲覧する頻度を改善できます。

2.サイトに動的URLが多く含まれている

動的URLとは、ユーザーの要求によってその都度URLが変わるURLです。

実はWordPressも動的URLを採用しております。

ここにWordPressを使用する場合は、XMLサイトマップが必須と言われている由縁です。

WordPressでサイトを作成した場合は、迷わずGoogle XML Sitemapsのプラグインを導入しましょう。

3.Ajaxを使用している

Ajaxとは、画面を移動しなくてもHTMLの更新を行うことができるサービスです。

例をあげてみると?

有名な例で行くと、mapです。

mapを閲覧するときって地図を拡大したり、縮小したりしますよね?

しかし、地図を拡大したり縮小した場合に、いちいちページを更新する必要はありません。

ページを更新せずとも、勝手に地図の情報が切り替わってくれるサービスをAjaxといいます。

このAjaxを使わないといけないページがサイト内に組み込まれている場合は、XMLサイトマップを作成する必要があります。

まとめ

ホームページを閲覧していると、どんなサイトでも何気なくメニューが表示されていますが、非常に重要な役割を持っているということが伝わりましたでしょうか?

どうしてもサイトの見た目上、メニューを配置したくない場合もあるかもしれませんが、そのような場合はフッターメニューだけでも配置するようにしましょう。

メニューを作成する作業はサイトを作る際に2~3回程度しか行わない作業のため、あまり触れる機会がないかもしれません。

しかしながら、重要な役割であることは間違いありませんので、しっかり覚えてしまいましょう。

WordPressではプラグインを使用することで、新たにページを作成した場合もサイトマップに自動で追加してくれます。

HTMLで新たにページを作成した場合は、一つひとつ手作業でサイトマップを作成しなければなりませんので非常に手間です。

メニューもサイトマップも簡単に作成できるWordPressは非常に優秀なツールと呼べますね。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • メニューを作る場合は、どれをメニューにするのかしっかりと決定しよう
  • メニューは外観のメニューから作成することができる。また、フッターメニューを作る場合も同じ方法で作成可能
  • サイトマップを導入することで、サイト内のコンテンツをリンクでつなげてくれる役割がある
  • サイトマップはプラグインを導入するだけで、更新作業などは不要。一度の導入で自動でサイトマップは追加されていく


プラグインとは?2つの種類と安全に利用する使い方

プラグインについて-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

プラグインとは、WordPressの機能をさらに拡張してくれるとっても便利なモノです。

管理画面に対して機能を拡張してくれるプラグインから、ホームページに対して機能を拡張してくれるプラグインまで非常に多岐にわたります。

しかし、便利にするからと言って入れすぎてしまうと、今度はサイトが重くなってしまいます。

プラグインに頼ることも必要ですが、適度に入れるとよいでしょう。

この記事で伝えたいこと
  • WordPressのプラグインには、WordPress自体を使いやすくするものとサイトの機能を拡張するものの2つがある
  • サイトの機能を多くしすぎると、サイトの表示速度にかかわるので適度な量にしておこう

プラグインとは

・コンセントとプラグで電力を供給する機器。
・電子機器において機能拡張、仕様変更をおこなうために規格化された差し替え可能なモジュール。
・アプリケーションソフトウェアの機能を拡張するために追加するプログラムの一種。
引用:Wikipedia

プラグインという言葉を調べると3つの意味を持つ言葉のようです。

今回扱うのは「アプリケーションソフトウェアの機能を拡張するために追加するプログラムの一種」という意味のプラグインについてを解説していきます。

ここで、日本のコンセントは125Vの10A(または15A)を使用しており、アメリカや中国でも同系統の差し込みですが、ボルトやアンペアが違いますという話が出てきたら頭がおかしい人と思われても仕方ありません。

アオイノからの一言

すみません。話がそれました。

[char no="22" char="テラス"]無駄な話が多いのよ![/char]

WordPressにおけるプラグインはまさにこの「ソフトウェアの機能を拡張するために追加するプログラム」ということが言えるでしょう。

プラグインを追加することでWordPressをさらに便利に使用することができます。

プラグインは2種類存在する

実はWordPressにおけるプラグインには2つの種類が存在します。

あまり言われていないですが、この2つのプラグインの違いを理解しておくと、たくさんのプラグインを導入してもサイトが重くならないかどうかの判断ができるようになります。

WordPress自体を使いやすくするプラグイン

有名なプラグインで言うと

例をあげてみると?

