画像にまつわるSEO対策について解説しております。

画像は多くの人がしっかりと設定していない項目ですので、あなたのサイトでしっかりと設定することで、ライバルと差をつけることができます。

画像で設定すべき項目とは

画像を表示する際に、必ず設定すべき項目は3つです。

  • width
  • height
  • alt

この3つをimgタグに記載することは、正しいhtmlを書く場合の必須項目に挙げられています。

この中でも特に重要と言われているのが「alt」です。

検索エンジンに「画像」と正しく認識してもらうためには、しっかりと設定しましょう。

widthを設定する

widthは画像の横幅を設定する部分となります。

widthをしっかりと設定することで、ページが読み込まれた際に「画像のサイズ」を素早く認識してもらうことができます。

そのため、widthをしっかり設定することは、ページを早く読み込むことにつながります。

widthはレスポンシブに対応しているサイトでは「100%」に設定されていることが多いかと思いますが、しっかり設定する必要がある項目の1つです。

WordPressを利用されている方は基本的に自動で設定されるため、改めて設定する必要はありませんが、設定すべき項目であるということは覚えておきましょう。

heightを設定する

heightは画像の縦幅を設定する部分となります。

widthと同じ理由からしっかりと設定する必要があります。

heightもwidthと同様に、WordPressを利用している場合は自動で設定されておりますので、WordPressを使用する場合は特に意識する必要はありません。

altを設定する

この「alt」は画像が表示されなかった場合に、画像の代わりにテキストを表示してくれます。

また、目の見えない方がサイトを閲覧する際にも、どのような画像が表示されているかをテキストとして読み上げるため、非常にユーザビリティを向上させる項目として重要な役割を果たしております。

アオイノからの一言

実はiPhoneの基本ブラウザであるsafariにも文章読み上げ機能は初めから搭載されています。

SEO対策の部分でもクローラーは画像を読み取ることができませんので、altを設定することは非常に大切です。

alt部分にテキストを設定することで「ここにはこのような画像が入っています」とクローラーに伝えることができます。

また、altを設定することでGoogleのユニバーサル検索にも表示させることができます。

Googleのユニバーサル検索とは、画像検索などを指します。

Googleではテキスト以外にも「画像」を検索することができますが、この「alt」を設定していないとGoogleのユニバーサル検索に表示されることはありません。

altを設定するときのルール

記述する内容は画像と同じような内容にする

altに入力する内容は、画像の内容と一致する文章にする必要があります。

画像とaltに書かれている内容が一致していない場合、画像検索でも出にくくなってしまうことや内容を読むユーザーに適切に画像を伝えてないと判定されるため、ペナルティを受ける可能性も否定できません。

キーワードを詰め込まない

内容を一致させる場合のルールと近いですが、altにキーワードのみを羅列して記入してはいけません。

altに書く内容はキーワードを羅列するのではなく、しっかりと意味の伝わる文章を書くとよいでしょう。

文章は簡単にわかりやすく

altに入れる文章であまりに長いものは、クローラーにも好まれないようです。

ユーザーからも、クローラーからもわかりやすい文章を書くとよいでしょう。

画像の圧縮について

画像のサイズを圧縮することで、あなたのサイトの表示速度を早くすることができます。

サイトの表示を早くすることは、訪問してきたユーザーのイライラを解消するだけでなく、SEO対策としてもスマートフォンユーザーに使いやすいサイトとみなされます。

必ず画像を圧縮して、サイトの表示速度の改善に臨むようにしてください。

WordPressをご利用であれば、プラグインを導入することで簡単に画像を圧縮することが可能です。

WordPressで画像を圧縮する方法に関しましては、下記のリンクでプラグインを紹介しております。

【WordPressプラグイン紹介】画像を圧縮する方法

まとめ

画像に関するSEO対策について解説してきました。

あなたのサイトで行っていない、もしくは一度実践してみよう、と思うものは見つかりましたでしょうか。

画像のSEO対策は、多くの人が忘れがちな項目となりますので、しっかりと行うことでライバルに差をつけることができます。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 画像で設定すべき項目は「width」「height」「alt」の3つ
  • altは設定する際に、様々なルールがあるのでしっかりと把握しておこう