上位に表示されやすいサイト・されにくいサイト-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

あなたはサイトを閲覧しているときに「このサイト、なんだか使いにくいな」と感じることはありませんか?

実はこのサイトの使いやすさのことを「ユーザビリティ」というのですが、ユーザビリティの低いサイトはやはりSEOとしてはよくありません。

今回は検索されたときに、上位に表示されやすいサイトとはどのようなサイトなのかを紹介していきます。

この記事で伝えたいこと
  • ユーザーにとって使いやすいサイトは上位に表示されやすい
  • コンテンツを充実させることと日々更新を心がけていこう

検索されたときに上位に表示されやすいサイトとは

検索されたときに上位に表示されやすいサイトとは、ずばり使い勝手が良いサイトです。

もちろん、この「使い勝手」という言葉には様々な意味が含まれています。

単純にサイトに訪れてくれたユーザーが「使いやすい!」と感じるだけでなく、「見やすい!」と感じることやユーザーが知りたいこと以上の情報を教えてくれるサイトなどは、「使い勝手の良いサイト」として判断されています。

SEOを知る編でもお話してきましたが、検索エンジンは「ユーザーに対して常に最高の回答を表示させる」ことを使命としております。

ユーザーの多くが「このサイトは便利だった!」と感じてもらうことができれば、当然検索エンジンはあなたのサイトを上位に表示させてくれます。

ユーザビリティに配慮したサイトを作成することは、SEO対策を行う上でも重要なことだといえるでしょう。

以下ではユーザビリティに配慮したサイトの作り方を紹介していきます。

1.少ないクリックで到達

トップページから目的のページに到達するためには、少ないクリック数で到達できることが理想です。

かといって、トップページにすべてのページへのリンクを集約させた場合は、トップページがリンクだらけになってしまいますので、好ましくありません。

トップページからのリンクは適度な数にしておき、カテゴリーページからすべてのページへとリンクしておくなどの工夫が必要となるでしょう。

2.パンくずリストを設置する

パンくずリストを設置することで、訪問してくれた読者が「今どのページを閲覧しているのか」迷うことがないように表示してくれます。

また、クローラーもパンくずリストがあることにより、サイトの階層構造も読み取ってくれるようになるため、設置することで人にも機械にもやさしいサイトとなります。

2019年9月より、サーチコンソールでもパンくずリストの有無を判定するようになりました。

パンくずリストは多くのテーマで導入されていますが、もしパンくずリストが導入されていないテーマを使用している場合は、プラグインで簡単に導入することができますので、必ず導入しておくとよいでしょう。

パンくずリストを設置するプラグインに関しましては、下記のリンクで解説しております。

【WordPressプラグイン紹介】パンくずリストを作成する

3.サイトマップを設置する

サイトマップを設置することで、このサイトではどんなことが書かれているかを一目でわかるようにすることができます。

また、サイトマップを作成することで、おのずとすべてのページにリンクを行いますので、内部のリンク対策としてもサイトマップを作成することはとても効果的と言えます。

サイトマップに関しましては、下記のリンクで詳しく解説しております。

サイトマップの役割を理解しよう

4.動的なサイトにしない

あなたは静的リンク、動的リンクという言葉を聞いたことはありますか?

静的リンクとは、そのURLを入力することでたどり着くことができるページのことです。
具体的にはhttps://www.google.comやhttps://yahoo.co.jpなどですね。

私たちが通常URLと呼んでいるものは「静的リンク」ということになります。

動的リンクとは、ページによって開かれる内容が変わるリンクのことです。

ちょっと何言ってるかよくわからないですよね。

しかし、私たちは必ずこの「動的リンク」に触れたことがあります。

それは、「Amazon」です。

amazonでは、どのような商品をクリックしても、必ず左側に商品があって、右側に価格と配送の目安の日数が書かれていますね。

こちらのリンクから確認していただきたいのですが、この時上のURLに注目してみましょう。
「?=×××××~」というのがありますね?

これがいわゆるPHPという言語で作られたwebページとなります。

このような動的なページはSEOに強くないため、動的なページでサイトを作成することはあまり好まれません。

ただし、amazonほど有名になってしまえば、動的リンクのデメリットは関係ありません。「amazon.co.jp」というドメインだけでとんでもなく強い力があります。

ドメインの力を強くするためには、動的リンクで作成するよりも静的リンクで作成したほうが強くなりやすい、ということがお伝えできていれば、十分です。

テラステラス

HTMLで作られたサイトは、すべて静的リンクで作成されています。

5.コンテンツが充実している

あなたが何かGoogleで検索したときに、自分が考えている以上の情報が閲覧したサイトに書かれていたら、さらに検索する手間もなくなるので、ありがたいですよね?

Googleは常にユーザー第一の考え方ですので、ユーザーの得になることはしっかりと評価してくれます。

サイトを訪問してくれたユーザーに対して、期待以上のコンテンツを提供することができれば、その記事は十分に価値のある記事といえるでしょう。

コンテンツを充実させることも検索されたときに上位に表示されやすくなることにつながります。

6.日々情報が更新されている

サイトの上部にある公開日と更新日の日付を見たことはありますか?

当サイトでも表示させておりますので、一度ご確認ください。

公開日と更新日について|アフィリエイトの水先案内

この時注目していただきたいのが、「更新日」になります。

この更新日が新しければ新しいほど、新鮮な情報だと認識することができますね。

Googleは新鮮な情報を提供するサイトに対して、高評価を与えてくれますので、サイトを作成したら終わりではなく、サイトを作成したら更新をし続ける必要があります。

テラステラス

更新日を注視してみると、情報の新鮮度がわかるね

まとめ

使いやすいサイトを目指すことは、検索エンジンが目指している目標とよく似ています。

検索エンジンに好かれるためにも、ユーザーのことを第一に考えた、使いやすいサイトの構築を目指していきましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 検索されたときに上位に表示されやすいサイトとは、ユーザーのことを第一に考えているサイト。
  • パンくずリストなどはユーザーが使いやすいと感じるだけでなく、クローラーにもやさしいので必ず設置する。
  • コンテンツを充実させることはなかなかすぐにはできないので、ゆっくり時間をかけて行おう。