  • 新エディターを削除してくれる【Gutenbercを削除】
  • 記事を複製してくれる【Duplicate post】

などが挙げられます。

その他にも、WordPressをインストールしたときに初めから組み込まれている「Akismet Anti-Spam」などが代表といえるでしょう。

上記のようなWordPress自体を使いやすくしてくれるプラグインは、基本的にサイトの表示速度などに影響を及ぼすことはありません。

そのため、WordPress自体を使いやすくするプラグインは積極的にインストールするとよいでしょう。

ただし、場合によってはこの後紹介する「サイトの機能を拡張してくれるプラグイン」にも含まれる場合がありますので、基本的にプラグインを使わなくなった場合はひっそりと停止しておきましょう。

[char no="26" char="ウカブ"]プラグインは削除しなくてもいいの?[/char]

[char no="14" char="テラス"]再び使う可能性もあるから削除する必要はないわよ。[/char]

サイトの機能を拡張してくれるプラグイン

有名なプラグインで言うと

例をあげてみると?

  • お問い合わせフォームを作成する【Contact form 7】
  • サイトマップを自動で生成する【PS Auto Sitemap】

などが挙げられます。

その他にも、目次を自動的に生成する「Table of content」などもあります。

サイトの機能を拡張してくれるプラグインに共通するのは「元々WordPressの機能に備わっていない機能を拡張してくれる」ということです。

また、サイトの機能を拡張するプラグインは似たようなプラグインが多く存在しています。

例をあげてみると?

SNSの共有ボタンを表示させるプラグインには、非常に多くの種類があります。

このような場合、一度使いやすいといわれているプラグインをすべてダウンロードしてみて、自分が使いやすいプラグインを見極めるとよいでしょう。

また、サイトの機能を拡張するプラグインは、少なからずサイトのデザインなどにも影響を及ぼす可能性があります。

そのため、入れすぎるとサイトが過度に重たくなってしまうなどの弊害が出てしまう可能性があります。

使わなくなったプラグインは使用を停止する、もしくは削除するといった工夫が必要になってきます。

プラグインはどれだけ入れてよいのか

ここで多くの方が疑問を持つのではないでしょうか。

[char no="26" char="ウカブ"]プラグインは便利だからどんどん入れちゃおう![/char]

[char no="16" char="テラス"]それではいけません。[/char]

あまり多く入れすぎるとサイトが重たくなってしまうといわれているプラグインですが、どの程度入れても大丈夫かということについて私の考えを述べていきます。

私は基本的にWordPress自体を使いやすくするプラグインについては、制限を設けていません。

WordPressの管理が便利になるのであれば、いくらでも取り込んでいこう、というスタンスでプラグインをインストールしております。

しかし、一方でサイトの機能を拡張するプラグインはとても慎重にインストールしております。

基本的には10個以内に収めるようにしています。

私自身も有効化したプラグインが10個と100個でどの程度の影響があるのかは、はっきりとわかりません。

しかし、確実に100個プラグインを導入したほうがサイトの表示速度などは遅くなるだろう、と推測することはできます。

そのため、基本的には10個以内に収めるようにしております。

例をあげてみると?

ちなみに、今現在使用しているプラグインは19個ありますが、そのうちサイトの機能を拡張するプラグインは8個です。

それではここからは実際にプラグインを導入していきましょう。

プラグインを導入する前に、プラグインを導入するときの注意事項について解説しておきます。

プラグインを安全に使用できる準備が整ったらプラグインをサイトにインストールしてください。

プラグインを安全に利用するために

WordPressを使っていくうえで欠かせない、プラグインを利用するためには「インストール」を行った後に「有効化」を行う方法が一般的です。

その際に、インストールの方法には大きく分けて3つの方法があります。

プラグインインストールの方法
  1. 公式ディレクトリにあるプラグインを導入
  2. 公式ディレクトリにないプラグインを導入
  3. FTPソフトで直接インストール

