各ページの見出しとなるhタグのつけ方について解説していきます。

h1タグとそのほかのh2~h6タグでは意味合いが異なってまいりますので、まずはh1タグについてのみ、しっかりと理解するところから始めましょう。

見出しタグh1とは

h1タグはSEO対策の中で、titleタグに次ぐ2番目に重要な部分です。

h1タグは見出しの中でも大見出しを意味しており、基本的には「1ページにつき使用は1度限り」と定められていました。

ただし、HTML5からはh1タグの複数回使用も認められるようになりました。

しっかりとarticleとsectionを明確に分類し、階層構造を設定した場合にのみh1タグを複数使用できます。

アオイノからの一言

articleやsectionをWordPressで設定することは難しい?ようなので、WordPressでサイトを作成する場合はh1は1度までに統一したほうが作りやすいでしょう。

また、h1タグのつけ方1つで検索順位に影響を及ぼすこともありますので、注意しながら設定するようにしてください。

h1タグをつけるときのルールは非常にたくさんの種類がありますので、一つひとつ下記で確認していきましょう。

h1タグをつけるときのルール

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

1ページにつき、使用は1度まで

先ほどもお伝えしましたが、非常に大切なことですのでもう一度。

h1タグを使用する場合は、必ず1ページに1度のルールを守るようにしてください。

SEO対策を行う上で、h1タグは非常に重要な地位を占めております。

また、h1は大見出しです。

後述するh2やh3などの中見出しや小見出しを先に使用してしまうと、サイトに掲載する文章の構造が崩れてしまいます。

例をあげてみると?

大見出しの前に中見出しや小見出しがあった場合、どれが一番重要な見出しなのか、伝えたいことなのかがわからなくなってしまいますね。

サイトの構造を崩さないためにも、HTMLのルールに準じてサイトを作成するようにしましょう。

pタグと一緒に活用

pタグとは文字を入力する際に使用されるHTMLのタグとなります。

h1を入力した後すぐh2やh3のような見出しが来る、ということはないようしましょう。

h1の後はすぐにリード文としてpタグを使った文章を入力してください。

先ほどと同様に、サイトの構造を崩さないようにHTMLのルールに準じてサイトを作成するようにしましょう。

titleやほかの見出しと同じ内容にしてはならない

titleと同じ内容にしてしまうと、せっかくtitleをすべてのページでオリジナルを作成した意味が薄れてしまいます。

ただし、WordPressのテーマの設定ではh1で設定した内容とtitleの内容は同じになってしまうことがあるようです。

必ずtitleの内容とh1の内容は別々の文章を設定しましょう。

また、titleはもちろんですが、h2やh3のようなほかの見出しとh1の同じ内容にすることもいけません。

ほかのページで作成したh1と同じすることもいけません。

ページ内にある見出しとタイトルはすべてかぶらないように設定するようにしましょう。

キーワードの羅列しない

h1は大見出しですので、キーワードを羅列していると文章としてとても不自然になります。

これはh1に限らずいえることですが、キーワードを羅列しただけの不自然な文章はスパムと判定されてしまうこともあります。

また、titleの文章ではキーワードを2回まで使用することが可能でしたが、h1の見出しの文章では1回にとどめいておいたほうがよいでしょう。

アルゴリズムは「不自然さ」をとても嫌う傾向があるようですので、キーワードも含めつつ文章が不自然にならないようにh1を作成してください。

文字数を多くしすぎない

h1のような見出しはtitleやdescriptionと違って、文字数に制限はありません。

しかしながら、あまり長すぎる文章は「見出しとして不自然」と判断されることもあるようです。

あまり文字数が多くならない程度に、文章が不自然にならない程度に、h1を設定するとよいでしょう。

文字を見えなくしてはいけない

h1を画像で表現するためにCSSを操作して、h1の文字を見えなくしたり、画面の外へ飛ばしたりすることも可能です。

よくh1の部分に画像を挿入してあるサイトを見かけますが、実はSEO対策としては非常にグレーゾーンです。

そのため、h1を使用する場合はしっかりと文字をユーザーに見えるように、テキストで表現したほうがSEO対策としてはよいでしょう。

strongタグと併用しない

strongタグはサイト内の文章を強調することができます。

昔はstrongタグで強調された言葉はSEO対策として効果があるといわれていましたが、今はあまりないともいわれています。(真偽のほどはわかりません)

