SEO対策とは-アイキャッチ画像|アフィリエイトの水先案内

サイトを運営していると必ず一度は聞いたことのある言葉「SEO」。

今回は「SEO対策」ではなく「SEO」のみに焦点を当てて解説をしていきたいと思います。

この記事で伝えたいこと
  • SEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字を取ったもの
  • 検索エンジンが謎に包まれていることや業界が閉鎖的など難しいと思われがち
  • SEOについてしっかりと知識をつけることが難しいと感じない第一歩

SEOに対するイメージは?

SEOと聞くと、以下のような印象がありませんか?

  • 難しそう・・・。
  • お金を払ってやるもの、と聞いたことがある・・・。
  • 個人でやるべきものではない。
  • 何それ?おいしいのっていう状態。

そうなんです。

上記でも挙げたようにサイトを運営している人たちにとって、SEOってとってもイメージが悪いんです。

ウカブウカブ

SEOって聞くとどうしても身構えるんだよね。

テラステラス

まずはSEOを理解するところから始めましょう。

SEOってそもそも何?何かの略語?

そもそもですが、SEOとはどのような意味なのでしょうか。

SEOとは「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)」の頭文字をとったもので、一般的には検索エンジン最適化と訳すことができます。

SEOを行うことによって、あなたのサイトがGoogleやYahoo!のような検索エンジンから検索された場合、上位に表示させることができます。

この「SEOを行うこと」を、一般的に「SEO対策」というわけです。

SEOは非常に奥が深く、検索エンジンを開発しているGoogleの一存で上位に表示されなくなることもありますので「難しい」というイメージを持っている方が多いです。

SEOの歴史について

歴史を感じる画像|アフィリエイトの水先案内

もう少しSEOについて深掘りしていきましょう。過去のSEOの歴史について知っておくことで、SEOに対する正しい知識を手に入れることが可能です。

SEOは難しくない、と感じられるようになるには「SEOについてよく知る」必要があります。

テラステラス

なぜSEO対策=難しいというイメージが付いたのかが分かるわ!

過去のSEO対策(ブラックハット全盛期)

昔はSEO対策と聞くと皆さんのイメージ通りのSEO対策が行われていました。

例をあげてみると?

例えば、よく耳にするところだと「外部リンクを集める」や「文字数がとにかく多いほうがよい」といったものではないでしょうか。

実はGoogleの理念は今も昔も変わっておりません。

それは「よいコンテンツをユーザー(私たち)に提供し続けること」です。

ただ、昔の検索エンジンはまだまだ現在のような完成されたシステムとは言い難かったために、多くの裏技が存在していただけ、というお話です。

そしてこのような裏技的なSEO対策の事を総称して「ブラックハットSEO」と呼びます。

そのブラックハットSEOの中でもっとも有名なのが「外部リンクを集める」という方法でした。

これはGoogleの検索エンジンが「多くのサイトからリンクを集めているページは、評価の高いページに違いない」という仮定の下に生み出されたプログラムで、当時はやっていたキーワードをとにかく盛り込む、というページに対抗するために生まれたものです。

現在でも「外部リンクを集める」ということは、SEO対策として非常に重要な役割を担っていることは事実です。

しかし、昔ほどの費用対効果はないと言っても過言ではないでしょう。

check!※費用対効果とは
かけた費用に対して、どのくらいの効果があるのかを意味する。コストパフォーマンスとも言う。

現在(2011年頃~)のSEO対策(ホワイトハットSEO)

現在は上記に挙げたようなブラックハットSEOは限りなく少なくなりつつあります。

というのも、技術の進歩によって新しいブラックハットSEOが生み出されたとしても、Googleはすぐに対処できるだけの技術を確立しつつあるからです。

そのためGoogleが本来目指している「ユーザー第一」が少しずつ現実のものになってきたといえるでしょう。

そのため、現在主流となりつつあるSEO対策が「ユーザーの役に立つコンテンツを提供する」コンテンツSEOになってきました。

よい記事を提供することができれば上位に表示させやすくなりますので、昔よりもシンプルになったといえるかもしれません。

ウカブウカブ

これがSEO対策がKing of Contentと呼ばれるようになった理由だね!

SEOが難しいと感じる4つの理由

4つの理由|アフィリエイトの水先案内

1.検索エンジンが謎に包まれている

まず1つ目は検索エンジン自体が謎に包まれており、不透明である、ということです。

SEOは検索エンジン最適化なので、当然検索エンジンに対してさまざまな施策を行います。

しかしながら、検索エンジンを開発しているGoogle社が「検索エンジンどのようにサイトを上位に表示させているのか」という仕組みを公表することはありません。

例をあげてみると?

万が一、誤って公表してしまった場合、全員が上位に表示させるための行動を行ってしまうため、ユーザーにとって役立つサイトも、ユーザーにとって全く存在する価値のない無意味なサイトも、検索された場合の上位に表示されてしまいます。

もしユーザーにとって無意味なサイトが検索結果の上位に表示された場合、実際に検索するユーザーは「なんだこれ?使えないな。」と感じるはずですよね?