それぞれインストールの方法が違いますので、ひとつひとつ解説していきます。

1.公式ディレクトリにあるプラグインを導入する

それでは実際にプラグインをインストールしていきましょう。

もし、導入してみたいプラグインがあるのであれば、そちらを使用していただいても構いません。

今回は「TOC」というプラグインを例に挙げて解説していきます。

プラグインのインストール

実際にプラグインを1つインストールしてみましょう。

まずは、プラグインの一覧画面を表示してください。赤枠部分の「新規追加」をクリックします。

プラグインインストール1|アフィリエイトの水先案内

新規追加をクリックすると、下図のような画面に切り替わります。

プラグインインストール2|アフィリエイトの水先案内

今回は「TOC」というプラグインをインストールしていきます。

赤枠部分の検索ボックスに「TOC」と入力してください。

Table of contentインストール1|アフィリエイトの水先案内

赤枠部分に「TOC」と入力したことで、「Easy Table of Content」が表示されました。

下図の赤枠部分の「今すぐインストール」をクリックしましょう。

Table of contentインストール2|アフィリエイトの水先案内

インストールが完了すると、「有効化」が表示されます。

プラグインはインストールしただけでは使用できませんので、「有効化」を行う必要があります。

下図の赤枠部分の「有効化」をクリックしましょう。

Table of contentインストール3|アフィリエイトの水先案内

以上でプラグインが使用できる状態になりました。

2.公式ディレクトリにないプラグインを導入する

プラグインの中には、公式ディレクトリには配信されていないプラグインもあります。

そのようなプラグインの場合はプラグインを直接アップロードすることで、プラグインを使用できます。

それでは実際に追加していきます。

まずはプラグインの新規追加画面を開きます。下図の赤枠部分の「プラグインのアップロード」をクリックします。

プラグインインストール3|アフィリエイトの水先案内

プラグインのアップロードをクリックしたら、アップロードしてインストールできる画面が表示されますのでここからアップロードしていきましょう。

プラグインインストール4|アフィリエイトの水先案内

プラグインのアップロードはzipファイル形式で行います。参照をクリックします。

プラグインインストール5|アフィリエイトの水先案内

ファイルフォルダが開きますので、アップロードするzipファイルで圧縮されたプラグインを選択しましょう。

プラグインインストール6|アフィリエイトの水先案内

今回は「easy-featured-images」というプラグインをインストールします。

下図の赤枠部分の「今すぐインストール」をクリックしましょう。

プラグインインストール7|アフィリエイトの水先案内

以上でプラグインのインストールが完了です。

プラグインインストール8|アフィリエイトの水先案内

3.FTPソフトで直接インストール

プラグインをインストールする方法にはFTPソフトでWordPressのプラグインフォルダに直接インストールする方法もあります。

しかし、FTPソフトを使用した方法は少々応用的な要素も含んでおりますので、当サイトでは紹介しておりません。

プラグインの有効化

プラグインはインストールしただけでは有効になりません。

プラグインを使う場合は必ず有効化する必要があります。

せっかくインストールしたプラグインを使うことができないというのは非常にもったいないですので、しっかりと有効化する手順を覚えておきましょう。

プラグインが使用できないときは

プラグインの中には、有効化しても使用できないプラグインも存在します。

「プラグインを有効化したはずなのに使用できない!」という場合は、サイドバーから設定の中にインストールしたプラグインが入っているかどうか確認しましょう。

プラグインを停止するためには

プラグインをインストールして有効化したものの、使用しなくなったプラグインもあるのではないでしょうか。

プラグインは非常に便利なモノなので、どんどん追加していきたくなってしまいますが、不要なプラグインはサイトの速度を遅くしてしまう可能性もあります。

使用しなくなったプラグインがある場合は速やかに使用を停止しておきましょう。

プラグインを停止するためには、プラグイン一覧の画面を表示しましょう。

プラグインを停止する|アフィリエイトの水先案内

各プラグインには「停止」ボタンが表示されていますので、停止ボタンをクリックすることで、プラグインの使用を停止ができます。

プラグインを削除するためには

基本的にプラグインをインストールして停止しておけばサイトに負担はかかりませんので、特に削除する必要はありません。

ただ、一覧ページにどんどん増えていきますので、削除したい場合もあるかもしれません。

それではプラグインを削除する方法を紹介していきます。

まずはプラグイン一覧ページを表示します。

プラグインを停止する|アフィリエイトの水先案内

プラグインを削除するためには、見にくいのですがプラグインの左側にあるチェックボックスをクリックします。

プラグインを削除する|アフィリエイトの水先案内

下図の赤枠部分にある一括操作と書かれている部分をクリックして削除にします。

プラグインを削除する2|アフィリエイトの水先案内

削除に変更したら適用をクリックしましょう。

プラグインを削除する3|アフィリエイトの水先案内

以上でプラグインの削除が完了しました。

まとめ

プラグインは非常に便利で使い勝手のいいものですので、気づけばどんどんインストールしていた、ということにもなりかねません。

あまり多く入れ過ぎてしまうとページの表示が遅くなってしまうなどの弊害も出るようです。

必要に応じてプラグインを有効化することや無効化することができることも「プラグイン」の魅力ですので、「使いやすい!」と感じたものはどんどん試すようにするとよいでしょう。

定期的に「このプラグインは普段使っているのかどうか」ということを考え、プラグインの整理をすることも大切です。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • プラグインはWordPressをさらに便利にしてくれるソフトウェア・プログラムのこと
  • プラグインには2種類あり、WordPress自体を使いやすくするプラグインとサイトの機能を拡張するプラグインがある
  • プラグインのインストールする方法は「公式ディレクトリからインストール」「zipファイルをアップロード」「FTPソフトで直接アップロード」の3つ
  • サイトの機能を拡張するプラグインの入れすぎには注意し、プラグインを使用しない時はプラグインを停止しよう


WordPressのテーマとは?おすすめのテーマを紹介!

