Googleアドセンスでは、アドセンス広告を不適切なサイトに掲載している場合、アカウントを閉鎖するペナルティを設けています。

ペナルティには、「警告」から「一発アカウント閉鎖」まで4種類があり、それぞれどのような場合にペナルティを受けるのかをしっかりと把握しておく必要があります。

万が一アカウントが閉鎖されてしまうと、これまでに得た広告報酬は引き出すことができなくなってしまいます。

また、アカウントが閉鎖されてしまうと、基本的に2度とGoogleアドセンスを使用することはできません。

そのため、アカウントの閉鎖は最も避けるべきといえるでしょう。

ペナルティの種類

GoogleではGoogleアドセンスのポリシー違反者に対して、以下のようなペナルティを設けています。

1.警告

「警告」はGoogleアドセンスのペナルティの中でも最も軽い処分となります。

警告されたサイトは、基本的にGoogleから「改善の余地あり」と判断されているため、サイトを修正するチャンスが与えられています。

Googleから「警告」をされると、Googleアドセンスの管理画面内のポリシーセンターに、メッセージが表示されます。

実際に私もメッセージが届いたことがないので、実物を見たことはありませんが、サイト内のどのページが、どのような違反をしているのかが記載されているようです。

2.広告配信停止

広告配信停止は、警告の期限内にサイトが改善されなかった、とGoogleが判断した場合に行われます。

しかし、アカウント自体はまだ使用することができるため、警告を受けた内容について修正することができれば、広告の配信は再開されます。

重大なポリシー違反の場合、警告を通り越していきなり広告配信停止のペナルティを受けることもあります。

3.アカウント停止

アカウントが停止されると、広告が表示されなくなり、支払いもストップします。

しかし、アカウントは停止した状態ですので、サイトを改善し、停止期間が終了すれば、再び広告は配信されるようになります。

4.アカウント閉鎖

「アカウント閉鎖」はGoogleアドセンスのペナルティの中でも最も重い処分となります。

Googleから何度も警告を受け、改善の見込みがないと判断されてしまうと「アカウントが閉鎖」されます。

条件によっては、警告や配信停止、アカウント停止がなかったのにもかかわらず、一発でアカウントが閉鎖されてしますこともあります。

アカウント閉鎖になってしまうとどうなる?

知ることについて|アフィリエイトの水先案内

二度とアドセンスが利用できない

Googleアドセンスのアカウントが閉鎖されてしまった場合、閉鎖までに得た広告報酬は支払われず、お金はすべて広告主に返金されます。

そして、アカウントが閉鎖(無効化される)と、基本的に二度とGoogleアドセンスを利用することはできません。

アカウントの閉鎖に至るまでには、上記にも挙げたように猶予もあります。

Googleとしてもアカウント閉鎖をしてしまうと、広告の配信先を1つ失うことになりますので、本来であれば避けるべきことです。

しかし、当然ですがGoogleは私たち広告の配信者よりも、お金を支払う広告主の利権を守りたいと考えています。

Googleは収益のほとんどを広告に頼っていますので、広告を配信してくれる広告主がいなくなっては困ります。

アカウントを再度申請することはできるのか

メールアドレスや振込先、サイトの情報などをすべて変えたとしても、再度利用することが許可されるわけではありません。

ただし、もう一度Googleアドセンスを使用することができる可能性はあります。

ただし、いつ以前の閉鎖されたアカウントと紐づけられてもおかしくはありませんので、常に閉鎖されるリスクは伴うでしょう。

Googleは広告主の不利益を守るためにも、アカウント閉鎖のペナルティを行った人に対して厳しく対応しているといってもいいでしょう。

まとめ

Googleアドセンスのペナルティについて解説してきました。

Googleアドセンスのアカウントが閉鎖されてしまうと、私たちアフィリエイターにとっても強力な収益方法を1つなくしてしまいますので、避けておきたいことの1つです。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • ペナルティには4つの段階があり、アカウント閉鎖はもっとも重い処分
  • アカウントが閉鎖されてしまった場合、半永久的にGoogleアドセンスを使用することができなくなる