「アンカーテキスト」と聞くと、よくわからないと思う方もいるかと思いますが、「アンカーテキスト」とはリンクするときに使われるテキスト部分となります。

yahoo!Japan

これがアンカーテキストと呼ばれるものです。

アンカーテキストは実はSEO対策にかかわる部分が多いですので、しっかりと学んでおきましょう。

アンカーテキストとSEO対策の関係とは

アンカーテキストとSEO対策の関係性に関しては、非常に有名な例がありますので、例を挙げながら解説していきます。

例をあげてみると?

まずはGoogleないし、yahoo!で「出口」という言葉を検索してみます。

 

「出口」という単語のを検索するとyahooやGoogleが上位に表示されています。

check!※Googleは現在「出口」と検索しても表示されなくなりました。

上記の例でなぜ「出口」と検索するとyahoo!が1番上に表示されるのか。

実は意外と答えは簡単です。

出会いを求める人が使用するような18歳以上の方を対象としたサイトを表示した際に表示される「あなたは18歳以上ですか?」という問いかけがありますよね。

こちらのページの「出口」として設定されているのがyahooでありGoogleです。

yahooやGoogleのようなポータルサイトは、18歳未満は使用できないサイトから「出口」や「出口はこちら」と書かれたアンカーテキストが作られているので、検索結果にも反映されている例です。

アンカーテキストとSEO対策の関係性がよくわかる例を挙げて解説してみました。

アンカーテキストの効果的なつけ方

リンク先のページとアンカーテキストは似たものにする

アンカーテキストの文章は、リンク先のページのタイトルや本文中の見出しと同じにしてもかまいません。

そのほかにもリンク先のページの内容に近い文章であれば、ペナルティを受ける心配はありません。

アンカーテキストには重要なキーワードを含める

先ほどの「出口」の例に挙げられるように、アンカーテキストにキーワードを含めることでSEO対策にかかわってきます。

アンカーテキストをつける際によくやりがちなことが「こちら」をアンカーテキストとすることです。

「こちら」だけではリンク先のサイトがどのようなページか判断することはできません。

アンカーテキストに「こちら」と表現することは、ユーザーの利便性を損なうだけではなくクローラーからの評価も悪い印象を与えてしまいます。

たとえ外部のサイトへとリンクを掲載している場合でも「リンク先がどのようなページなのか」を具体的に示すほうが、ユーザーに対して安心してクリックすることができますよね。

アンカーテキストに「こちら」という表現は控え、アンカーテキストとなるaタグ部分には重要なキーワードを含めるようにしましょう。

キーワードを含めすぎてはいけない

アンカーテキストがSEO対策に効果があるからと言って、アンカーテキストにキーワードを多用してはいけません。

これは見出しやタイトル、METAタグの使い方の際にも解説した内容と同じです。

キーワードを多用したアンカーテキストがページに存在していると、ペナルティを受けることもあるようです。

基本的にクローラーは文章の不自然さを非常に嫌うように設計されています。

キーワードのみを羅列したようなアンカーテキストは作成しないように注意してください。

外部サイトへリンクする際の注意

実は、自分のサイトから外部のサイトへとリンクする場合も注意する必要があります。

そもそも、自分のサイトから外部のサイトへと誘導することは、あなたのサイトがリンク先のサイトを推薦することと同じです。

アフィリエイトの記事を読んでいたのに、突然「あなたにおすすめの車はこちら!」という記事へのリンクが出てきたらびっくりしませんか?

そのため、Googleは関連性の低いサイトからのリンクの評価を下げることを明言しています。

自分のサイトよりも質の低いサイトや、自分のサイトとは明らかに関連性の低いサイトへとリンクを行う場合は「nofollow」タグを使用しましょう。

nofollowタグを使用することで、リンクの評価を無価値にすることができます。

あなたのサイトから自分のサイトよりも質の低いサイトや、自分のサイトとは明らかに関連性の低いサイトへとリンクした場合にも、影響なくサイトを紹介することができるようになります。

まとめ

このアンカーテキストも、画像と同様にSEO対策している方が少ない印象を受けます。

あなたのサイトでは、画像もアンカーテキストもしっかりとSEO対策を行うことで、ライバルサイトに着実に差をつけることができます。

一つひとつ行うことは非常に地味ですが、一度行ってしまえばあとは対策不要となりますので、必ずしっかりと設定するようにしてください。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • アンカーテキストはサイトの順位にかかわるSEO対策の一部を担っている
  • リンクはサイトのページとページをつなげる重要な役割を持っているので、できれば慎重に設定しよう