WordPressのテーマとは-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

WordPressにおけるテーマとは、ホームページの見た目のデザインのことを指しています。

WordPressのテーマはデザインの「テンプレート」と呼ぶことができるでしょう。

WordPressのテーマには無料のものから有料のものまで幅広くあります。

テーマを変更することでサイトの見た目が大きく変化しますので、テーマは慎重に選ぶ必要があります。

この記事で伝えたいこと
  • テーマには公式のテーマと非公式のテーマの2種類がある
  • 子テーマは、テーマがバージョンアップしてもデザインなどを変更しないように作成されたもの
  • テーマをアップロードするには、WordPressのアップローダーを利用する方法やテーマページからインストールする方法がある

テーマの種類について

まずはテーマにはどのような種類があるのかを知っておきましょう。

[char no="26" char="ウカブ"]テーマってそんなに種類があるの?[/char]

[char no="14" char="テラス"]公式のテーマや有料のテーマなどさまざまなものがあるのよ。[/char]

テーマ選びの第一歩!まずは公式テーマ

まずは公式で配布されているテーマを使ってみるとよいでしょう。

公式のテーマとは、主にWordPressの外観から検索することで入手することができるテーマを指しています。

公式のテーマは動作がしっかりと検証されているため、特に不具合などもなく使用できます。

テーマのインストールについてはこのページの下にある「テーマをインストールする」の1番で紹介しております。

[char no="14" char="テラス"]公式のテーマはWordPressからインストールできます。[/char]

一歩踏み込む、非公式のテーマ

公式のテーマにデザインやレイアウトで好みのものがなければ、非公式のテーマを使用するしかありません。

非公式のテーマを使用する際に気を付けておきたいことは、しっかりとテーマのバージョンアップがされているのか、モバイルフレンドリーに対応しているのか、などをしっかりと確認するようにしてください。

モバイルフレンドリーに関しましては、下記のリンクで詳しく解説しております。

モバイルフレンドリーとは?アフィリエイトサイトでは必須!?

「非公式」と聞くと抵抗がある方も多いかもしれませんが、実はWordPressのテーマのうち、日本人が作ったテーマの多くは「非公式」です。

日本人が作ったテーマは、やはり解説も日本語で書かれていますのでわかりやすいと思います。

[char no="14" char="テラス"]非公式のテーマはテーマを配布しているサイトからインストールします[/char]

非公式のテーマの導入方法は「テーマをインストールする」の2番の方法で紹介しております。

あなたのサイトにあったデザイン見つかる!有料テーマ

最後に有料のテーマについて解説しておきます。

実は当サイトで使用しているテーマも有料のテーマです。

有料のテーマはSEO対策(検索された際に上位に表示させるための対策のこと)や無料のテーマではついていない機能が多くついています。

また、デザインも非常に凝ったものが多く、スタイリッシュで洗練されたデザインのテーマのものもあります。

WordPressでアフィリエイトを行う場合など、腰を据えてサイトを作っていく場合は有料のテーマも視野に入れるとよいでしょう。

有料のテーマに関しても「テーマをインストールする」の2番の方法にてインストールできます。

子テーマについて

テーマについて調べていくと、「このテーマは子テーマを使用してください」とか「テーマを使用する際は子テーマを活用しましょう」と書かれていることを見かけませんか?

ここでは子テーマについて解説していきます。

[char no="26" char="ウカブ"]そもそも子テーマって何なの?[/char]

[char no="15" char="テラス"]子テーマは親テーマを補佐してくれるありがたい子なのよ。[/char]

そもそも子テーマとは

結論から申し上げますと、子テーマは「カスタマイズ専用のテーマ」です。

親となるテーマをインストールしていないと使用することができないテーマですので「子テーマ」といわれております。

これから順を追って解説いたします。

なぜ子テーマが必要なのか

まずなぜ子テーマが必要かを考えていきましょう。

ここをしっかりと押さえておくことで、子テーマに対する理解が一層深まります。

子テーマが必要な理由はずばり「親テーマが更新されたときにデザインが崩れるのを防ぐため」です。

WordPressの更新と同様に、テーマもアップデートされていきます。

この時、テーマがアップデートされますと、テーマに記述していたCSSなどはすべて上書きされてしまいます。

せっかく苦労して書いたCSSやfunction.phpなどへの記述がすべてなくなったら、とてもショックですよね。

そのため、子テーマを活用することで、テーマをアップデートしてもサイトのデザインなどに影響がない、という状況を作り出すことができます。

もちろん子テーマを更新した場合は、今まで書いていたものはすべてなくなってしまいます。(子テーマが更新されることはまずありませんが念のため。)

このような理由から、子テーマが導入されるようになりました。

[char no="6" char="ウカブ"]子テーマを使えば、テーマが更新されてもデザインが崩れないんだね![/char]

子テーマを利用するためには

子テーマを利用するためには、子テーマの親となる親テーマをインストールする必要があります。

親テーマをインストールしておくことで、初めて子テーマを有効化することが可能です。

そしてCSSの編集を行う場合は、すべて子テーマで行うようにすることで、親テーマのアップデートした際のリスクを軽減することが可能になります。

テーマをインストールする

それでは実際にテーマをインストールしてみましょう。

[char no="26" char="ウカブ"]テーマはどうやってインストールするの?[/char]

[char no="15" char="テラス"]実はテーマのインストールには3つの方法があるのよ![/char]

