head部分は普段、まったく意識することはありません。

なぜかというと、普段ホームページを表示する際に、サイトからは直接見えない部分となるからです。

しかし、見えない部分もしっかり整理することで、検索エンジンに好かれるサイトを作り上げることができます。

見えないからと言って決しておろそかにせず、しっかりとSEO対策を行うようにして下さい。

headとは?

headはサイトを作成する上で、サイト上には見えないけれども、サイトに関する情報をブラウザやサーバーに宣言することで、サイトの情報を適切に伝える役割を果たしています。

ユーザーからは通常、閲覧することができませんので「縁の下の力持ち」のような役割ですね。

headは1ページに必ず作成する必要があり、<head>タグを2回使用することは認められていません。

html5では似たタグの<header>タグがありますが、混同しないように注意してください。

なぜheadを整理するのか

実は、サイトを1から自分で作成する場合、headを整理する必要はありません。

それは、すべてページのタグを1から入力して作っているため、head内部に記述する内容も必要最低限しか書かないからです。

自分でひとつひとつ作っていくのに、わざわざ不要なものを書いたりしませんよね?

そのため、サイトをhtmlファイルで1から作成する場合は、headの整理を意識する必要はありません。

もちろん、WordPressのテーマを自作した場合も意識する必要はないでしょう。

headを整理する必要があるのは1から自分で作っていない場合、つまりほかの方が作成したWordPressのテーマを使用している場合や、ホームページ作成ソフトを活用してホームページを作成した場合です。

例をあげてみると?

WordPressのテーマやホームページ作成ソフトは、あなたのためだけに作られたものではありませんよね。

多くの方が使用できるように、あなたにとっては不要な記述もhead内に含まれていることがしばしばあります。

そして、head内を整理することでサイトが少しでも軽量化されるため、ページが早く表示できるのと同時に検索エンジンにも読み込まれやすいサイトになっていきます。

WordPressを活用している場合、WordPressでhead内の不要なコードを削除するには、少々高度な技術が必要となってしまいますが、head内に必要なコードと不要なコードについては理解しておくとよいでしょう。

あなたのサイトのheadに何が書かれているのか確認する

まずは、あなたのサイトのheadにはどのような内容が含まれているのか確認するとことから始めていきましょう。

確認の手順はさまざまな方法がありますが、今回は一番簡単な「ブラウザから閲覧する方法」を解説していきます。

1.まずはあなたのサイトを開いてください

今回は当サイトを例に挙げて解説しております。

head内部の確認1|アフィリエイトの水先案内

2.何もないところで右クリック

何もないところで右クリックをしてください。

check!※「何もないところ」とは画像やリンク以外の場所を指しています。
例えばテキストの上やブラウザ上の空白の部分を指します。

3.ページのソースを表示をクリック

右クリックをすると、下図のメニューが表示されますので赤枠部分の「ページのソースを表示」をクリック

head内部の確認2|アフィリエイトの水先案内

4.別のタブでソースコードが表示されます。

head内部の確認3|アフィリエイトの水先案内

以上の手順であなたのサイトのheadに何が書いてあるか確認できるようになりました。

ここからは、実際にheadに書かれている内容の中で、必要となるものと不要となるものについて解説していきます。

必要となるheadの記述

まずは必要となるhead内の記述から確認していきましょう。

下記の挙げているものはサイトを作成する中で必要最低限とも言えるものを上げております。

文字コードの指定

例をあげてみると?

<meta charset=”UTF-8″>

文字コードの指定を行わないと、ブラウザはそのページがどのような文字で書かれているのか判別することができません。

文字コードの指定がない場合は、ブラウザによっては文字化けを起こしてしまう可能性もあります。

デフォルトの言語

例をあげてみると?

<meta http-equiv=”Content-Language” content=”ja,en”>

上記の例では、このページには日本語と英語が含まれています、ということを示しています。

content=””の部分に言語を指定することで、デフォルトの言語を指定することができます。

スタイルシート使用の宣言

例をあげてみると?

