一瞬で人の心をつかむキャッチコピーの作り方10選-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

一瞬で人の心をつかむには、まずは「もしかして私のことを言っているのかな?」とユーザーに感じてもらう必要があります。

ユーザーの欲求を知ることで、人の心をつかむことができるキャッチコピーを作ることができるでしょう。

この記事で伝えたいこと
  • 心をつかむためにはポジティブで攻めるかネガティブで攻めるかのどちらかのみ
  • 商品に応じてどちらのキャッチコピーも書けるようにしておこう

人の心をつかむキャッチコピーの作り方

人の心をつかむキャッチコピーを作るために必要なこととは何でしょうか。

答えから先に行ってしまうと「相手の欲求を知ることができるか」がカギになります。

まずは「なぜインターネットで商品を購入する理由」について考えていきましょう。

インターネットでモノやサービスを購入する場合、実際に手に取って商品を見ることができないため、強い欲求が必要となります。

人がモノやサービスを購入するには大きく分けて2つの欲求があります。

1.より快適にしたい欲求

1つ目は「今あるものでも満足はしているけど、もっと便利なものはないかなぁ」と探している人です。

このタイプの欲求には「もっとこんな風になりたい」や「こんなのがあったらいいのに」という気持ちをさらにくすぐるキャッチコピーを用意するとよいでしょう。

キャッチコピーの作り方

より快適にしたい欲求を満たすためのキャッチコピーを作るには「ユーザーは現状に悩んでいない」ということをはっきり理解しておく必要があります。

そのため、今使っている商品のグレードを上げて、ワンランク上の状態を未来として見せることに心がけてください。

例えばですが、「ハサミ」や「下着」などはスーパーで販売されている商品でも、十分ですよね?

でも、わざわざネットでワンランク上の、機能や性能のよい日用品を使ったら、もっと快適な生活が送れますよ、と提案することもできます。

また、ワンランク上でなくても、同じ性能だけど紹介している商品のほうがお得、という場合もより快適にしたい欲求を満たすキャッチコピーが作れるでしょう。

また、商品によっては「より快適にしたいという欲求」に対するキャッチコピーが、作りにくいこともありますので注意してください。

実は私はこの「より快適にするためのキャッチコピー」を作ることが苦手です。
私自身ミニマリストを心がけているため、壊れていないのに同じものを買うことに結構な抵抗があるためです。
テラステラス

人によっては作りにくい場合もあるかもしれません

キャッチコピーの例を作ってみます

「SEO対策を教えます」という文章をもとに、キャッチコピーの例を作成していきます。

より快適にしたいという欲求を持った人へのキャッチコピーを考えてみました。

「収益率がさらにあがる!?魔法のようなSEO対策」

現在の検索順位に満足しているものの、さらに上を目指している人に向けたキャッチコピーです。

通常SEO対策は検索順位を上げるためのものですが、さらに収入まで増やすSEO対策となれば、クリックする人は多いのではないでしょうか。

2.悩みを解決したい欲求

2つ目は「いますぐにでも解決したいことがある」人が持っている欲求です。

すぐにでも欲求を満たさなければならないので、問題を解決できそうなキャッチコピーを用意するとよいでしょう。

キャッチコピーの作り方

悩みを解決したい欲求を解決するためのキャッチコピーを作るには「なぜその商品やサービスが生み出されたのか」を考えてみましょう。

新しい商品やサービスが生まれたことには、必ず何か理由があるハズです。

多くの商品やサービスは、実際のユーザーの声や意見から作られることが多いといわれています。ユーザーの声や意見は需要を表していますからね。

また、キャッチコピーでは「同じような悩みを持っていませんか?」とユーザーに対して問いかけることで、共感してもらうこともできます。

悩みを解決したいという欲求をもつユーザーへのキャッチコピーは「お客様の立場に立って考えるよりも、なぜその商品やサービスが生み出されたのか」に注目して考えてみてください。

ウカブウカブ

「悩み」を解決できたらうれしいよね~

キャッチコピーの例を作ってみます

「SEO対策を教えます」という文章をもとに、キャッチコピーの例を作成していきます。

悩みを解決したいという欲求を持った人へのキャッチコピーを考えてみました。

「簡単に上位に表示できる、すぐに実践できるSEO対策!」

現在の検索順位に満足していない人には、上位に表示することを目的としたキャッチコピーがよいでしょう。

悩みはできる限り早く解決したいものですから、「すぐに」や「手早く」などの手軽にできるキーワードを含めるとよいでしょう。

まとめ

インターネットで商品を購入するためには、強い欲求が必要になります。

商品やサービスの購入してでもよい、強い欲求の種類をしっかり把握しておくことで、ユーザーの興味を引くことができるキャッチコピーを作ることができるでしょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 人の心をつかむキャッチコピーを作るには、「商品を購入したい強い欲求」を知っておくことが必要
  • 強い欲求には「より快適にしたいという欲求」と「現状の悩みを解決したいという欲求」の2つがある。
  • 商品にあったキャッチコピーを選択することは、成約率の上昇につながる。