それぞれのインストールの方法を覚えておくことで、思い通りのテーマを使用できます。

テーマのインストールを行う3つの方法

1.管理画面のテーマ検索ボックスに検索キーワードを入れることでインストールする方法

WordPressのテーマは外観のテーマから検索することで入手することが可能です。下図をご覧ください。

まずは赤枠部分の「新規追加」をクリックすることで新たにテーマを追加することが可能です。

テーマ1|アフィリエイトの水先案内

画面の赤枠部分にテーマの名前を検索することで、表示されたテーマを入手することができます。

テーマ2|アフィリエイトの水先案内

それでは実際に入手してみましょう。「Lightning」と検索してみてください。

テーマ3|アフィリエイトの水先案内

赤枠部分のサムネイルがLightningですので、こちらをインストールしていきましょう。

検索で表示されたテーマをクリックすると、インストールという文字が出てきますので、赤枠をクリックしてください。

テーマ4|アフィリエイトの水先案内

無事にインストールが完了すると、インストール完了というポップアップが表示されますので、これで完了です。

テーマ5|アフィリエイトの水先案内

2.zip形式のテーマファイルをアップロードすることでインストールする方法

WordPressのテーマは検索をする以外でも入手できます。

どちらかというと多くの場合はこの「zip形式のテーマファイルをアップロード」する方法を使用します。

それでは実際にアップロードしてみましょう。今回は「simplictiy」というテーマを使用していきます。

無料のテーマですのでまずは配布しているサイトからダウンロードしましょう。

simplicityはこちらからダウンロードできます。→simplicity - ダウンロード

ダウンロードの方法について

simplicityのダウンロードページを開きますと、下図のような画面が表示されます。

simplicity download2|アフィリエイトの水先案内

下へスクロールしていくと、下図のように「simplicity安定版」というものが表示されます。

今回の最新はバージョン2.8.0でした。赤枠部分の「ダウンロード」をクリックしてください。

simplicity download1|アフィリエイトの水先案内

すると、ダウンロードが始まりますが、保存する場所はどこでも構いませんのでファイルを保存しましょう。

これでテーマが手に入りましたので、実際にWordPressへと反映していきましょう。

まずは「外観」から赤枠部分の「新規追加」をクリックしましょう。

テーマ1|アフィリエイトの水先案内

するとテーマのアップロードというボタンが表示されますので、赤枠部分をクリック。

テーマ6|アフィリエイトの水先案内

続いて赤枠部分の「参照」をクリック

テーマ7|アフィリエイトの水先案内

するとフォルダーが表示されますので、先ほどダウンロードした「simplicity」をクリックして選択し、開くをクリック。

※ここではsimplicityのファイルをダウンロードフォルダにダウンロードして紹介しております。

simplicity download3|アフィリエイトの水先案内

無事に選択できますと、参照ボタンの隣に「今すぐインストール」ボタンが表示されますのでクリックしましょう。

テーマ8|アフィリエイトの水先案内

最後に「有効化」をクリックしてテーマがしっかりとインストールされて変わっているかどうかを確認しましょう。

テーマ9|アフィリエイトの水先案内

[char no="14" char="テラス"]おそらくテーマをインストールする方法で一番使用する方法です![/char]

3.FTPソフトを使ってインストールする方法

こちらの方法に関しましては、応用的な要素を含んでおりますので、当サイトでは解説しておりません。

要望等がございましたら、作成するかもしれません。

おすすめのテーマ紹介

ここからはWordPressでサイトを作成する場合におすすめのテーマを紹介していきます。

無料のおすすめテーマ

無料で使用できるテーマでおすすめするのは次の2つです。

Cocoon

Cocoon無料のWordPressテーマ|アフィリエイトの水先案内

寝ログで有名なわいひらさんが作成するWordPressのテーマです。

上記でも紹介しているsimplicityの正統上位として作成されており、非常に細かいところまで設定できます。

私自身も別サイトでは「Cocoon」を採用しているサイトがありますので、非常に使い勝手は良いです。

というよりも無料で使用できるWordPressのテーマとしては「これ、無料で提供しちゃっていいの?」と思うほどです。

Lixeritas

Luxeritas Theme|アフィリエイトの水先案内

2つ目はイメージキャラクターのにゃんこがかわいい「Luxeritas」です。

名前の由来ははラテン語の Lux(光)と Celeritas(速)を組み合わせて作られています。

その名の通り、テーマを導入するとサイトが非常に早く表示されることが最大の特徴です。

操作できる範囲も申し分ないほど多岐にわたって操作ができますので思い通りのサイトのデザインが作成できるでしょう。

無料のおすすめテーマを設定するときの注意点

無料のWordPressのテーマについて紹介しました。

この後有料でおすすめのWordPressのテーマを紹介するのですが、無料のWordPressを使用する予定の方に先に注意点だけお伝えいたします。

無料のWordPressテーマを使用する場合、そのままでも十分美しいデザインなのですが有料テーマと比べると「シンプルさ」を重視しているためどうしてもそっけないデザインになりがちです。

