今回はSEO対策を行う上で絶対に知っておきたい「内部対策」と「外部対策」の関係性についてです。

実は内部対策をしっかりと行っていないサイトは、外部対策を行ってもあまり効果はありません。

今回は外部対策と内部対策の密な関係について、詳しく解説していきます。

内部対策とは?外部対策とは?

まずは内部対策と外部対策についてざっくりとですが解説しておきます。

内部対策とは

内部対策とはいわゆるページの内部にかかわるSEO対策を指しています。

例をあげてみると?

検索にひっかかりやすいキーワードを設定することやページ同士を結び付ける内部リンクを設定することなど

内部対策はほとんど自分1人でできるものばかりですので、今日から始めることができるSEO対策ばかりです。

内部対策に関しましては、下記のリンクで解説しております。

【初心者用】SEO対策で最重要な内部対策を行っていこう

続いて外部対策について解説していきます。

外部対策とは

外部対策とは、一般的には自分1人で行うことができないSEO対策です。

例をあげてみると?

別のサイトからあなたのサイトに対してリンクをもらった場合、外部対策と言えます。

時間をかけることで外部対策も1人で行うことができるのですが、外部対策は1人で行うものではないというのが一般的な認識ではないでしょうか。

外部対策に関しましては、下記のリンクで解説しております。

外部対策とは?評価の仕組みについても解説!

なぜ内部対策と外部対策に分かれているのか

なぜSEO対策は「内部対策」と「外部対策」に分かれているのでしょうか。

それは「検索エンジンの歴史」が解説してくれます。

検索エンジン黎明期

現在Googleから提供されている、ページの順位を決定するアルゴリズムは非常に優秀です。

しかし、古くは検索エンジンも優秀ではありませんでした。

もともと検索エンジンは「title」や「META keywords」、「h1」などをもとにページの順位をつけていたのですが、「META keywords」に大量にキーワードを書き込むことで、関係ないキーワードでもページの上位に表示させるスパムが横行しました。

現在では考えられませんが、まったく意味のないコンテンツでも上位に表示されることがあったようです。

この結果から現在、Googleでは「keywords」はアルゴリズム影響しないように改変されていますね。

ただし、当時はまだまだアルゴリズム自体に良質な内容がかかれているのかどうかを判断する能力がなかったため、外部からのリンクを集めているサイトは良いサイトに違いない、という判断から外部対策が生み出されました。

その結果が現在も続いており、SEO対策は内部対策と外部対策の2つに分かれています。

アオイノからの一言

つまり昔は内部対策だけでも十分に上位に表示させることができた時代と言えるでしょう。

外部対策全盛期

外部対策、つまりほかのサイトからの被リンクによってサイトが評価される時代になったため、外部対策の全盛期がやってきます。

多くのSEO会社から被リンクを販売する手法が横行したため、SEO対策と聞くと「外部対策」というイメージが定着しました。

怪しいサイトからのリンクでももらえれば検索順位が上がっていくため、「SEO対策=外部対策」というイメージをもっている人は今でも多いのではないでしょうか。

アルゴリズムの進化期(2011年~)

しかし、非常に強力だった外部対策に頼るSEO対策も、2011年を境にサイトの順位が上がりにくくなります。

その理由としては、「アルゴリズムの進化」にあります。

外部対策のみを行っているサイトがあったとしても、サイトに無意味な情報がかかれていた場合には、アルゴリズムが「このサイトは役に立たないサイト」として判断ができるようになりました。

結果として内部対策がしっかりとできているサイトでないと、外部対策が意味をなさなくなってしまうどころか、余計に順位を下げる結果となってしまいました。

このことから内部対策が「守りのSEO対策」、外部対策が「攻めのSEO対策」と呼ばれる理由です。

そのため、SEO対策を行う場合は「まずは内部対策から行いましょう」と言われるようになってきました。

しかし、まだまだGoogleの目指しているアルゴリズムは完成していませんので(というか永遠に完成しないものと思われますので)外部対策もまだまだ順位を上げるために一役買ってくれることは間違いないでしょう。

外部対策の今後

現在のアルゴリズムでは、Googleは外部対策が上位表示のために必要であると示唆しています。

しかしながら、いずれ人間のようにしっかりとサイト内に書かれている内容を読み取ることができるアルゴリズムへと進化していくでしょう。

そうなると外部対策は必要性が削減されますが、評価する要因としては残ると思います。

来たるアルゴリズムのアップデートに備え、自分で行うことができる外部対策を行うとよいでしょう。

まとめ

内部対策と外部対策の関係性について解説してきました。

歴史を紐解くことで「どうしてそうなったのか」ということが理解できますので、Googleの考え方に近づくことができます。

内部対策と外部対策は切っても切れない関係にありますので、どちらもしっかりと対策をしていきましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • 内部対策と外部対策は2つを組み合わせることで本来の力を発揮することができる
  • Googleはいずれ外部対策に頼らないアルゴリズムの開発を目指しているが、現在もまだまだ外部対策は有効な手段