メインのサイトが一通りできたら、続いて外部対策を行うための別サイトを作っていきましょう。

ここでは、外部対策を行うための別のサイトのことを「サブサイト」と呼んでいます。

サブサイトを作る場合、非常に気を付けなければならないのが、メインサイトとある程度関連性のあるジャンルやテーマでサイトを作成するということです。

そのため、サブサイトを作成する際は、非常に準備が大切となります。

外部対策を行う手順

それでは実際に外部対策を行うための手順について紹介していきます。

もちろん、今回紹介している方法以外にも外部対策を行う方法はあると思いますので、あくまで一例としてお考え下さい。

外部対策を行う手順は大きくわけて6つの手順に分類されます。

  1. 事前準備
  2. サブサイトのテーマを決定
  3. サブサイトを作成
  4. 衛星サイト作り
  5. 被リンクの調整
  6. サブサイトの育成

1.事前準備

自分1人で外部対策を行う手順の第一歩は「事前準備」です。

「事前準備なんか最初からやっておけよ」と思われるかもしれませんが、サイトによってはそもそも外部対策を行う以前に内部対策を行わなければならない可能性もあります。

内部対策という土台がなければ外部対策は成り立ちませんので、必ず内部対策をしっかりと施したのちに、外部対策を始めるべきです。

2.サブサイトのテーマを決定

事前準備をした結果、外部対策を行える状態になったと判断できれば、実際にサブサイトを作成するために行動しましょう。

冒頭でもお話ししましたが、外部対策を行うために作成するサブサイトは、メインサイトとの「関連性」がとても大切です。

例をあげてみると?

「アフィリエイト」と「SEO対策」の場合、アフィリエイトではSEO対策は必ず必要な部分ではあるものの、SEO対策ではアフィリエイトは必ず書くべき内容ではありませんよね。

そのため、メインサイトではアフィリエイトをキーワードに、サブサイトではSEO対策をキーワードにすることができます。

もちろん、上記は一例ですのでその他にもたくさんあると思います。

例をあげてみると?

「アフィリエイト」と「美容」などもサブサイトのテーマとしてはよいのではないでしょうか。

そのため、「メインサイト」のジャンルに対して「サブサイト」のジャンルをどのようなテーマにするのかを決定する、「テーマを決定する」ことは自分1人で外部対策を行う中でももっとも重要な項目と言えます。

サブサイトを作成する場合、「テーマの決定」はもっとも時間をかけるべき項目ですので、じっくりあせらずに考えましょう。

2.サブサイトを作る

テーマが決まったら、実際にサイトを運営できるように記事を書いていきましょう。

サブサイトは基本的にWordPressを使用して作成していきます。

サブサイトは後述する衛星サイトとは違い、しっかりとした軸をもってサイトを作成するため、無料ブログよりもWordPressのほうが適しています。

サブサイトはメインサイトと同様に資産となるサイトに育てていく必要があります。

文章をコピーすることや300文字程度の低品質な記事を投稿などのGoogleから評価されないようなサイト運営は絶対にやめましょう。

「サブサイト」とは言いつつも、メインサイトと同じくらい大切なサイトですので、メインサイトと同じぐらいの気持ちでサブサイトは制作するとよいでしょう。

3.衛星サイトを作る

サブサイトが完成したら、サブサイトに対して被リンクを張るための衛星サイトを作成していきましょう。

この時、衛星サイトは基本的に無料ブログでサイトを作成していきます。

衛星サイトで作成する内容は、もちろんユーザーの役に立つもので作ることが前提となりますが、衛星サイトは被リンクの数を増やすという重要な役割が別であります。

コピーしたコンテンツを使用することはよくありませんが、メインサイトやサブサイトと比べて、重要度は低く、あまり時間も掛けてはいけません。

時間をかけていられないからと言ってコピーコンテンツを掲載した場合、リンク先のサブサイトの評価を落とす可能性もありますので、最低限のリライトは必要といえます。

衛星サイトをたくさん作ることで、サブサイトだけでなく、メインサイトにも被リンクを張ることができるようになります。

衛星サイトで目指すのは、上位に表示させることではなく、あくまでメインサイトやサブサイトのバックアップを行う程度で考えておくとよいでしょう。

4.被リンク数を調整する(ドメインを分散させる)

メインサイト、サブサイト、衛星サイトがある程度形になったら、サイトに向けてリンクを張っていきましょう。

衛星サイトは基本的に、メインサイトとサブサイトのどちらにもリンクを行います。

一般的に、1つのサイトが1サイトに対して出す被リンクと、1つのサイトが100のサイトに対して出す被リンクは同じ強さではなく、1サイトから1つのサイトへの被リンクが強くなります。

サブサイトはメインサイトに向けてのみリンクを行うことで、メインサイトは衛星サイト、サブサイトからリンクを集めることができますので、おのずとサイトのパワーが上がっていきます。

ただし、この時衛星サイトの質があまりよくない、と判断した場合は衛星サイトからメインのサイトに対して直接リンクを行わないようにしてください。

メインサイトとサブサイト、衛星サイトとサイトのネットワークができあがってくると、リンクの調整が必要となってきます。

5.サブサイトを育てる

サイトのネットワークが完成したら、さらに「サブサイト」を育てていきましょう。

なぜサブサイトを育てるのか、というと「強いサブサイトを持っていれば、新たにサイトを立ち上げた際にも上位表示に一役買ってくれる」ことは間違いありません。

そのため、サブサイトを育てることは新たにサイトを立ち上げたときにもすぐに上位に表示させやすくなりますので、メインサイトよりもサブサイトのほうが大切です。

まとめ

さらっと書いていますが、実際には2番から3番、3番から4番へと移行するのに、3か月から4か月程度かかるでしょう。

上記の外部対策の手順として書かれている一連の作業が終わるのは1年以上かかると思います。

しかし、ここまで大規模なサイトのネットワークを持っていれば、新たにサイトを立ち上げた際にも苦労することは少ないといえます。

時間がかかっても外部対策を行っていきましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 外部対策を行うにはメインサイト、サブサイト、衛星サイトの3つから作成する
  • サブサイトを作成する際にもっとも大切なことは「テーマの決定」