アオイノからの一言

もちろんCSSが操作できる場合は除きます。

そのため、華やかなサイトにしたい場合や見た目にこだわる場合は有料のテーマを使ったほうが早い場合もあります。

「費用を出すことにためらってCSSを1から勉強して実現したいサイトに仕上げる」というよりも1つ有料テーマを購入してサイトを作成したほうが報酬につながりやすいので、必ずしも無料のほうがいいというわけではありません。

有料のおすすめテーマ

THE THOR(ザ・トール)

THE THOR有料WordPressテーマ|アフィリエイトの水先案内

国内最高峰のSEO・デザイン・機能の3拍子がそろったWordPressテーマの【THE THOR(ザ・トール)】です。

有料テーマのいいところは時間を掛けなくても美しいサイトが作成できる点にあります。

その中でも「THE THOR」のデザイン性は抜群です。

実際にデモサイトを確認してもらうとわかりますが、デザインのレベルは圧巻です。

「THE THOR」は一度購入するだけでさまざまなサイトで使いまわすことができますので、購入も一度きりでよい点が大きなポイントで初心者アフィリエイターにも優しいテーマと言えるでしょう。

OPEN CAGE系

OPENCAGE有料WordPressテーマ|アフィリエイトの水先案内

ブロガーに人気の有料WordPressテーマを開発するブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」のテーマも非常に使い勝手が良いです。

OPEN CAGEから販売されているテーマには「ストーク」「スワロー」「ハミングバード」「アルバトロス」の4つがあります。

この中でもダントツにおすすめなのが先日新しくなった「WordPressテーマ「STORK19」」がおすすめです。

正直この「STORK19」さえ購入しておけばほかのテーマは必要ないのではないかと思うほど高機能なテーマで、デザインの美しさや操作性のどれをとっても使いやすいでしょう。

特に気に入っているのが、バイラルメディア風にページを仕立てられる機能で、バイラルメディア風に設定するとサイドバーのない記事だけに集中して読んでもらえる1カラムのページが作成できます。

これが非常に美しい。

ただし、OPEN CAGEのテーマを使用する場合は1点注意が必要で、テーマを使用する場合はサイトごとにテーマを購入する必要があります。

もちろん、ライセンスコードなどがあるわけではありませんのでOPEN CAGEからのお願いベースになってはいるのですが、1サイトごとに1テーマを購入する必要があります。

賢威

賢威有料WordPressテーマ|アフィリエイトの水先案内

2万人以上が選んだSEO対策に特化されたWordPressのテーマとして有名なのが【賢威】です。

当サイトも賢威を使ってサイトを作成しています。

アオイノからの一言

かなりデザインを変更してありますのでわかりにくいかもしれませんが・・・

賢威が素晴らしいといわれているのが、WordPressのテーマもさることのながら、同梱されているSEO対策のマニュアルです。

アフィリエイト初心者のうちはSEO対策ってよくわからないですよね。

しかし、賢威を使用することで難しいSEO対策はある程度賢威におまかせできるので、記事を集中して書くことができます。

ただ、賢威の難点としてはほかの有料WordPressテーマと比べても値が張る点にあるでしょう。

まとめ

WordPressのテーマについて解説してきました。

WordPressには非常にたくさんのテーマが配信されているので、どれを選択すればよいのか迷ってしまうと思います。

まずは日本人が作ったWordPressのテーマを選択すると、サイトのどの部分が変更することができるのか、ということを作成者の方が解説してくれている場合が多いです。

日本人が作成したテーマの中には子テーマも配信しているテーマもあります。

親テーマだけでなく子テーマまで一度導入してみると、子テーマに対する理解も深まるのでおすすめです。

また有料テーマを導入する場合は、まず間違いなくzipファイルからのインストールでテーマを追加することになりますので、しっかりと覚えておくとよいでしょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • WordPressでは非常に多くのテーマが配信されているが、初めの一歩でおすすめは日本人が作成しているテーマ
  • WordPressには子テーマという概念があり、テーマのアップデートの際に発生するデザインが崩れるなどのリスクを軽減してくれる
  • WordPressには3種類のテーマのアップロードの方法があるが、よく使用するのはzip形式でアップロードする方法である


ウィジェットとは?ウィジェットの追加と削除の方法

ウィジェットについて-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

ウィジェットとは、もともと「小さなパーツ」という意味で、基本的にはホームページのサイドバーをカスタマイズできる機能のことです。

ウィジェットはテーマによって操作できる部分が変化します。

ウィジェット部分をレゴブロックのように組み合わせることができるパーツが用意されており、自分にとって必要なものだけを選ぶことができます。

ウィジェットの追加や削除はメニューを作るときと同様に、かなり直感的に操作することができますので、あまり身構える必要はないでしょう。

ウィジェットをしっかりと配置することで、ユーザーがサイトをさらに使いやすくなります。

この記事で伝えたいこと
  • ウィジェットを使用することで、サイトを細かくカスタマイズできる
  • ウィジェットの編集エリアはテーマによって大きく異なる
  • ウィジェットの追加と削除はすべてウィジェットページで編集できる
  • ウィジェットは一時的に削除することもできるので、状況に応じて使い分けよう

ウィジェットについて知ろう

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

ウィジェットはどこの部分?