キーワードを強調できるからと言って、見出しとstrongタグを併用して使用することはやめましょう。

h1タグを使用する際のルールに関しては、以上の7項目で完了です。

つづいてh2~h6タグの効果的な使い方について解説していきます。

なぜ見出しタグを使うのか

見出しタグを活用することで、人にとっても、機械にとっても読みやすい構造を作ることができます。

また、見出しのみを読むことで必要な情報のみを拾って読むことができるため、見出しをしっかりと設定することは、ユーザーに優しいサイトといえるのではないでしょうか。

一般的にh2~h6タグには下記のような役割があります。

  • h2タグ:中見出し
  • h3タグ:小見出し
  • h4タグ:ページ内における4番目の見出し
  • h5タグ:ページ内における5番目の見出し
  • h6タグ:ページ内における6番目の見出し

h2~h6をつけるときのルール

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

数字の順番を守る

h1タグを使用する前にh2タグやh3タグを使用してはいけない時と同様に、数字の小さい見出しよりも数字の大きな見出しを前に使ってはいけません。

例をあげてみると?

h5タグを使用した後にh2タグを使用することはルールに違反することになります。

pタグと一緒に活用

h1タグでも解説した時と同様に、見出しの後はpタグを使用して、本文となる文章を書いていくようにしましょう。

見出しの後には必ず文章が続くようにすると、文章の構造が崩れません。

アオイノからの一言

たまにですが私もルールを忘れて見出しのあとに見出しを使用するときがあります。見出しの後にまたすぐ別の見出しを使用することは結構よくありますので注意しましょう。

ほかの見出しと同じ内容にしてはならない

ほかの見出しと同じ内容にしてしまうと、見出しの内容がどこに書かれているのか、わからなくなってしまいます。

当然ですが、titleやh1とも同じ内容にしてはいけません。

また、ほかのページの見出しと同じ内容にすることもNGです。

キーワードの羅列しない

h1の時と同様に見出しにキーワードが羅列していると、文章としてとても不自然です。

キーワードを羅列したような不自然な見出しを作成することはやめましょう。

文字数を多くしすぎない

h1の時と同様に、見出しには文字数に制限はありません。

しかしながら、長すぎる見出しは何を伝えたいのかわからなくなってしまうこともありますので、適度な長さに文字数をとどめておきましょう。

文字を見えなくしてはいけない

h1と同様、見出し部分に画像を挿入することはやめましょう。

見出し部分はたとえh6でもSEO対策としての意味を持っています。

見出しはすべて文章で入力し、ユーザーが見えないような加工をしてはいけません。

strongタグと併用しない

h1の時と同様に、見出しとstrongタグを併用して使用することはやめましょう。

リストとして使用しない

見出しをリストとして使用してはいけません。

リストを作成する場合は、必ずliタグを使って作成するようにしましょう。

WordPressでリストを作成する方法に関しましては、下記のリンクで紹介しております。

リストを作成する

まとめ

以上でhタグの使い方についての解説を終了します。

もし、あなたのサイトで間違った見出しの使い方を行っていた場合、たとえ現在上位に表示されていたとしても、修正を行ったほうがよいでしょう。

検索エンジンは日々進化しております。

ルールに則った方法でサイトを作成することで、長く上位に表示され続けるサイトでありたいですね。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 見出しはSEO対策の中でも重要な役割を担っているので、しっかりとHTMLのルールに準じて作成する
  • h1とh2~h6では、少々ルールが異なる点があるので、しっかりと違いを理解する