アドセンスの登録を行う場合は、無料ブログでサイトを作成して申請する。

これは数年前までの常識でした。

しかし、現在無料ブログでGoogleアドセンスを申請することはできません。

Googleアドセンスを申請する場合は、必ず独自ドメインを取得して申請する必要があります。

今回は、なぜGoogleアドセンスを申請するためには独自ドメインが必要ななのか、またなぜ独自ドメインを取得しなければならなくなったのか、について解説していきます。

アドセンスの審査は簡単だった!?

今からGoogleアドセンスを取得する人にとっては少々納得がいかない話かもしれませんが、2015年ぐらいまでは、アドセンスの審査は簡単に通ることで有名でした。

無料ブログを作成し、5記事程度の日記を書くだけでも、十分合格することができました。

私はアドセンスの審査に合格したのは、2018年の7月でしたので、現在の審査基準に則って取得しています。

独自ドメインを取得した後、サイトにある程度の記事を投稿したのち、無事通過することができました。

アドセンスの合格方法に関しましては、下記のリンクで解説しております。

【Googleアドセンス】審査に合格しやすいサイトとは

無料ブログで申請できなくなった理由とは

無料ブログでアドセンスが申請できなくなってしまった理由は、簡単に言うと「Googleのスパム対策」のために審査が厳しくなりました。

過去には無料ブログでもアドセンスのアカウントを申請することができたことは上記にも書いてありますが、無料ブログというサービスの特性上、無料ブログは「一人で複数のサイト」を運営することができます。

Googleアドセンスのアカウントは本来、1人1アカウントまでです。

しかし、無料ブログによって、1人で複数のアカウントを取得してアカウントが閉鎖されたら別のアカウントに乗り換える、といった事例が発生しました。

また、この「無料ブログで作成されたサイト」は非常に質も悪いため、広告主に対して不利益を与えるかもしれない、と考えたGoogleは事態を未然に防ぐべく独自ドメインでのみ申請できるように変更しました。

もともと、アメリカでは、サブドメインでの審査を不合格としていたので、日本もアメリカ基準になったといえるでしょう。

その結果、Googleは無料ブログのようなサブドメインで作成されるサイトからの申請を取りやめることで、低品質なサイトかどうかを見極める方法に切り替えた、というわけです。

サブドメインとは

サブドメインとは、ドメイン名の前に任意の名前を入れることで作成することができるドメインです。

例えば、当サイトはhttps://affiliate-pilotage.comですが、サブドメインのサイトを作成する場合ですと

https://(任意の名前).affiliate-pilotage.com

と設定することによってサブドメインを取得することができます。

無料ブログはこの方法によって、無限とも言っていいほどサイトを生み出しています。

1つの独自ドメインを取得していれば、サブドメインを作成することに制限はありませんので、WordPressを練習する場合などもサブドメインを取得して練習することも可能です。

無料ブログでGoogleアドセンスを掲載するために

しかしながら、少なからず無料ブログにGoogleアドセンスが掲載されたサイトを見かけたことはありませんか?

実をいうと、Googleアドセンスでは「1つのサイトでアカウントを取得すること」さえできれば、ほかのサイトでもアドセンスを使用することができます。

※追記
現在はほかのサイトで使用する際にも簡単な審査があります。具体的にどのようなサイトだと審査に落ちてしまうのか、についてはわかり次第情報を発信していきたいと思います。

まずは独自ドメインを取得してGoogleアドセンスの審査に合格するところから始めていきましょう。

まとめ

無料ブログでGoogleアドセンスが申請できない理由について紹介してきました。

これからアドセンスの審査に合格することを目指す人にとっては、昔と比べると大変になってしまいましたが、合格した後が本当のスタートといえます。

アドセンスの申請を行うためにも、まずは独自ドメインの取得から始めていきましょう。

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

  • Googleアドセンスに申請するためには、無料ブログでは申請することができない
  • Googleアドセンスの審査に申請する場合は、独自ドメイン取得してサイトを作成しよう