ウィジェットとはホームページのサイドバーの部分をカスタマイズする機能と紹介しました。

まずは実際のホームページではどの部分を指しているのかご確認ください。

下図の赤枠部分がサイドバーエリアです。

ウィジェットについて1|アフィリエイトの水先案内

ウィジェットでは、この赤枠部分に表示する内容や順番を自由に入れ替えることが可能です。

またテーマによってはサイドバーだけでなく、メインの部分の下の領域に入れ込むことができます。

例をあげてみると?

企業のサイトなどを閲覧すると、よく「お問い合わせはこちら」といった感じでバナーが本文の下に掲載されていることがありませんか?

WordPressで作られているホームページであれば、あのお問い合わせバナーはWordPressのウィジェット機能ですべてのページに表示させており、ウィジェットはサイドバーだけでなく様々な箇所で使用できます。

[char no="14" char="テラス"]ウィジェットはサイトを便利にすることが可能です。[/char]

テーマによって操作できるウィジェットは様々

実はウィジェットが表示できるエリアは、テーマによって様々です。

テーマによっては、ウィジェットを実装できる箇所はサイドバーだけではありません。

具体的な例を挙げるとすると、WordPressをインストールした際にデフォルトで導入されている「Twenty Fifteen」ではウィジェットのエリアは1つです。

ウィジェットエリア|アフィリエイトの水先案内

それに対して、「simplicity」では「サイドバーウィジェット」のほかに、「スクロールの追随領域」や「広告 336×280」といったエリアが19個もありますので、様々なところに思い思いのウィジェットを設定することが可能になっております。

ウィジェットエリア2|アフィリエイトの水先案内

選んだテーマによって、設定できるウィジェットのエリアが変わってしまうことは頭に入れておきましょう。

[char no="10" char="ウカブ"]ここまでたくさんあると運営者にとっては助かるけど迷っちゃうね。[/char]

アオイノからの一言

ただしHTMLが操作できると、たとえウィジェットのエリアが1つしかなくても、ほとんどの事は実現できたりします。

さまざまなウィジェット

ここからはウィジェットに使用できる機能について解説していきます。特によく使用するものは「☆マーク」をつけておきました。

[char no="15" char="テラス"]テーマによってはないものもありますので注意してくださいね。[/char]

☆アーカイブ

一定の期間ごとに投稿されたページを分けて表示してくれます。

アーカイブで表示されているリンクをクリックすると、その期間内に投稿したページの一覧を表示してくれますようなドロップダウン形式での表示も可能です。

カテゴリー

カテゴリーのメニューで作成したすべてのカテゴリーを表示します。

各カテゴリーにどれだけの投稿したページ数があるのかということも表示できますので、サイトに訪れたユーザーに対してサイトのボリュームをお知らせすることが可能です。

カレンダー

カレンダーをウィジェットに表示させることで、投稿のあった日付とアーカイブページがリンクされます。

アーカイブと一緒に利用することで、過去の投稿などもすぐに見つけることができるようになります。

☆タグクラウド

タグクラウドでは、投稿したページに設定したタグを表示させることができます。

タグクラウドを表示させておくことで関連項目を一目で知らせることができますので、カテゴリーよりもタグをメインで活用しているサイトの場合は、必ず導入しておきましょう。

テキスト

任意のテキストを入力できます。

常に表示させておきたい文言がサイトにある場合は、ウィジェットに導入しておくとよいでしょう。

メタ情報

WordPressの管理画面へのログインページへ誘導することができます。

セキュリティ対策としてもリスクが上がってしまうことや、その他の情報にも有用な情報は少ないため、ウィジェットで使用することはあまりおすすめしておりません。

☆検索

その名の通り、ページ内を検索することができる検索ボックスを表示させます。

WordPressでは検索ボックスを非常に簡単にサイトに導入することがができるため、多くのサイトで導入されています。

☆最近の投稿

直近に投稿されたページをリスト形式で表示してくれます。表示する数は自分で決定することができます。

最近の投稿に投稿した日時も表示させておくことで、サイトがいつ最後に更新されたのかをアナウンスすることができます。

そのため、サイトに訪れてくれたユーザーに対して最新の情報を提供していることをアピールすることができます。

ウィジェットの編集画面を表示

それでは実際にウィジェットを操作してみましょう。

まずはウィジェットの編集画面を表示させましょう。赤枠部分の「ウィジェット」をクリックしてください。

ウィジェットについて2|アフィリエイトの水先案内

[char no="14" char="テラス"]ウィジェットに関する設定はすべて「ウィジェット」から行います。[/char]

