それでは、実際にGoogleアドセンスの審査に合格するまでにすべきことについて、順を追って解説していきます。

Googleアドセンスに合格するために行うことは7つの項目で構成され、一つひとつポイントをしっかり押さえていけば、必ず合格することができるでしょう。

Googleアドセンス合格までの道

Googleアドセンスに合格するために、まずは情報を集めることから始めていきましょう。

ただし、Googleアドセンスは2016年以前の審査基準と2016年以降の審査基準で大きく審査方法が異なっており、サイトやブログによってはいまだに古い情報を掲載しているサイトやブログもあります。

まずは、Googleアドセンスに合格を目指すにあたって、下記に古い情報をまとめてあります。

「0.今と昔で変わったもの」をご確認ください。

0.今と昔で変わったもの

Googleアドセンス自体は非常に古くからありますが、今と昔では審査の方法は時代の流れとともに変化してきています。

  • 無料ブログで審査しましょう
  • 1次審査が通過できたら、2次審査に臨みます
  • 適当な300~500文字の日記で申請しましょう
  • 1日10アクセス程度が必要です

これらの情報はすべて古い情報ですので、もしも上記の情報が掲載されているブログやサイトの情報を見つけたとしても、現在は合格できない方法ですので信用しないように注意してください。

無料ブログで審査できなくなった

その昔、Googleアドセンスは無料ブログでも審査に申請することができました。

今では考えられませんが、300~500文字程度の日記を5記事ほど作成して申請するだけで、十分審査に合格することもできたようです。

無料ブログで申請ができなくなってしまった理由に関しましては、下記のリンクで解説しております。

【Googleアドセンス】無料ブログでの申請はなぜできないのか

1次審査や2次審査がなくなった

Googleはある時期から審査に1次審査と2次審査を設けていました。

1次審査は通過しやすかったのですが、2次審査が非常に合格しにくかったため、1次審査は機械でサイトを判別し2次審査は人の目で確認している、と揶揄されていました。

しかし、現在では1次審査や2次審査はなく、1回の審査で合否がわかります。

今後はさらにアドセンスの審査が厳しくなっていくことも考えられるため、再び1次、2次というように審査が分かれる可能性もあるでしょう。

価値ある記事でないと合格できなくなった

Googleアドセンスの審査に合格するということは、Googleからあなたのサイトに対して広告が配信されることになります。

そのため、サイトに訪れてくれるユーザーが「このサイトは役に立つサイトだった」と感じてくれるようなサイトでないと、広告を配信する意味がありません。

価値のある記事にこそ、人は集まりますので、アドセンスの審査に申請するサイトは、客観的に見て有用なサイトである必要があります。

アクセス数が必要なくなった

Googleアドセンスの審査には、ある程度のアクセス数がないと合格しにくい、と言われていました。

しかし、これは私自身が行ったことですのでよくわかりますが、月間のサイトアクセス数が一桁でも、十分合格することは可能です。

アオイノからの一言

私がGoogleアドセンスの審査に合格したときのサイトへの1カ月の月間アクセス数は10もありませんでしたが、合格することができました。

そのため、現在の審査ではアクセス数は加味されていないと考えてよいでしょう。

スマートフォンユーザーの増加

昔と比べて、現在はインターネットを目にする機会が格段に増えました。

増えた理由は、スマートフォンが普及したためです。

そのため、サイトに掲載されている広告がクリックされる可能性は、昔と比べて高いといっても過言ではないでしょう。

ユーザーのデータも的確に

Googleは検索エンジンを利用しているユーザーのデータを分析し、もっともクリックしやすい広告をユーザーごとに表示しています。

年がたつにつれて、どんどんデータは正確になっていきますので、昔と比べても確実にクリックしそうな広告を表示させることができるでしょう。

1.情報を集める

古い情報をある程度把握できたら、本格的にアドセンスの審査に合格するための情報を集めることから始めていきましょう。

インターネットで情報を集めていく際に「本当にその情報が正しい情報」かどうかをしっかりと見極める必要があります。

アオイノからの一言

もちろん、当サイトでは常に最新の情報を提供しているつもりです。

ただもしかしたら時代遅れの情報を提供してしまうこともゼロではありません。

必ず提供されている情報が最新の情報で、かつ正しい情報なのかを見極める必要があるでしょう。

Googleアドセンスに関する情報が最新の情報かどうかについては「無料ブログで申請する」「1次審査や2次審査がある」という言葉がないサイトであれば、最新の情報を発信している可能性が高いです。

