Googleアドセンスは大きく稼げない。そう思っていませんか?

この記事では、アドセンスとアフィリエイトでどちらが大きく稼ぐことができるのかについて考えていきます。

アドセンスは大きく稼げないと思う理由

今、このページを読んでいるあなたも「アドセンスよりもアフィリエイトを行おう」と考えていませんか?

しかし、もしかしたら多くのサイトで語られている「アドセンスでは大きく稼げない」という言葉に踊らされているかもしれません。

まずは、なぜアドセンスでは大きく稼げないと考えられているのか、について考えていきましょう。

多大なアクセスが必要である

アドセンスで大きく稼ぐためには、多大なアクセスが必要である。

これは紛れもない事実です。

アドセンスのみで月30万円ちかく稼ごうと思った場合、クリックされた時の単価にもよりますが、100万PVほど必要です。

100万PVというのは、クリック単価30円で平均クリック率1%と仮定した場合です。(300,000÷30÷0.01)

アフィリエイトでは、訪問してくれた人がサイトを通じて商品を購入してくれれば報酬を得ることができます。

30万円かせぐためにここまでのアクセス数は必要ありません。

アクセスを集めるためには記事も必要

アフィリエイトでは、ある種その商品の紹介記事を書くだけで報酬が得られてしまうこともあります。

しかし、Googleアドセンスではサイトで商品の商品の紹介などは行いません。

そのため、人の役に立つような「集客できる記事」を書いていかなければなりません。

記事も集客のために役立つ記事を書く必要がありますので、難しいと感じる人は多いのではないでしょうか。

1回の報酬が低い

アフィリエイトでは、販売する商品の価格が上昇するにつれて報酬単価も上昇していきます。

1回購入されれば1万円の報酬を得られるような商品やサービスも存在します。

しかし、Googleアドセンスはクリック型の広告としては非常に高額な部類ですが、それでも1クリック当たり30円~50円が相場です。

1つの記事で完結できるアフィリエイトと、複数の記事を書かないと報酬が得られにくいアドセンスでは、どうしてもアドセンスのほうが敬遠されてしまうようです。

テラステラス

以上がアドセンスが大きく稼げないと思われている理由ね。

それでもGoogleアドセンスをおすすめする理由

Googleアドセンスがアフィリエイトよりも優れている点について考えていきましょう。

メンテナンス不要!

なんといってもGoogleアドセンスの魅力は、広告を張り替えるなどのメンテナンスが必要ない、という点にあります。

アフィリエイトでは、実際にサイトを運営してみるとよくわかりますが、販売する商品やサービスによってはアフィリエイト・プログラム自体が終了してしまうことが多々あります。

そのため、どうしてもサイトのリンク切れを起こさないように、定期的なメンテナンスは必要です。

しかし、Googleアドセンスでは一度広告を掲載してしまえば、あとはGoogleのプログラムがユーザーの好みに合わせて自動的に広告を変化してくれます。

メンテナンスという点では、アフィリエイトよりもGoogleアドセンスに軍配が上がるでしょう。

報酬単価は上がる(らしい)

これはあくまで私が実践した話ではありませんので、少々不確定な情報なのですが、アドセンスである程度の報酬を得ていると、Google側からクリック単価を上げてくれるような交渉がある模様です。

そもそもGoogleアドセンスにも、一般的なASPと同様に稼いでいる人には担当がつきます。

しかし、ASPと比べると、担当者がつくのは圧倒的に難しいといわれています。

それは、Googleアドセンスを使用しているのは、個人だけではなく企業もいるからです。

Googleアドセンスでも担当者がつくことによって、1クリック当たりの報酬アップにつながるようです。

まとめ

アドセンスは大きく稼ぐことができないのか、ということについて考えてみました。

アフィリエイトでも、アドセンスでも、やり方によっては十分大きく稼ぐことはできるといえるでしょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • Googleアドセンスで大きく稼ぐには、多大なアクセスが必要になるなど敬遠されやすい理由がある
  • サイトのメンテナンスが不要など、アフィリエイトよりも優れている点もある