検索エンジンにとって最も恐れるべきことは、ユーザーから利用されないことですので、検索エンジンが上位表示させる仕組みは謎に包む必要がある、ということです。

なぜ検索エンジンがユーザーから利用されないことを恐れているのかについては、こちらの記事で解説しております。

個人でSEO対策を行う人へ!検索エンジンについて理解しよう

そのため、検索エンジンという謎に包まれた相手に対して、正解かどうかもわからないまま対策を行うという点がSEOを難しくさせる1つ目の理由だと思います。

ウカブウカブ

これがSEOが難しいと感じる一つ目の理由だね。

2.検索エンジンが進化していく

Googleは、日々ユーザーに対してより良いものを提供するという目標を達成するために、検索エンジンを常に進化させております。

そのため、SEOは検索エンジンに対して行うものですので、SEOも検索エンジンに対して進化していかなければなりません。

この「SEOも進化していく」という点が、あなたが難しいと感じる点なのではないでしょうか。

ウカブウカブ

どれが正解なのかわからなくなるもんね。

しかし、この検索エンジンが進化していくということに対しては、1つの正解があります。

それは、常にユーザー第一のページを作る、ということです。

Googleは常に、ユーザーファーストを目指しております。

そのため、Googleの目標である「ユーザーファースト」を目標にサイトを作った場合、当然そのサイトはGoogleの目標と同じですので、Googleは気に入ってくれるはずです。

もちろん、時代とともに変化もしていきます。

例をあげてみると?

今はモバイルフレンドリー、つまりスマホ対応していないページはGoogleの評価はあまり高くないようですが、スマートフォンに代わるものが世の中に生み出されたときに、サイトも対応していかなければなりません。

時代に合ったユーザーに好まれるサイトを作ることが、SEOの正解なのです。

テラステラス

SEOはユーザーが使いやすいと感じてもらえるようにすれば正解です。

3.業界が閉鎖的

SEO対策をあなたに代わって行う会社があるというのはご存じでしょうか。

SEO対策を行う会社はあなたのサイトを検索結果の上位に表示させるために、サイトを1から設計する提案やサイトが上位に表示されるようにさまざまな対策を行います。

しかし、ここで考えてもらいたいのですが、あなたはSEO会社がどのような技術を利用して検索順位を上げようとしているか、考えたことはありますか。

「順位が上がれば何でもいいよ!」

といわれてしまったら身も蓋もないのですが、この「何をやったかわからないけど、順位を上げることができた」という部分が重要になります。

なぜ重要か、というとこの「何をやったかわからない不透明さ」があるからこそ、成り立っているビジネスと言えるからです。

もちろん、「こんなことを行います」とか「このような対策をします」としっかり説明してくれるSEO会社もあるでしょう。

しかし、SEOの事をよく知らない私たちにとっては、どれが正解なのかわかりません(実はHTMLが読めると多少は分かります)。

SEO対策は「何をやっているかわからない」ため、難しいというイメージが広がっていったのではないでしょうか。

テラステラス

そして金額も高いから、輪をかけて情報が漏れないわね・・・。

4.外部リンクを集める=SEO対策という認識の誤り

アオイノからの一言

「外部リンクを集める」って簡単に書いてあるのですが、実はめちゃめちゃ大変なことなんです。

SEOの歴史でもお話しした通り、昔はGoogleのシステムの隙をつくような方法でSEOを行うことができました。

その代表ともいわれているのが、外部リンクをたくさん集めることで、ページの価値が上昇して上位に表示させやすくなる、といったものです。

アオイノからの一言

実は私自身も、SEO対策をしっかりと勉強するまでは「SEO対策=外部リンクを集める」ことだと思っておりました。

しかしながら、Googleの検索エンジンは日々進化しています。

そのため、現在は外部リンクを集めるだけでは上位に表示させることは難しくなっております。

ウカブウカブ

外部リンクを集めるのって本当にたいへんなんだよね~

SEOは難しくないという認識を持つためには

SEOについてよく知ることに尽きるのではないでしょうか。

Googleはサイトを運営している人たち向けに、ガイドラインという形でどのようにしたら検索順位を上げることができるのか、ということを定期的に発表しております。

そして、過去に使われていたブラックハットSEOは本当のSEO対策ではない、ということをしっかり認知することがSEOが難しくないという認識の第一歩だと思います。

まとめ

SEOについて焦点をあてて解説してきました。

SEOを行うためには、まず「難しそう」という意識をなくすところから始める、といいと思います。

また、SEOはけっしてお金をかけないとできないものではなく、無料で、しかも1人でできることもたくさんあります。

そのことをしっかり頭に入れてSEO対策を行うようにするとよいでしょう。

でも、結局のところ「SEOは簡単です」と私がいかに簡単かを解説したところで、ピンと来ないのではないでしょうか。

下記のリンクでは、SEO対策が簡単に行える理由について解説しております。

SEO対策で順位を上げるために抑えるべき4つのポイントとは

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • SEOとは検索エンジン最適化のことで、検索されたときに上位に表示させやすくするための行動である。
  • SEO対策の現在は、過去に行われていたような検索エンジンの隙をつくような方法は存在しなくなりつつある。
  • SEOは無料で行うことができるので、決して難しいものではないという認識を持つことが大切