<meta http-equiv=”Content-Style-Type” content=”text/css” />

htmlファイルに直接CSSを打ち込む場合は、宣言しておくと誤作動が起きにくくなります。

多くの場合、明示しなくてもブラウザが自動的に判断してくれます。

スクリプト言語使用の宣言

例をあげてみると?

<meta http-equiv=”Content-Style-Type” content=”text/javascript” />

こちらもCSSと同様に、htmlファイルに直接javascriptを入力する場合は、宣言しておくと誤作動が起きにくくなります。

スクリプト言語の使用にかかわらず、多くの場合、スクリプト言語使用の宣言は記述されています。

title(タイトル)

例をあげてみると?

<title>~</title>

タイトルはSEO対策における最重要項目の1つです。

サイトを作成する上で、titleタグは必ず必要なモノですので、誤って消さないように注意しましょう。

titleの設定方法に関しましては、下記のリンクで解説しております。

titleタグはサイトの顔!しっかりと設定しよう

description(ディスクリプション=ページ紹介文)

例をあげてみると?

<meta name=”description” content=”~”>

keywords(キーワード)

例をあげてみると?

<meta name=”keywords” content=”~”>

descriptionやkeywordsはSEO対策に関係のない部分と言われているものの、やはりしっかりと記述しておくべきでしょう。

サイトを作成する上で、descriptionやkeywordsも必要なモノといえます。

descriptionやkeywordsなどのMETAタグの設定方法に関しましては、下記のリンクで解説しております。

METAタグを設定する

不要となるheadの記述

ここからは不要となるheadについて紹介します。

もし、お使いのサイトやWordPressにこれらの記述があれば、利用規約を確認したうえで削除しましょう。

ただし、テーマによってはhead内の一部を削除しないでくださいと利用規約に明記されていることもあるようです。

必ず利用規約を確認してから行いましょう。

GENERATAOR

例をあげてみると?

<meta name=”generator” content=”WordPress 5.0.3″>

このサイトは「WordPress 5.0.3」を使って製作されております、ということを証明するタグです。

SEO対策としては推奨できないのですが、削除してはいけない場合もありますので、注意事項をしっかりと呼んだうえで削除するようにしましょう。

auther

例をあげてみると?

<meta name=”author” content=”会社名など”>

サイトの持ち主である個人や会社名を入力しますが、googleはSEOとしての評価をしないと言っています。

そのため、不要な部分として判断されています。

copyright

例をあげてみると?

<meta name=”copyright” content=”Copyright (c) 2018- サイト名など”>

コピーライトをhead内に記述することもできますが、基本的にはユーザーが見ることができるbody内に表示したほうがよいでしょう。

コピーライトとは著作者のことを表しております。

robots

例をあげてみると?

<meta name=”robots” content=”index,follow”>など

実は今でも多くのサイトでこのrobotsの記述はあります。

昔はこの「robots」という表記がないとクローラーは巡回してくれなかったのですが、現在は書かなくても巡回してくれます。

そのため現在は不要となった記述といえるでしょう。

made

例をあげてみると?

<link rev=”made” href=”mailto:メールアドレス” >

サイトの運営者への連絡先を示すタグです。

rating

例をあげてみると?

<mata name=”rating” content=”general”>

当サイトは全年齢向けの内容を提供しています、ということをアピールします。

まとめ

headの内部は、通常あまり見たり触ったりする部分ではありませんが、見えない箇所にもしっかりと気を配ることが上位に表示される秘訣となりますので、しっかりと対策を行うようにするとよいでしょう。

もしもWordPressを活用していて不要なタグを見つけた場合、すぐに削除するのではなく、本当に削除してい良いのかどうかを調べるところから始めていきましょう。

テーマを利用する上で、場合によっては削除してはいけない場合もあります。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • headの中身を整理することで、ページの読み込み速度を改善することや、クローラーがページを読みやすくなることにつながる
  • head内に記述するべき必要最低限の内容を間違って消さないように注意する
  • head内に不要な記述を発見した場合も、すぐに削除するのではなく、本当に削除してよいのかどうかをしっかり調べてから削除する