2.プログラムポリシーを熟読

ある程度最新の情報を集めたら、Googleアドセンスが提供しているプログラムポリシーを確認しましょう。

「プログラムポリシー」と聞くとなんか難しそうなイメージを持つかもしれませんが、わかりやすく言うと「利用規約」です。

普段利用規約を読まない方でも、Googleアドセンスのプログラムポリシーは必ずといっていいほど読むべき項目です。

必ず「プログラムポリシー」を一読してから、Googleアドセンスに申請しましょう。

プログラムポリシーでは、Googleアドセンスを掲載するにあたって、行ってはいけない禁止事項や広告の配置の方法、さらに次で解説する禁止コンテンツについて詳しく書かれています。

プログラムポリシーに関しましては、下記のリンクで詳しく解説しております。

【Googleアドセンス】プログラムポリシーを知っておこう

3.禁止コンテンツについて理解しておこう

Googleアドセンスを使用するにあたって、絶対に避けるべき禁止コンテンツについて理解しておく必要があります。

禁止コンテンツを発信するサイトにGoogleアドセンスを掲載したした場合、ペナルティが課されることがあり、最悪の場合一発でアカウント閉鎖になってしまう場合があります。

アカウント閉鎖になるとGoogleアドセンスが半永久的に使用できなくなってしまいますので、絶対に避けておきたいペナルティです。

禁止コンテンツに関しましては、下記のリンクで解説しております。

【Googleアドセンス】禁止コンテンツ一覧

4.審査が非承認になる理由を知る

実はGoogleアドセンスの審査に落ちてしまう理由は、ある程度パターン化されています。

よく言われているものだと「日記では合格できない」や「記事数が20以下だと合格できない」などです。

審査で不合格となりやすいサイトの傾向をしっかりと把握しておくことが、Googleアドセンスの審査に合格する第一歩ともいえるでしょう。

審査が非承認になりやすい理由を下記のリンクでまとめてあります。

【Googleアドセンス】サイトが承認されないよくある理由

5.審査に合格しやすいサイトを作成する

ここからは実際にGoogleアドセンスの審査に合格するために、サイトを作成していきます。

もちろん、自分が作成していきやすいサイトを作成してもいいのですが、Googleアドセンスの審査に一発で合格するために、Googleアドセンスに好まれるサイトを作成していくことをおすすめします。

もちろん、今現在、すでにサイトを作成されている方は、作成しているサイトをそのまま使用してもかまいません。

審査に合格しやすいサイトについては、下記のリンクにまとめておきました。

【Googleアドセンス】審査に合格しやすいサイトとは

6.実際に申請する

サイトが完成したら、いよいよGoogleアドセンスの審査に申請しましょう。

しっかりと審査に合格するために、努力をしてきたのですから、きっと合格することができます。

しかし、万が一ということもありますので、もしも合格できなかった場合の対処についても考えておいてください。

また、Googleアドセンスの審査は何回でも受けることができますが、回数を追うごとに合格することが難しくなるといわれています。

そのため、できれば「まず合格できるだろう」というレベルまでサイトを完成させたうえで、Googleアドセンスの審査に臨むとよいでしょう。

7.もしも不合格になってしまったら

Googleアドセンスの審査はどうしてもGoogleにゆだねられますので、不合格となってしまうことも少なくありません。

しかし、不合格になったからと言って下を向いている暇はありません。

Googleアドセンスの審査に合格できるよう、サイトを改善する必要があります。

Googleアドセンスの再審査を申請する場合は、再審査に臨む前に確認すべきことで解説しておりますので、下記のリンクをご覧ください。

【Googleアドセンス】再審査に臨む前に確認すること

まとめ

Googleアドセンスに申請するまでの手順について解説してきました。

さらっと書いてしまっていますが、実際には「審査に合格しやすいサイトを作成する」という点は非常に頭を悩ませる方が多いのではないでしょうか。

ただ、Googleアドセンスの審査もやはり、Googleの理念である「役に立つものをユーザーに提供する」ことを念頭に置いています。

その上で「広告主が不利益を被らない」サイトであることが認定されれば、審査に合格することはできるでしょう。

現在、どうしてもGoogleアドセンスの審査に合格できない方は、まずは本当にユーザーのために役立つサイトなのかどうかを見直すところから始めましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • Googleアドセンスの審査に合格するために、正しい情報を集めることから始めよう
  • 審査の基準は今後もっと厳しくなっていくことが予想される
  • プログラムポリシーや禁止コンテンツに抵触するサイトは絶対に合格できないので、しっかりとプログラムポリシーを確認しておこう
  • Googleアドセンスはたとえ審査に合格できなかったとしても、何度も挑戦できるので、果敢にチャレンジしよう