ウィジェットの追加

画面左側の「利用できるウィジェット」をサイドバーの位置にドラッグアンドドロップすることで、ウィジェットを追加することができます。

ウィジェットについて3|アフィリエイトの水先案内

また、画面左側の「利用できるウィジェット」をクリックしても追加することができます。赤枠部分をクリックしてみてください。

ウィジェット5

すると赤枠部分の「ウィジェットを追加」というボタンが表示されますので、クリックするとサイドバーにウィジェットが追加されます。

[char no="26" char="ウカブ"]ウィジェットの追加は2種類方法があるのかぁ[/char]

ウィジェットの削除

サイドバーのウィジェットを利用できるウィジェットのエリアにドラッグアンドドロップで移動させることで、ウィジェットを削除することが可能です。

ウィジェットの削除|アフィリエイトの水先案内

ウィジェットの詳細設定を行う

ウィジェットの詳細設定を行う場合は、サイドバーのウィジェットの▼の部分をクリックすることで、詳細設定を行うことが可能です。

ウィジェット6|アフィリエイトの水先案内

この時、左下にある削除ボタンをクリックすると、先ほどのウィジェットの削除と同様にサイドバーからウィジェットを削除することが可能です。

ウィジェット7|アフィリエイトの水先案内

[char no="15" char="テラス"]ウィジェットも細かく設定できるものがあります![/char]

ウィジェットの順番を並び替える

サイドバーに表示させたウィジェットは順番を並び替えることも可能です。

詳細設定は非表示の状態で、ウィジェットをドロップアンドドロップすることによって順番を入れ替えることが可能です。

設定を保存した状態でウィジェットを削除するには

「今は使わなくなったけど、また使うときがあるかもしれない」というウィジェットがある場合には、一時的にウィジェットの使用を停止しましょう。

画面左側の下の方に「使用停止中のウィジェット」という項目がありますので、一度確認してみてください。

ウィジェットについて4|アフィリエイトの水先案内

一時的に使用を停止したいウィジェットがあった場合、この「使用停止中のウィジェット」に入れておくことでウィジェットの内容は保存された状態で使用を停止することが可能です。

ウィジェットについて5|アフィリエイトの水先案内

そのため、「使用停止中のウィジェット」から元の「サイドバー」に戻せば、設定はそのままで使用することができます。

[char no="14" char="テラス"]設定をそのままにウィジェットを停止することができるので、非常に便利です。[/char]

まとめ

今回は代表的なもののみを紹介しておりますが、テーマによってはさらにたくさんのウィジェットを使用できるものもあります。

メニューと同様に、サイドメニューも増やしすぎてしまうとサイトのデザイン的にもよくありません。

ウィジェットで表示するものは、ユーザーにとって本当に使いやすいもののみを表示させるとよいでしょう。

ウィジェットの編集方法は2つのパターンがありますが、ウィジェットの変更を行った場合は必ず編集後の画面を確認するようにしてください。

また、よくあるTwitterやfacebookなどの埋め込みも、プラグインを活用してウィジェットに表示させております。

プラグインを使用してTwitterやfacebookを埋め込む方法に関しましては、個別のプラグインで解説します。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • ウィジェットでは基本的にサイドバーのカスタマイズを行うことができる。テーマによってはさらに拡張されている場合もある。
  • ウィジェットには本当にたくさんの種類があり、特によくつかわれるのがアーカイブとタグクラウド、そして検索の3つ。
  • ウィジェットはドラッグアンドドロップで追加や削除を行うことができるため、直感的に操作することが可能。
  • ウィジェットはプラグインを実装することでさらなるカスタマイズが行うことができる。


管理人プロフィール:青いイノシシ
aoino

経済学部を卒業した青いイノシシこと「アオイノ」です!

趣味は読書・山登り・文化財巡り・ロードバイク・筋トレ・ジャンクパソコン探しとインドア派なのかアウトドア派なのか定まらない残念な感じ。

特技は手がクリームパンみたいなのにピアノが弾けること。
ちなみに受賞歴あり。

ホームページを制作するwebディレクターとして働いた経験があり、HTML・CSS・イラストレーター・フォトショップの操作は可能。
ただしイラストは壊滅的に書けない。


twitterやってます!

プロフィール:ウカブ

テラスの後輩で幼馴染の新米アフィリエイター。基本的にネガティブで、まずは考えてから行動に移す慎重派。

これからアフィリエイトの世界で稼いでいくために、テラスから様々な指導を受けている。

プロフィール:テラス

ウカブの先輩で幼馴染のアフィリエイター。アフィリエイトについて非常によく勉強しており、稼ぐための知識は万全。

アフィリエイトの経験もたくさんしているものの、まだ生活できるだけ稼いでいないのは内緒。

カテゴリー

ページの先頭へ