いくら良い記事を書いたとしても、ページの顔ともなるタイトルに魅力がなかった場合、検索結果に表示されてもクリックされることはありません。

そのため、多くの人からクリックされるような、魅力的なタイトルをつける必要があります。

この記事では、魅力的なタイトルをつけるためのコツについて解説しております。

タイトルのつけ方に関する基本的なことに関しましては、下記のリンクで解説しております。

そもそもタイトルってなんだ?というところから知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

titleタグはサイトの顔!しっかりと設定しよう

魅力的なタイトルってそもそも何?

「魅力的なタイトル」と一口にいっても、想像しにくくないですが?

魅力的なタイトルとは、簡単に言うと「思わずクリックしたくなるような」「続きを読みたくなっちゃうような」タイトル名です。

決して「セクシーな」とか「グラマラスな」や「イケメンが」といった容姿に関するものではありません。

ウカブウカブ

そりゃあ美人に教えてもらったほうが嬉しいけどね・・・。

テラステラス

私でも十分でしょ!

魅力的なタイトルをつける6つのコツ

ここからは、実際に魅力的なタイトルをつけるためのコツについて紹介していきます。

6つありますので、気に入ったものや自分にとって使いやすいものがあれば、積極的に使用していきましょう。

  • 具体的な数字を入れる
  • 括弧を使って強調する
  • 1人に呼びかける
  • 恐怖をあおる
  • 個人的な話を入れる
  • あえて反対のことを言ってみる

それでは一つひとつ細かく見ていきましょう。

具体的な数字を入れる

古典的な手法ですが、数字を入れることにより、タイトルを見たユーザーは数字で想像しやすくなります。

数字を使用することで「情報がしっかりと整理されている感じ」や「読み手に想像しやすくさせる」などの効果を持っていますので、効果的な方法といえるでしょう。

また、数字は日本語や英語に比べて視認性が高いといわれています。

数字は大きさや長さを人に想像させることができる力がありますので、数字で説明できる場合は積極的に使用しましょう。

括弧を使って強調する

括弧を使用することで、カッコ内の文章を強調することができます。

よく使用されるのは【まとめ】や【閲覧注意】などの墨付き括弧を使用するものから、『まるで富士山』のように2重鍵かっこを使用するものまで、使用方法は多岐にわたるといえるでしょう。

アオイノからの一言

私自身も非常に括弧は多用します。文章の途中で使用することで、ひときわ目立たせることが可能です。

1人に呼びかける

「皆さん」と呼びかけるより、「今パソコンの前でニヤニヤしながら記事を読んでいるあなた!」と呼びかけたほうが、ユーザーは振り向いてくれる確率が高いです。

もっと言うと、1人に絞って呼びかけることで、多くの方から共感を得られるのことのほうが多いようです。

ウカブウカブ

ニヤニヤしながら記事を読んでたらちょっと気持ち悪いよね

恐怖をあおる

恐怖は人間の心理の中でも、最も行動につながりやすい心理と言われております。

そのため、恐怖をあおることで、商品の購入などを促すことは非常に効果的な方法と言われております。

恐怖には人を洗脳するほどの力がありますので、むやみやたらに使用することや悪用してはいけません。

個人的な話を入れる

あなた自身が経験した話や、ほかの人の体験談は非常にリアリティもあるため、読まれやすい記事といえるでしょう。

個人的な話を記事にする場合は、タイトルに「私」「僕」「俺」「わし」「あっし」「あちき」「小生」「朕」といった自分を指すような表現を入れると、魅力的なタイトルになりますが「自分」は少しわかりにくいためNGです。

アオイノからの一言

ちなみに私が個人的な話をする場合は、この文章を囲っている特定のボックスを使用しています。

ウカブウカブ

「あちき」も「小生」も「朕」も伝わらないからNGでしょ・・・。

あえて反対のことを言ってみる

あえて反対のことを言うと、人間の脳はどうしても「なぜ?」と感じるために、答えを知りたい!と考えるようになるそうです。

反対のことを言うこと自体は非常に簡単なのですが、意外と文章をきれいにまとめることが難しかったりします。

特にこれまでの「常識」と言われていることを、覆すようなことをタイトルに書くことができれば、非常に魅力的なタイトルとなってくれるでしょう。

まとめ

検索結果にあなたのサイトが表示された場合に、ユーザーが思わずクリックしたくなるような魅力的なタイトルをつけることで、サイトへの集客ができるようになります。

いいコンテンツを提供することはもちろん必要ですが、タイトルにも気を配ることで、さらなる収益アップにもつなげることができるでしょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 魅力的なタイトルは「思わずクリックしたくなるようなタイトル」名をつけること
  • 6つのコツは、どれを使ってもユーザーの目を引くことができるので、タイトルに合わせて使用してみよう