校正を行うことの大切さ-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

校正とは、文章の誤字脱字、適切ではない表現がないかや修正の有無を確認する大切な作業です。

しかしながら、「校正」という作業自体、とても細かくて根気のいる作業ですので、敬遠しがちになってしまいます。

しかしながら、サイトに訪れてくれたユーザーに対して良質なコンテンツを提供するためにも、書いた文章の見直しをすることは大切です。

サイトに訪れてくれたユーザー誰もが読みやすいように、文章を見直す習慣をつけるようにしましょう。

この記事で伝えたいこと
  • 校正は文章を正しく、読みやすくユーザーに伝えるために行っておきたい作業の1つ
  • 第三者に校正を行ってもらうことが理想だが、自分でも校正を行える方法はある

校正を行うときに気を付けるべき2つのポイント

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

1.正しいかどうか確認

まずは書いてあることが本当に正しいのか、について確認しましょう。

特に注意すべき点は数字と固有名詞についてです。

例えばですが、10,000円の商品の価格が1,000円で表示されていたらどうでしょうか。

間違いなくその商品は赤字で購入されてしまいます。

また、人名が間違っていた場合も権威ある方の人気のセミナーだったはずが、名前が間違っていてだれも集まらない、という事態になりかねません。

数字や固有名詞をサイト上で発信する場合は、本当にその情報が間違っていないのか、しっかりと確認してから情報を発信するようにしてください。

テラステラス

書いた文章の確認作業は基本中の基本です!

また「執筆ガイドラインを作ろう」でも解説した通り、言い換えができる言葉についても、しっかりとキーワードが統一されているかどうかの確認を行うとよいでしょう。

2.わかりやすいかどうか

書いてあることが訪問してくれたユーザーにとってわかりやすいかどうかの確認を行います。

周りくどい言い回しや無駄な文章は、ユーザーがページから離脱する理由になるため、本当に必要な文章のみで伝えていく必要があります。

サイトに訪れてくれたユーザーが気持ちよくサイトを閲覧できるようにすることは、ユーザーがサイトに滞在する時間も伸ばすことや再び訪問してくれることにつながりますので、SEOとしても非常に重要です。

検索エンジンは常にユーザー第一である、という考え方を忘れずに、文章の校正をおこなうとよいでしょう。

テラステラス

専門用語はできるだけ身近な言葉に置き換えて説明するとよいでしょう

校正の手順とは

校正を行う場合に気を付けておきたいポイントを理解したうえで、校正の手順について解説しておきます。

本来、校正は一人で行うものではなく、文章を書いた人と校正をする人の2人で行うものです。

そのため、校正を行う前の段階で、すでに自分の中で完璧な状態まで仕上げます。

特に、誤字脱字や執筆ガイドラインに反するような表記の揺れなどの単純なミスは取り除いた後で、校正を別の方にしてもらう、というのが本来の校正の流れです。

しかしながら、自分でサイトを使って情報を発信する場合ですと、当然一人で行いますよね?

今回は一人でも行うことができる校正の方法について解説していきますので、今後、記事を書いた後に校正する場合は参考にしてみてください。

校正を効率的に行うことができる4つの行動

ここからは実際に一人で校正する時に、効率的に校正を行っていくための方法について紹介していきます。

1.印刷してみる

まずはお手軽なところから「印刷して校正を行う」という方法があります。

画面上で見ている文字と、印刷して読む文字は違いますし、画面上では見えなかったものが紙にすると見えたりします。

文章を直す場合は赤ペンでチェックするなどをするとよいでしょう。

テラステラス

紙に印刷することで、また違った文章に感じます。

2.時間を空けてから確認する

文章を書いてすぐに校正を行うよりも、少し時間を空けて(例えば一日あけて)から確認する方法があります。

時間を空けることで、自分が書いた文章でも客観的に読むことができ、校正も行いやすくなります。

一日空けることが難しければ、朝書いた文章を夜確認する、程度でも十分な効果を得ることができますので、一人でお手軽に行える校正としておすすめです。

ウカブウカブ

時間を空けるだけで意外とミスはみつかるよ~

3.作成した文章を音読する

声に出して読むことで、文章の読みやすさを発見することができます。

また、誤字脱字を発見する際に音読することで、読点のつけ方などもはっきりさせることができるため、非常に効果的な方法となります。

4.5W2Hでチェックする

「5W2H」を聞いたことはありますか?

5W2Hとは、ビジネスシーンでよく使われている、情報を適切に伝えるためのフレームワークのようなものです。

5W
What なにが?
Who だれが?
Where どこで?
When いつ?
Why なぜ?
2H
How どのように?
How much いくらで?

5W2Hで伝えるべきことに漏れがないかを確認しながら、校正を行うとよいでしょう。

5.チェックリストを作成して確認する

校正を行っていく上でよくあるのが、何について校正を行っていたのかを忘れてしまうことです。

常に一定の基準で校正を行うためには、チェックリストを用いることは必要不可欠といえるでしょう。

チェックリストは手書きで作成してコピーをしても、WordやExcelなどを用いて作成してもなんでもかまいません。

複製することができれば、チェックリストに決まりはありません。

まとめ

校正は必ずしも行うべき必要はありませんが、SEO対策の点からみると、必ず行っておきたい作業となります。

作業自体はものすごく地味で、根気のいる作業となりますが、コツコツと行うことがSEO対策の成功の秘訣です。

私のおすすめの校正の方法は、時間を空けて自分の作成した文章を印刷して校正を行う方法です。紙やインクを消費しますが、印刷して校正することはとてもおすすめです。

私自身も、校正は忘れがちになってしまうことがよくありますので、校正自体をおろそかにしないよう注意しております。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 校正は作成した文章の誤字脱字や修正がないかを確認する、とても地味だが大切な作業である
  • 本来校正は2人1組で行うものだが、様々な工夫を行うことで、一人でも行うことができる。