METAタグを意識して考えたことはあるでしょうか。

SEO対策に影響するMETAタグにはサイトの説明を行う「description」とサイトのキーワードを示す「keyword」の2つがあります。

point!ただし「META keyword」はGoogleの検索エンジンでは効果がないといわれています。

ここではMETAタグの設定方法やルールについて解説していきます。

descriptionとは

descriptionは直訳すると「説明」という意味で、descriptionに書かれた文章はサイトの説明を行う役割を持っています。

下図の赤枠部分がサイトのdescriptionとなっている部分です。

descriptionの解説|アフィリエイトの水先案内

このmeta descriptionの内容は別名「スニペット」とも呼ばれています。

余談ですが、スニペットを直訳すると「抜粋」という意味があります。

検索したキーワードがスニペットに含まれている場合、キーワードが太字で表示されますので「meta description」を設定することはクリック率の上昇にもつながります。

もしdescriptionを設定しなかったら

もしもdescriptionがなかった場合、検索結果の説明文は空白か自動でGoogleが設定した文章があてはめられます。

WordPressを利用されている場合は、WordPressのテーマで自動的にdescriptionを挿入するようになっているテーマもあります。

descriptionを設定するときのルール

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

明確に内容を伝える

descriptionはそのページの簡易的な説明を担う役割があります。

そのため、titleタグに書いた文章やh1に書いた内容よりももっと詳しくユーザーに伝える必要があります。

descriptionに書く内容は、もちろんですがtitleタグに書いた文章やh1に書いた文章と同じにしてはいけません。

ただし、titleやh1に書かれている内容と全く異なるdescriptionでは意味がありませんので、descriptionに書く内容はtitleやh1に書かれている内容と近いものにするとよいでしょう。

文字数の制限などは後述しますが、titleやh1よりも長い文章で内容をユーザーに対して明確に書くことが大切です。

descriptionを書く際には「このページではどのような内容が書かれているのか」をしっかりとユーザーに伝えられるような文章を書くとよいでしょう。

クリックされやすい文章を書く

descrptionの内容は検索結果の画面に表示されますので、ユーザーにサイトに訪れてもらう前のPRとして非常に重要です。

そのため、descrptionに求められることはキーワードよりも「思わずユーザーがクリックしたくなるような文章」が求められます。

descrptionではクリックされやすいような、訪問してもらいやすいサイトの説明文を書くとよいでしょう。

キーワードも意識する

現在のGoogleの検索アルゴリズムでは、descrptionはSEO対策の結果から除外されているといわれていますが、もちろんキーワードをしっかりと絡めて書くことも大切です。

キーワードはtitleを書く時のルールと同様に早めにキーワードは表示させましょう。

また、重要なキーワードは2回まで使用することが可能です。

こちらもtitleを書く時のルールと同様に3回以上はペナルティの危険がありますので避けておいたほうがよいでしょう。

文字数は90文字程度

実はdescriptionの最大文字数は160文字まで書くことができます。

しかしながら、現在descriptionが110文字を超えたところから「…」と表示されて見切れてしまうようになっています。

さらにスマートフォンでは90文字程度しかdescriptionは表示されません。

そのため、descriptionを書く際には、文字数の目安を80文字程度にしておいて、最大でも90文字以内に文字数を収めるとよいでしょう。

すべてオリジナルで作成

明確に内容を伝えるでもお話ししましたが、descriptionに書く内容はtitleタグに書いた文章やh1に書いた文章と同じにしてはいけません。

また、titleを書く時のルールと同様にすべてのページに書かれているdescriptionの内容をバラバラにするようにしましょう。

コンテンツの内容と同じ内容は避ける

descriptionはあくまで、そのページの「要約」「説明」「抜粋」です。

サイトの内容の一部をそのままdescriptionとした場合、そのページのdescriptionは意味のないものと判定されてしまい、SEO対策として十分ではありません。

また、意味のないdescriptionと判定されると、Googleが勝手にdescriptionを書き換えます。

もちろん意味のある場合でも書き換えられてしまうこともありますので、しっかりとdescriptionを書いた場合は効果のあるdescriptionとなっているのかどうかを確認するとよいでしょう。

keywordとは

meta keywordsでは、そのサイトがどのようなキーワードで上位表示を狙っているのか、を検索エンジンに示しています。

ただし、Googleは過去にSEO対策として悪用されたため、この「meta keywords」は無視しているといわれておりますので、GoogleへのSEO対策としては全く効果がありません。

また、現在yahooはGoogleのアルゴリズムを使用しているものの、yahoo独自のアルゴリズムが残っているともいわれています。(この情報は定かではありません。)

yahoo独自のアルゴリズムではkeywordsを認識するといわれておりますし、bing!などの検索エンジンではkeywordsはSEO対策として有効ともいわれております。

アオイノからの一言

Googleが今後keywordsを復活させる可能性もありますので「keywords」もしっかりと設定しておいたほうがよいでしょう。

keywordsを設定するときのルール

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

キーワードがtitleや本文に含まれているか

keywordsに設定するキーワードは、必ずtitleや本文に含まれているキーワードを選ぶようにしましょう。

いくらGoogleの検索エンジンがSEO対策の対象外にしているからと言って、titleや本文と関係のないキーワードを選択した場合、スパムと判定されてペナルティを受ける可能性がありますので絶対にやめましょう。

キーワードがリンクに含まれているか

keywordsに設定するキーワードをアンカーリンクとして設定しましょう。

あまり知られていませんが、アンカーリンクはSEO対策として重要な部分を担っています。

アンカーリンクに関しましては、下記のリンクで詳しく解説しております。

アンカーテキストとキーワード

キーワードはどの程度に絞るべきか

keywordsに設定するキーワードは、1ページあたり3~5個程度に収めるとよいでしょう。

その昔、keywordsにキーワードを詰め込むことで上位に表示させる方法が横行したことからkeywordsがアルゴリズムからはじかれる結果となりました。

そのため、表示したいキーワードがたくさんあるからといって、20個30個と詰め込むとスパムとして検索結果から除外される可能性があります。

キーワードは多くても3~5個以内に収めておくとよいでしょう。

また、キーワードはkeywordsとあるように、複数形です。

meta keywordsに設定するキーワードは1つではなく、2つ以上を設定しましょう。

WordPressでMETAタグを設定する方法

WordPressでMETAタグを設定する方法はさまざまなプラグインが開発されていますので、お好みで選ぶとよいでしょう。

私はAll in One SEOというプラグインを使用しています。

まとめ

以上でMETAタグのSEO対策についての解説を終わります。

descriptionをひとつひとつ考えることは大変ですが、descriptionは意外と読む人が多いようです。

ユーザーに対してサイトに訪れてもらうためにも、しっかりと設定するようにしましょう。

またkeywordsを設定する効果はGoogleのアルゴリズムに対しては効果がないかもしれません。

しかしながら、Googleがkeywordsを復活させる可能性もゼロではありません。

サイトの設定を一つひとつしっかりと行っておくことが、検索上位に表示されるコツですので、しっかりと設定するようにしましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • METAタグをしっかり設定することで、ユーザーに対してサイトをアピールすることができるので、しっかりと設定する
  • descriptionではサイトの簡単な説明を行うとともに、ユーザーにクリックされやすい文章を書く
  • 現状keywordsは設定する必要はないが、いつアルゴリズムに評価されてもいいようにしっかり設定しておくほうがよい