内部対策では、自分の持つサイトへのSEO対策のため、基本的に自分1人で行うことができる対策ばかりでした。

しかし、外部対策はどうしても自分のもつサイト以外からのSEO対策となるため、「外部対策は1人では行えない」というのが一般的な認識なのではないでしょうか。

今回はそもそも外部対策とはどのようなモノなのか、そして外部対策を1人で行うためにはどのようにすれば良いのかということについて紹介していきます。

外部対策とは

外部対策とは、一般的に自分のサイト以外のサイトからSEO対策を施してもらうSEO対策です。

内部対策が守りのSEO対策と呼ばれることに対して、外部対策は攻めのSEO対策ともいわれており、外部対策を積極的に行うことで、検索結果の順位も上位に表示されやすくなります。

内部対策と外部対策の関係性に関しましては、下記のリンクで解説しております。

内部対策と外部対策の関係性について

外部対策は自分のサイト以外のサイトからのSEO対策のため、基本的に自分1人でできることは限られます。

例をあげてみると?

ソーシャルブックマークに登録することや運営者の方に連絡をして相互にリンクするなどは立派な外部対策と言えるでしょう。

また、外部対策で外部リンクを集めることは、基本的には自分1人では行うことができないといわれておりますが、時間をかけることで1人でも外部リンクを集めて行うことはできます。

1人で外部対策を行う具体的な方法は、このページの後半で解説いたします。

外部対策ではどのようなことを行うのか

実際に外部対策ではどのようなことを行っていくのかについて解説していきます。

実は、外部対策で行うことはシンプルに1つしかありません。

それは、対象とするサイト以外の別のサイトからの「リンク」を集めることです。

この「対象とするサイト以外の別のサイトからのリンク」のことを「被リンク」と呼びます。

ここで注目してもらいたいのが、被リンクの所有者は問わないという点です。

下記では例を挙げてわかりやすく解説していきます。

例をあげてみると?

今回はサイトを2つ持っていると仮定し、外部対策を行いたいサイトを「Aサイト」としましょう。

今あなたはもう1つのサイトを持っていますのでこちらを「Bサイト」とします。

「Bサイト」から「Aサイト」に対してリンクを行った場合、被リンクとして認定されます。

上記の例でわかる通り、基本的にサイトの所有者は関係なく「サイトが別のサイトかどうか」が被リンクの判定基準となります。

このように外部対策というのは、外部のサイトから「被リンクをいただくこと」と言えるでしょう。

外部対策を行う時の注意

実は巷で見かけるSEO会社では、この「被リンク」を販売している会社もあるようです。

被リンクを購入することは、Googleが禁止していることの1つです。

被リンクを購入したことが見つかった場合、検索結果に表示されないなどのペナルティを受ける可能性がありますので控えておいたほうがよいでしょう。

ただし、現在は「自然な被リンク」を支援するサービスを提供するSEO会社もあるようです。

このようなサービスであれば、Googleからペナルティを受ける可能性が低いかもしれませんが、やはりグレーゾーンと言えるのではないでしょうか。

アオイノからの一言

私は外部リンクを購入するについては「反対」です。

もし短期間で成果を上げたいのであれば、リスティング広告などを利用しましょう。

評価される被リンクとは

ここでは被リンクが評価されるために必要なことについて紹介しています。

実は被リンクは大まかに分けて「質・時間・アンカーテキスト」の3つが非常に重要です。

なぜその3つが外部対策で重要なのか、その理由について解説していきます。

数と質から見る被リンクの評価

画像を作成する

まずは下図を見てください。

どちらのサイトが評価されていると思いますか?

答えはBです。

正解したあなた!

なぜだか答えられますか?

・。

・・。

・・・。

それでは解説していきます。答えられたあなたも答え合わせをしてみてください。

なぜBのサイトのほうが評価されているかと言いますと、Bのサイトは被リンクの数こそ3本ですが、その3つのサイトには多くの被リンクが張られています。一方でAのサイトには被リンクの数は6本と倍の数が張られていますが、一つ一つのサイトには被リンクが張られていません。

結果としてBのサイトのほうが強くなっていきます。

続いてもう一つ質問です。

どちらのサイトが評価されていると思いますか?

画像作成

答えはAです。

これはなぜかといいますと、一見するとBのサイトには多くのサイトからの被リンクを集めているように見えます。
しかし、この多くのサイトは中身のないサイトです。一方でAのサイトには被リンクは1つしか張られていませんが、とても中身の充実したサイトとなっています。

リンク張ってもらうサイトの質によってもサイトの評価は変わってまいりますので、しっかりと被リンクを把握する必要があります。

つづいて2つ目の要素の時間について解説していきます。

時間から見る被リンクの評価

外部対策における時間と聞くとどのようなものを想像するでしょうか。

被リンクはサイトが成長していくことに伴って被リンクの数が増えていかなければなりません。

例をあげてみると?

あなたのほかのサイトからリンクを張ったとして、毎日ひとつずつ増えていったとしたら、それは自然な被リンクと言えるでしょうか。

現状では、特にペナルティなどはありませんが、あまりに規則的に被リンクが増えていった場合は「自然ではない」と判断されてペナルティを受ける可能性もあります。

あくまでも被リンクは「自然に」増やすことを考えていきましょう。

アンカーテキスト

じつは、外部からアンカーテキストを書く場合、以下の4つのことについて気を付けて書かなければなりません。

この4つについて気を付けることで、外部対策の効果が格段に変わります。

  1. キーワードを含める
  2. 同義語・類語、または共起語などの関係性のある言葉を含める
  3. 書き方を変える
  4. 簡潔に書く

アンカーテキストを書く際に、よく「詳細はこちら」としていることが多いですよね?

アフィリエイトを行う場合で、商品やサービスを紹介するために商品やサービスを販売する企業のサイトに飛ばす分には、「こちら」と書いても問題ありません。

しかし、あなたの所有する別のサイトへと誘導する場合には、まったく意味のない外部対策といえますので、アンカーテキストを書く場合もしっかりとキーワードを絡めて書くようにしましょう。

1人で外部対策を行うために

1人で外部対策を行うためには、基本的にサイトを2つ以上所持する必要があります。

また、2つのサイトが全く別のジャンルのサイトだった場合、その被リンクは「不自然なサイトからの被リンク」としてペナルティを受けてしまう可能性もあるようです。

そのため、似たようなジャンルのサイトを所持することが望ましいといえるでしょう。

1人で外部対策を行うためのサイトを作成する手順に関しましては、下記のリンクで解説しております。

自分で外部対策を行う手順

まとめ

外部対策と聞くと、どうしても1人ではできないようなイメージを持ってしまいませんか?

アオイノからの一言

実際に私自身も外部対策をしっかりと勉強するまでは「1人ではできないもの」と認識しておりました。

外部対策の中には、自分でできる外部対策もありますので、まずは実践してみることが大切です。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 外部対策は攻めのSEO対策と呼ばれており、外部対策を行うことで検索上位に表示されやすくなる
  • 被リンクを評価する要素には「質・時間・アンカーテキスト」の3つが重要
  • 時間をかけることで、1人で外部対策を行うを行うことも可能